my_number_card2

みなさん、「マイナンバーカード」は作ってありますか?

9月から、マイナポイントという ばらまき景気対策が実施されようとしています。いま、通常国会で予算審議中ですが、Webサイトまで作ってありますから、いまさら中止にはならないでしょう。

「マイナポイント」「マイナンバーカード」を作った人に、最大5,000円が支給される制度です。「支給」というと5,000円札がもらえるのかな?って感じですが、Suicaやnanacoへのチャージや、PayPayなどを使う際に利用できる電子マネーです。買い物の際に、「マイナンバーカード」を持ち歩く必要がありません。

この「マイナポイント」は、「マイナンバーカード」を持っている人だけに付与されます。

最大2万円までのチャージ額・利用額の25%が加算される制度です。したがって、20,000 × 0.25 = 5,000円が最大のチャージ額になります。4人暮らしの家庭なら、

「8万円をチャージした瞬間に10万円になる」

という夢のようなお話。7月スタートですから、例えば、東京五輪にあわえてテレビを買い換えようと思っている人は、すぐに使ってしまえばよいでしょう。1サイズ大きな画面が買えますよ(笑)

何度も書きますが、「マイナポイント」を受け取るには「マイナンバーカード」を持っている必要があります。

「マイナンバーカード」ができるまで、通常、申請してから1ヶ月程度かかったはずですが、「マイナポイント」制度が始まる頃には、申請が集中することが予想されますから、まだ作っていない人は、いまのうちに、作っておきましょう。

ひとまず、チャージしてしまえば、あとで自由に使えばよいですね。Suicaは最大2万円までしかチャージできないけど、2回に分けてチャージすればいいのかな(要調査)。nanacoや楽天Edyなら、5万円までだったはずですから、2万円チャージすれば、25000円がチャージされて完了ですね。

マイナンバーカードは、税務署に行かなくても確定申告ができる、市役所に行かなくてもコンビニで住民票を受け取れるくらいしか、いまのところメリットはありませんが、来年の3月からは「健康保険証の代わりになる」という話もありますね。

一方、個人情報を国に管理されるのはちょっと・・・と問題視している人もいらっしゃるかと思います。

その気持ちは理解しますが、それでも、僕が取得を進める理由は、
  • すでに、全国民に番号が振りあてられてしまっている。「私は、マイナンバーに反対する!」といって抵抗するより、5千円を受け取るのがよい(受け取らなかったからといって、マイナンバーが無くなるわけではない)。

  • マイナンバーは紙切れ(封筒に入れて)で持っているよりも、カードにした方が耐久性にすぐれている・無くしにくいと思います。有効期限10年ですけど。

  • 申請が面倒という方もいらっしゃいますが、以前、送られてきた用紙の表面に写真を撮って、電話番号を記入、裏面に署名・捺印して提出すればおしまいです(余計なチェックは入れない。入れるとマイナポイントがもらえない。)。スマホで顔写真を撮って申請しても可能。時給5千円のバイトをしたと思えば、どうでしょう。こんな簡単な書類づくりで5千円です。5千円を稼ぐって大変ですよね。

  • 一瞬で25%の利息が付くのと同じ。株やFXのような投資リスク無し。こんな預貯金、ありませんよ。

です。2万円もチャージできない!という人も、1,000円でもいいからチャージしましょう。→1,250円になります。

・・・
通常国会で審議されている「総務省の概算要求」は、こちらのサイトに出ています。こんな資料があるのを知らない人がほとんどだと思いますが、資料の10ページに、マイナポイントの予算として119.3億円が計上されています。何が言いたいかって、マイナポイントの原資は税金ですから、ちゃんと受け取りたいです。

令和2年度総務省所管予算概算要求の概要
・・・

ということで、このブログを読んでいる皆さんは、7月になってマスコミが騒ぎ出し・国民が騒ぎ出したときに、「マイナンバーカードを作っていない。作り方がわからない!!」「申請したのに3ヶ月待ちとかあり得ない!」「マイナポイントが終わっちゃうじゃん!」と、クレームして慌てなくて済むように(←相当数いると思う)、いまから作っておきましょう。申請は、市区町村の役場でも受付けています。

みんなで、今月中に申請しよう!

関連サイト
マイナポイント事業(総務省)
マイナンバー(総務省)