僕はここにいます

未来は「想像」するものではなく「創造」するもの

2019年08月

葉月

D83CC333-3D84-472B-ADA1-4D9EC678B2C1
69B12DD1-4425-497C-803E-CC621EB76751

もう8月が終わりますね。

体重が減らせずにもがいています。食べて・飲んで、動かないで居るのだから痩せるわけがないわけですが・・・。

ここのところ、土日も働くようになってきてしまったので、少しゆっくりしたいところ。今週末は、ハムフェアに行くつもりなので、少しだけリフレッシュできそうです。映画も観たいし、草むしりもしなければならないし。

来週は、スライドを作って発表練習。CISPR会議(今年は、上海で開催です。)向けの資料を作って提出。その他、上半期が終わるのでいろいろと、まとめなければなりません。


昨日、同僚に説明していて思い出せなかったこと。

 睦月・如月・弥生・卯月・皐月・水無月・
 文月・葉月・長月・神無月・霜月・師走


今月は、葉月だった・・・。


  




車いす vs 自動ドア

kurumaisu_slope

別の日の話です。
近所のコインランドリーの前を通りかかったら、入口で、車いすから落ちているオバサンが、ゴボウのように細い足で、ひざまづいてオタオタしているのを見かけました。ひょっとして、

車いすから落下して、戻れないでいるのかな?

と思って近寄ったら、自動ドアを開けたいんだと判明。

イラストのように、入口が、ちょっとだけスロープになっていて、例えば、勢いをつけて上ることも考えられるんだけど、その先が自動ドアで閉まっているので、それができず。

ひとまず、車いすから下りて、自動ドアを開け、身体をドアに挟んだ状態で車いすを引っ張り上げようとしていたようです。

何をなさりたいのか理解できたので、代わりに自動ドアを開けっぱなしの状態にしてあげて、落ち着いて車いすを、コインランドリーの室内に運び入れてもらいました。

今年は、天気がずっと悪くて・・・

と嘆いていらっしゃいました。そう、洗濯物を持って、仕方なく、コインランドリー(乾燥機が使いたいのでしょう)へやってきたものの、中に入れないという状態に陥っていたのでした。

コインランドリーの建物を作った人は、車いすや、乳母車、シルバーカートでも入りやすいよう段差を無くそうと思って、スロープをつけたのでしょうけど、その先が、自動扉(普通の扉を含む)では、車いすは、入っていけないのだなーと、気づかされた出来事でした。

そして、例によって、道路にひざまづくオバサンを無視して、自転車で通りすぎたお母さんと、不思議な顔して通り過ぎた子ども。コインランドリーの建物内にいた人たちに憤慨。

なんだか、さみしい 世の中になってしまったな・・・。


  



てんかん と 尊敬 と ・・・

2CD0BB29-C29E-4E7B-88F0-39E0AA5FEFDD

今日は、7月11日に通院したときの出来事。

病院での受診が終わって、処方箋を片手に、近くの薬局まで歩いているところ、歩道に仰向けになって寝転がっている人(あとで大人の女性と判る)と、ママチャリを停めている女性と遭遇しました。

遭遇して最初に想像したのは、デパートで寝転がって駄々をこねている子どもと、母親の姿でした。なので、「大丈夫ですかぁ〜?」と気楽に声を掛けたら、「大丈夫じゃないよ」と女性。寝転がっているのではなくて、倒れているのだと、頭の中を切り替え、よくよく眺めてみると、後頭部から出血。

とりあえず「助けなければ」という気持ちに切り替わったのですが、これはどうしたものか、病院まで運んだ方が早いか?なんて考えていると、「行かなくちゃ行けないんだよね〜」と言いながらも、携帯電話を取り出す女性。救急車を呼びました。

すぐ、そこに病院があるのに救急車を待つのって、すごく、もどかしいですね。

倒れていた人は、意識はしっかりしていて、「大丈夫、大丈夫」というのだけど、動かないで!と制止。話をすると、どうやら知的障害を持っているようで、たどたどしい会話。

話によれば、僕と同じように、診察後、薬局に薬をもらいに行こうとして歩いていたら、突然、気を失ったとのこと。てんかん発作のようでした。女性は、名前と住所を知るために障害者手帳を出させたり、御家族のもとへ電話したり。ママチャリの後ろを開けて、手袋を取り出して、預かったタオルを使って止血。

あ。看護師さんなんだなーと判って、少し安心。途中から、女性に代わって僕が止血。

その後、どれくらい経ったか、ようやく救急車が到着して、救急隊員が、僕からタオルを受け取って、後頭部からの出血が止まっているのを確認、ストレッチャーに乗せられてERへ運ばれて行きました。

看護師を仕事にしている人って、(もちろん、人によるんだろうけど)根っから看護師というか、倒れている人がいたら放っておけないという性格なんだろうな〜と、尊敬しました。

ちなみに、救急車で運ばれて行った人ですが、1ヶ月後に、受診した際、薬局へ行ったら椅子に座っていました。挨拶したけど、あなた誰?って顔をしていたので、きっと、憶えていないんだろうけど、ひとまず、元気そうで安心しました。

続きを読む


プロフィール

ふじてぃ

環境電磁工学の研究をしています/重症筋無力症31年/紫斑病性腎炎10年/座右の銘は『人間、万事塞翁が馬』

http://www004.upp.so-net.ne.jp/katsumi/

月別アーカイブ
クリックしてね

1日1クリック!

にほんブログ村 FC2
人気ブログランキング
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最近のコメント
  • ライブドアブログ