僕はここにいます

未来は「想像」するものではなく「創造」するもの

2017年03月

年度末

IMG_2965

月末、プレミアム・フライデー、出勤日。

今日は忙しかったです。論文、学会発表、標準化会議への参加・提出文書についての報告、年間契約している買い物の検収、実験道具の棚卸し・・・と、いくつもの作業が重なって、火の車。通常ならば、コツコツ入力処理しているので問題ないのですが、4ヶ月間の空白を埋めるのは大変です。結局、棚卸しは、持ち越すことになりました。

持ち越したと言えば、年末に外れた銀歯(その1)が外れました。正月明けに「応急処置ね!」とテキトーにくっつけ直されたので、近所の歯医者へ行くキッカケができて良かったと思っているのですが、歯が割れた結果として、銀歯が外れたらしく、乳歯が抜けるときのようにグラグラしています。

何はともあれ、平成28年度 が終わります。明日から 平成29年度です。


プチ退院

IMG_2973
揃えられるようになった (^_^)v

予定通り退院しました。医療費は、食事(6食)の自己負担額 2,160円だけでした。「包括診療費」とやらで、すでに支払済という扱いのようです。

3月1〜14日の入院で支払った医療費の中にあった「包括診療費」で、すでにいただいているので請求しませんよ!ということらしいです。

これについては、「もし、プチ入院していなかったら、包括診療と称してムダに支払っていたってことか!」と損するところだった と思うのか、「今回のプチ入院費を請求しないなんて、ありがたい制度だな〜」って得した と思うのか、両方の考え方があるかと思います。また、「3月、4月と、またいだらどうなるんだろうか?」とか思ったり、「果たして、元は取れたのだろうか?」って、まるで、食べ放題に行ったときのような考えも浮かびます。


それと、今月は、3月1〜14日、28〜30日と入院したわけですけど、僕は、後半(28〜30日)の入院について「プチ入院」と称して扱っていますが、包括診療の制度は、3月15〜27日、31日の退院について「プチ退院」という扱いなんですね。

なんだか、ちょっと面白い。

良くいわれる話ですけど、当初100%入っていた水が、20%だけになってしまったコップを見て、「すでに80%も飲んでしまった」と嘆くのか、「あと20%も残っているぞ」と考えるのかで、全然、見え方が違ってきます。

例えば、僕の腎臓は、残り22%で機能しています。これを「78%を失ってしまった」と嘆いて生きるのか、「22%も残っているぞ!」と考えて生きるのか。

MG患者も、日々、身体を動かせる量が決まっていると思うけど、「これしか動かせない」と嘆いて生きるのか、「まだこんなに動かせるぞ!」と有意義に使うか。


いつも書くけど、

健常者と呼ばれる人が、グータラ過ごす

のと、

難病患者と呼ばれる人が、精一杯過ごす 

のと、

本当の意味で「健康」なのはどっちなんだろう?・・・という問答。

ちょっと視線の位置を変えると、違った景色が見えてくるなーって思うのでした。



エンドキサン(3回目)

IMG_2971

エンドキサン(1,000 mg)の点滴投与。3回目(全6回の予定)

ルーチーンワークは大切にねっ!

ということで、朝5時過ぎに起床。体温、血圧、体重を測定して、売店(ローソン)のFree-WiFi でメールチェック、アプリのアップデートなど、2週間前と同じ行動。暖かくなりましたね。

体重は、昨日から今日にかけて、2 kg 減りました。理由は、
  1. 水分を摂らなかった(水分が抜けた)
  2. 食べなかった
  3. 塩分が少なかった(むくみ にくかった)
だと思いますが、なんだか病院にきたらオシッコの量が多いです。病院!入院!っていう暗示が効いているのかも知れません。

2週間前よりも、腎臓の調子が良いのかも〜

と意気揚々。いろんな意味で、よい傾向です。ポジティヴ思考。前向き。

点滴は 10:30〜15:30すぎまで5時間。ルービックキューブ(5x5x5)を回して気を紛らしていました。30年前、初めて入院した時と同じ姿。当時は 3x3x3 の普通のやつだったけど。変わらないね〜。

このブログ記事を書いている時点では、点滴を2リッターも入れたので、脚が パンパンだけど、これといった副作用の自覚症状はないので、明日、退院です。

退院と言えば、約5,000円と書かれた請求書(概算)が届きました。なんだか安い気がしますが、今月前半入院していたから、すでに高額医療費制度の適用対象(100分の1の請求額)になっているのかも知れません。次回(4月25日〜27日)も 5,000円ならいいけど、どうかな・・・。

【メモ1】
■ 労働基準監督署から入金がありました(10/26、初診で支払ってしまった分)。
■ 臨床個人調査票に添付すべき検査データ(腎生検の結果)について要確認。
■ カンジダ治療薬(ファンキゾン)は、
  院内では扱っていないため、処方してもらえないらしいので、
  2週間後の受診時に院外の薬局で処方してもらう予定。


【メモ2】
■ 年度末。提出すべき書類が溜まってしまいました。明日やる。


【次回以降のプチ入院に向けて申し送り事項】
■ 荷物は、国内出張のつもりで充分!
 ・本は1冊。遊び道具不用。PCがあればOK。 
 ・一方、サンダル、コップは忘れないこと。
 ・インスリンは薬のみ持参でOK(針や脱脂綿は不用)
■ 体重を増やさない・減らすこと!



プロフィール

ふじてぃ

環境電磁工学の研究をしています/重症筋無力症31年/紫斑病性腎炎10年/座右の銘は『人間、万事塞翁が馬』

http://www004.upp.so-net.ne.jp/katsumi/

月別アーカイブ
クリックしてね

1日1クリック!

にほんブログ村 FC2
人気ブログランキング
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近のコメント
  • ライブドアブログ