2018年02月19日

第7回 鶴巻寄席

昨日・18日(日)は新宿区立鶴巻図書館主催の鶴巻寄席。今回で7回目です。初めは図書館の隣にある鶴巻小学校でやってたけど、ここんところは早稲田弁天町交差点近くの榎町地域センターでやってます。

開演時間の2時になってもお客さんは半分ほど。出足が悪いなぁ。2時30分になって、ようやく開演。「お客さん、遅いよー」と言って、一席目の「桃太郎」を。
ところが、開演時間は2時30分だったんですね。ありゃー。
と言うわけで、二席目はお詫びから。すいませ〜〜〜〜〜ん。そして、「二番煎じ」を。ここんとこ、あちこちでこの噺をやってるんだけど、見れば客席の真ん中に1週間前に「としちゃん寄席」で私の「二番煎じ」を聞いたお客さんが!
またも、ありゃー。
次回からは、もう少し考えねば。

いっぱいのお客さんの中には、お子さんもちらりほらり・・。お子さんが来てくれるって、ほんと嬉しいなぁ。
  
Posted by katsura_sensho at 11:29Comments(0)

2018年02月17日

今川図書館で落語会

図書館で落語会は時々やらせてもらってます。で、今日行ったのは杉並区立今川図書館。初めて行く所です。杉並区では一番新しい図書館で、暮れに10周年を迎えたんだとか。今回は、その記念行事としての落語会です。
会場の多目的室は定員30名。キャンセル待ちも出たんだとか。

館内にあったポスターがこちら。いいでしょう?
今川寄席ポスター
図書館の2階はそっくり子供コーナー。充実してますねぇ。普段から子供の利用者は多いそうな。なので、客席にも子供さんが10人ばかり。ありがとう!
一席目は「桃太郎」を。二席目は「二番煎じ」で。
「二番煎じ」でも子供達はよく笑ってくれました。嬉しいねぇ。

今日、気になってたのは羽生さん。いえいえ。平昌の羽生選手ではなく、朝日杯で藤井聡太五段と対局した羽生善治さんですよ。
高座から聞いたら、お客さんが「聡太が勝ったよー」と。えーーーーっ!私はしばし声が出なかった。今日は、羽生さんが勝つだろうと思ってたんだけどなぁ。
いやぁ、藤井五段は強いっ!そして、今日から藤井六段だ。実力はすでにA級なんだろうね。
帰宅後にニュースを見たら、何と決勝も勝って優勝だとか。
藤井時代の始まりか?いや、すでにもう始まってるのかもね?

さーて、明日は鶴巻図書館の落語会だー。
  
Posted by katsura_sensho at 22:58Comments(0)

2018年02月13日

連休の落語会

世間では三連休。皆さん、何処かに旅行でも行って落語会には来ないんじゃないか?と思ってたけど、そうでもないんだなぁ。

11日(日)は、第67回としちゃん寄席。偶数月第2日曜日と決まっているので、連休だろうと何だろとやるんだね。で、心配したお客さんは・・。いやぁ、来ましたよ。いっぱい。
こんな感じです。
2018年2月としちゃん寄席

そして、昨日・12日(月)は、新宿歌舞伎町の樽一での「日本酒と落語の会」。今回で、7回目。これがまた大入りで。今までで一番の入りでした。70人超!
樽一客席奥の部屋は、いつもは私の控え室に使ってるんだけど、今回はここも客席に。
今回のお酒は、東京の「屋守(おくのかみ)」。
出たお酒がこちらです。
屋守5種うまかった〜。

樽一の料理も鯨の刺身から始まって、合鴨や塩竈おでん。うまかったなぁ。

演目は、どちらも「厩火事」と「二番煎じ」の二席でした。
  
Posted by katsura_sensho at 11:05Comments(0)

2018年01月28日

戸山から茅場町へ

戸山図書館の落語会と茅場町の「香味亭落語会」が、今年も同じ日になった。同じ日に重なったのは、きっと私のポカなんだろう。昨年はそうだったけど、今年は何だかよく分からない。でも、同じ日だ。
とっても大変。

と言うわけで、昨日・27日(土)の事を。
第9回戸山寄席。9回目かぁ。続いてるなぁ。午後2時開演。申込みは100人を超えたそうだ。有難いねぇ。
子供さんもちらほらと・・。これが嬉しいよ。
「ぜんざい公社」と「宿屋の富」を。
香味亭落語会があるから急いでいるのに、「ぜんざい公社」をたっぷりと40分。余計なまくらが・・。あー、時間がない。
「宿屋の富」が終わったところで、3時30分。ひゃっ!
急いで地下鉄に乗り込む。

香味亭に着いたのは、4時20分。開演は4時だって言うのに・・。お待たせしたお客様、すいません!
「六尺棒」と「抜け雀」を。
今回初めてご来場の一行が9名様。お蔭で、こちらも満席に。感謝感謝。
聞けば、この一行は東銀座の「鳥泉(とりせん)」なるお店の店長とお客さんとか。この店にも行かなきゃな。

戸山寄席も香味亭落語会も次回は来年1月。来年は別の日になるようにしますんで、どうぞ皆さんお出で下さい。
1日2軒四席は、疲れた〜。
  
Posted by katsura_sensho at 09:23Comments(0)

2018年01月25日

今年も初釜式へ

練馬区大泉にある妙福寺。ここの先代住職が高校の先輩ってご縁で、初釜式に呼ばれ昨日・24日(水)行ってきました。一昨年にも行ったんだけど、その時はお茶の後の食事で酒を飲み過ぎたので、今回は気を付けましたよ。
私はお茶の会ってのは、この初釜式2回だけなので、他のは知らない。もっと堅苦しいのかもしれないけど、ここは内々の気楽な会なので、お茶を点ててる時にも質問をしたり、足が痺れたら胡坐をかく人もいたり・・。前回は分からない事だらけで質問ばかりしてたらしい。先生から「今日は静かですね」と言われた。余程にうるさかったようだ。お恥ずかしい・・。

花びら餅でお濃い茶を。次にお薄。いくつかある茶碗の中から好きな物を選べると言うので、私は加藤唐九郎作の茶碗で。聞けば、ベンツ1台に相当する値段だとか。うひゃっ!何でだろうねぇ?やっぱり名前かねぇ?味に違いが出るのかどうか?ねぇ?

お茶が終われば、隣の部屋へ移って食事。ここの床の間に掛かっていたのが、この絵だ。
魚籃観音三幅対「魚籃観音三幅対」
下村観山作。
こりゃ三幅並ばないと意味がない。
右の犬の絵だけ飾ってもねぇ。
いくら戌年だからって・・ね。

聞けば、間もなくこの絵は東京国立博物館へ寄託するそうな。目の前でじっくりと見られるのは、今日で最後だよ、と言われたので、ならばとじっくりと見ましたよ。

観音様ねぇ。顔がちょっと怖い・・。

この絵の真っ正面で食事を食べた所為か、飲み過ぎる事もなく帰ってきました。
気楽なお茶席とは言いながらも、それなりに細かいもんだ。これで正式な席に行ったら、私なんてどうなるんだか?
  
Posted by katsura_sensho at 15:42Comments(0)

2018年01月23日

叔父貴雪の別れ

「雪の別れ」とくると「南部坂」なんだけど、今夜(22日)は練馬区谷原のお寺・敬覚寺。先日亡くなった古今亭志ん駒師匠のお通夜が、雪の中行われた。幸いと私が行った時は交通機関も順調だったけど、その後に来た人達は駅に入れない、電車が遅れた、バスが来ない等々、大変だったらしい。6時からの通夜も終わり、精進落としをしている時に着いた人も多数いた。
中には、ついに来られなかった人も。
だって、こんな雪だもんね。
志ん駒師匠雪のお通夜

読経の間は、叔父貴とのいろんな思い出が胸を行き交う。
栃木のゴルフ場でやった落語会に来て頂いた。
勿論、プレー付きで。
宇都宮でやった私の真打披露に来て頂き、口上を述べて頂いた。
神奈川のゴルフ場に連れてって頂いた。
中野駅前の変な店に連れてって頂いた。
他にもいろいろ・・。

歌の好きな志ん駒師匠は、よくカラオケで歌った。杉良太郎さんと交流があるので「すきま風」をよく歌ってたなぁ。そして、古今亭のテーマ曲「加賀の女」だ。

叔父貴の「加賀の女」、また聞きてぇ〜。
合掌
  
Posted by katsura_sensho at 00:03Comments(0)

2018年01月22日

演目違い

20日(土)は、落語協会2階で週末にやってる落語会「黒門亭」だった。高座に上がって驚いた。お客さんがいっぱい。何でー?後になって気がついた。私の前に出てたのが、菊之丞さんだった。若い女性に人気があるんだな。彼が出ると満席になるんだね。そうかぁ。彼のファンでいっぱいだったのかぁ。ん?待てよ。若い女性はそんなに居なかったような・・。うーむ。若くない女性にも人気なんだな。まっ、何でもいいや。お客さんがいっぱいなんだからね。有難い有難い。
私はトリの前。なので、軽く短く「六尺棒」を。

21日(日)は、市ヶ谷「えとわ〜る」での花岡るいさんとの二人会。彼女のシャンソンと私の落語と言う異種二人会。今回で7回目だ。
花岡さんの歌は、一部より二部の方が長いと言うので、私の落語は一部で長いのをやり二部で短いのを。と、言う事で一席目は「抜け雀」を演るつもりでいた。つもりでいたのに、高座に上がったら何を間違えたのか「二番煎じ」をやっちまった。やりながら「ん?今日はこの噺じゃないんじゃないか?これ、前にやってなかったかなぁ?」と不安になり、高座を下りて手帳を見たら「六尺棒」「抜け雀」とあるではないか!ひゃーっ!
二席目に上がった時に「前にやってましたか?」と聞いたら、「やったー」との事。とほほ・・。どうもすいません。
帰宅後に調べたら、去年の1月にやってました。2年続けて同じ噺を・・。嗚呼〜。

この二人会は、夏にもやります。その時こそ「抜け雀」をや・・るかどうかは分かりませんが、よろしかったらお出で下さいね。
夏だから「二番煎じ」はやりません!・・たぶん。ははっ。
  
Posted by katsura_sensho at 14:09Comments(0)

2018年01月19日

叔父貴が死んだ

古今亭志ん駒師匠が亡くなった。志ん生の最後の弟子で、兄弟子の弟子からすると叔父にあたる。なので、自称「古今亭の叔父貴」。我々も「叔父貴、叔父貴」と呼んでいた。
「おじき〜」「何、こじきだー?」
このやり取りも何十回やったか・・。

噺もいくつか教わった。「弥次郎」「お血脈」「お化け長屋」「鰻の幇間」。ありがとうございます。
陽気な芸風だったなぁ。

ここしばらくは、仕事を休んでた。こんな日が来るのは分かってたけど、やっぱり寂しい・・。
合掌
  
Posted by katsura_sensho at 08:40Comments(0)

2018年01月16日

人生歌あり笑いあり

今度の日曜日・21日は、シャンソンの花岡るいさんとの二人会です。新春と夏の年に2回の開催で、今回が7回目。うーん。こんなに続くとは・・。
ご都合がついたら、是非ともお出かけを。

で、今回のチラシには14年前の独演会の写真や7年前に出た映画「落語物語」の写真が!
我ながら、驚きました。

歌あり笑いありチラシ  
Posted by katsura_sensho at 19:48Comments(0)

2018年01月15日

新宿「ほんのり」さんで落語会

新宿3丁目、ビックロの裏の通りにある「手づくり酒房・ほんのり」。料理のうまい店ですよ。この店で年に2回の落語会をやって頂いてますが、昨日・14日(日)はその6回目がありました。

真冬の噺をしようと思ったら、昨日はポカポカ陽気のお出かけ日和。って事で「抜け雀」に変更。この噺が長いので、一席目は「長短」で。
今月は「抜け雀」をあちこちでやろうかと思ってます。何処かで聞いて下さいな。

終演後は打ち上げ。先ず出てきた白菜のサラダ。うまかったなぁ。コロッケ。大きくてびっくり!料理がうまいので、酒も進みました。
お客さんも楽しい方ばかり。これでまた酒が進む。それなのに、飲み過ぎにはならなかったのは、自分でも偉かったなぁ。って、褒めるところはこのくらいしかないってのがいかんね。ははっ。
  
Posted by katsura_sensho at 09:35Comments(0)