2007年06月12日

高知競馬応援イベント第1回実行委員会

b48e1350.JPG高知競馬を高知野菜で応援するための実行委員会が
追手筋の「蔵り」を会場に4000円出しで盛大に開かれた
発足の焼酎1升瓶キープの店よりだいぶ違う雰囲気の店だ
大酔いの頭に記録した会議メモは以下のとおり(責任はなし)
集合は当日10時
みんなそれぞれ野菜を持って入場
協賛レースの「入場無料・弁当付き・予想紙付き」の特典は高知競馬の応援という趣旨からすべてお断りし、入場料を払い、予想紙を買い、弁当も自腹で買う
協賛金カンパは事務局レベルでざっくりと集め、奉加帳などはまわさない
多分何とか寄付は集まるだろうという甘い予想のもと
不足したときは実行委員長と私が負担する

野菜の確保を出来るだけ数多く得るために事務局から各団体・個人の支援を要請する
ナスなどは前日地元で菜援隊を組織し出動させハウスに収穫に行く
安芸はナスと米ナスを分担
他の地域での菜援隊の発動等は実行委員それぞれに任せる(包装は原則バラでOK)
ただしこの時期は高知野菜の一番少ない時期なので確保は簡単ではない
量は競馬場従業員等数百名へのプレゼントを考えると膨大な量が必要
ニラは個包装でないと扱いにくいためJA部会の支援が必要か?
いずれにせよいろんな方法で当日朝競馬場に野菜を集める
野菜等を寄付してくれた人については、氏名等を競馬場内に掲示してお礼の気持ちを示す
メロンなどは寄付金の中から購入しないといけないのではないか

メインレースの第10レースには高知野菜11品目をすべてそろえて優勝騎手にプレゼントする
そのときカラーボールを騎手に投げてもらい、このボールを受け取った観客にも高知野菜をプレゼントする
出来ればこのとき高知の花で作った花束を騎手に投げてもらいたいが、花束を何とかできないか

当日の役割分担は馬券購入指南は西尾実行委員会長とし
彼の指導で儲けた人の負担で当日夜、花鶴で打ち上げをする
野菜配分は私とし、野菜が多く集まればフリーマーケットで販売し、売り上げは高知競馬に寄付する
ノボリ、パネル等の掲示を競馬場内にする
次回の打ち合わせは今週金曜日(場所未定)
以上まで来たところで大酔いで意識朦朧・・・

そのほか未決事項として
コマドリ姉妹(姉)がホルスタインの着ぐるみを着てパドックで競走馬と面会する
体重56kgのS野君が体重80kg超のK村君にまたがって場内で高知野菜をPR
H嬢が騎手デビュー・・・
ああ酔ってしまった!

画像は我が家のタチアオイ


katsuo531 at 22:39│Comments(0)TrackBack(0)農業の話題 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives