6月20日の水曜日に、川崎にある東芝研究開発センターへ出かけてきました。玄関先に展示してあったのでパシャリ。

 大学に入学したとき・・・って入院したときですが、東芝のワープロ Rupo を買いました。入試が終わって入院して、夏休みに再入院するまで(いわゆる、一学期)の間に購入して、入院したときに病室への持ち込みを認めてもらいました(黙認してもらいました?)。いまどきのノートパソコンと違って、プリンタもくっついていたし、大きくて重たかったのですが、ほんと自由にやらせてもらっていました。
 入院中、目標は、「キーボードを見ないで打つ技術(タッチタイピング)を習得こと」だったのですが、練習本に書いてある問題だけ写経するかのように入力していて、なんとなくキーボードを見なくても打てるようになったあと、練習になったのは ひまつぶし です。これで、ほぼ「頭の中に浮かんだ言葉を、キーボードで打ち込んで画面に表示させる」という、作業を身につけることができました。

 あのとき、「これからの時代、キーボードを見ないで打つくらいのことはできなければ」と思っていたのですが、確かに、その予想は間違っていなかったと思うのですが、いまの学生たちは、キーボードなんて使わずに、スマホなので、キーボードは打てない(打てなくても良い)んだとか。驚きです。


 さて、長くなりましたが、金曜日は普通に出勤したのですが、朝、履くことができていたサンダルが夕方になって、履けない(足が入らない)という事態に見舞われました。むくみ です。水分を摂り過ぎたようで、排尿が追いつかず、足に溜まった模様。夜に、利尿剤を飲んで排出しました。

 だからというわけではないのですが、この土日もガン寝。病院に臨床調査個人票の追加文書を受取りに行ったけど、あとは、マッサージ&鍼、買い物の送迎をして、実家に帰って転がっていました。とくに今日は、入院しているとき以上に、ずーっと寝ころがっていて、何もしないで終わってしまいました。耐震対策とかしないといけなかったんだけど・・・。転倒防止の「突っ張り棒」って、なんかセンスないよね・・・。