iso

今日は、JCSS(Japan Calibration Service System)の現地審査(1日目)でした。

ISO/IEC17025:試験及び校正を行う試験所の能力に関する一般要求事項

を満足していることが認められれば、計量法における「登録事業者」として、測定器の校正(測定器に表示される値のズレを評価すること)を行うことができます。日頃、きちんと準備していれば問題ないのですが、入院期間を挟んで手を付けていなかったので、何かと大変でした。

もっとも、うちは電波法に基づく較正が主対象なので、JCSS登録事業者としての活動は、必須ではないのですが、計量法における電波の強さと、電波法における電波の強さが違っていたら大変なことだし(The 二重行政!)、ちゃんと、ISOが要求する事項を満足しているよ!って、自分たちの技術力にハクを付ける、第三者に客観的に評価してもらうために、登録を続けています。始めた当初は、こんなことやって意味があるのか?くらいに思っていましたが、取得して10年以上経過したいま「効果があったな〜」と実感することが多いです。

ISOなんて・・・って、9001シリーズや14000シリーズで苦労している人は多いみたいですが、コツは、

ISOのために事業(作業)をするのではなくて、本来の自分たちが行うべき事業(作業)のためにISOを使うこと。

かな・・・なんて思っています。ISOに振り回されて、自分たちの首をしめてしまっては、本末転倒です。


さて、そんなわけで、
現地審査への対応(準備)も大変だったのですが、身体も大変で、結局、先週から、毎日、出勤しているし、血液検査で判っているように腎機能が低下しているので、むくみ がひどく。なのに、今日は、そこに追い打ちを掛けるように、お昼に、薬(利尿剤)を飲むのを忘れてしまっていました。

久しぶりに、ヒザから下が、パンパン。(>_<)

明日も現地審査(2日目)です。