2018年10月19日

21日(日)は藤野で落語会

明後日の日曜日・21日は、芸術の街と言われる相模原市の藤野で落語会があります。

1月にやったり、8月にやったり。それが9月になり10月になり・・。何だかんだで、11回目。
名前も「ひづれ寄席」「ふじの寄席」から、今回は、「清風舎落語会」になった。
清風舎とは、主催者の副島泰嗣さんが奥さんの微美子さんとやってる白磁のギャラリーの名前。

必ずやりますよー。
どんな契約上の違反があってもやります。
9000人呼ぶと言ってたお客さんが、例え7000人しか来なくてもやりますよ。700人でも70人でも・・。7人しか来なくたって、やっちゃうぞー。
どうぞ皆さんお出で下さい。
打上げも楽しいですよ。
第11回清風舎落語会
  
Posted by katsura_sensho at 09:42Comments(0)

2018年10月18日

新幹線でビールを

17日(水)は、ナイスハート・ふれあいのスポーツ広場新潟大会。と、言うわけで16日(火)に、新幹線で新潟へ。
その車内で見た光景。因みに、15時16分発の電車です。
新幹線新潟へロング缶ビールのロング缶を2本。
つまみはスナック菓子で。
ロング缶2本て事は、1L⁈
ちらりと見える服装から女性のようだけど、飲むんだなぁ。
東京・新潟間、1時間48分。
着くまでに、すっかり飲んじゃった。

私はと言うと、栗饅頭に車内販売のコーヒーで。ははっ。
  
Posted by katsura_sensho at 18:15Comments(0)

2018年10月16日

お持ち帰りですかー?

店で食べるのと、持って帰って家で食べるのとじゃあ値段が違う。
そんな馬鹿な。
入るのは、同じ胃袋なのに。
面倒な軽減税率はよした方がいいと思うなぁ。

レジ袋有料化。賛成。
ホテルの歯ブラシ・かみそりも有料化すればいいと思う。
毎日何本の歯ブラシがごみになっているのか?
家で使ってる歯ブラシを持って、今日は新潟へ。
  
Posted by katsura_sensho at 13:32Comments(0)

2018年10月11日

オリオン座の季節到来

昨日・10日(水)はゴルフで早起き。
4時半に起きた。
早起きは三文の得。
南の空には、オリオン座が見えた。
頭上には、双子座。
オリオン座、大好きです。
春まで毎晩見るよ。
  
Posted by katsura_sensho at 08:45Comments(0)

2018年10月08日

諏訪五蔵で飲む

昨日・7日(日)、上諏訪街道呑みあるきなる催しに、高校の先輩・T中さんに誘われて行ってきた。同じく先輩のY縣さんも一緒で。
上諏訪駅足湯上諏訪駅であずさを降りると、ホームには足湯。先ずは、温泉気分を・・なんて事はしない。
早く飲みたいからね。ははっ。
で、駅前の蕎麦屋で軽く食べて、いざ甲州街道へ。
ここには、500mの間に酒蔵が5軒もあるんだね。

先ずは、チケットをグラス・リストバンド(これが参加証だね)・コイン15枚に交換。
先ずは「麗人」へ。と言うのも、ここの先代社長がT中さんの大学の同級生だってんで。蔵の前はこのにぎわい。コインを出してお酒を入れて貰う。約45佞世修Δ福4杯で1合ね。
通常コイン1枚。大吟醸だとコイン2枚。1枚が100円相当なので、安いよねぇ。
諏訪五蔵「麗人」諏訪五蔵「麗人」売り場各蔵とも5〜7種類のお酒が出てるから迷うんだよねぇ。

次は、「本金」。そして、その向かいの「横笛」へ。
諏訪五蔵「本金」諏訪五蔵「横笛」 (2)「本金」には燗酒もあって、良かったなぁ。

次は、一番奥の「真澄」へ。ここは少しだけ離れてるんだな。途中には、食べ物を売ってる一角があった。ん?鹿肉?いいねぇ。後で寄ろうって事にして、「真澄」へ。
諏訪五蔵「真澄で顔出し穴」諏訪五蔵「真澄」の三人今回の三人。
顔出し穴に顔を入れて、こんな馬鹿な事も。まっ、ご愛嬌で。
三蔵回って、ちと酔ってたかも?
いや、絶対に酔ってる。でなきゃあ、こんな事をするわけがない。

「真澄」には、焼き鳥屋も出ててちょいと食べ、五蔵目の「舞姫」へ向かう。
因みに、リストバンドってこれ。グラスを出すと、これが見えるって事だね。
諏訪五蔵・リストバンド諏訪五蔵「慣れてる人」慣れてる人は、こんなのを作って首から下げてる。
この人は、若い女性だったけど、赤い容器には暖かい大根の煮物が入ってて、一つ頂きました。ご馳走様〜。
そうそう。さっきの鹿肉。帰りに寄ったら、もう売り切れてた。残念っ!
諏訪五蔵「舞姫」これで五蔵目。「舞姫」
隣で飲んでたお兄ちゃんは大阪から来たとの事。遠くからのお客さんも結構いるんだろうね。
まっ、こっちも東京からだけどね。

楽しいお酒でありました。また来年も来たいね。
  
Posted by katsura_sensho at 11:22Comments(0)

2018年10月02日

五泊六日岩手旅・その3

9月24日(月)。釜石市を出た私と同行のH山さんは、大槌町へ向かう。城山公園に上がって、町の様子を見る。以前に見た時に比べると、復興は進んだように見える。見えるんだけど、実態はよく分からない。
大槌市「希望の灯り」城山公園から見えた災害庁舎は、どうなるのかなぁ?
これは、城山公園にあった「希望の灯り」。
阪神の震災後、2000年1月17日に灯された。その火を持ってきたんだそうな。
大槌町「希望の灯り」説明

「希望の灯り」は他の所にもあるんだね。
各地の「希望の灯り」

これを見て、希望が湧くといいんだけどな。

この後、ショッピングセンター「マスト」内で昼飯を食べて、落語会の会場へ。
落語会の後は、いつもの宿「三陸花ホテルはまぎく」での泊まり。温泉に浸かって、地酒を飲んで、旅の疲れを取った。

翌朝は、北上駅まで車で行って、新幹線で東京へ。
6日間の旅。たまにこのくらい東京を離れるのもいいね。
  
Posted by katsura_sensho at 10:54Comments(0)

2018年09月30日

五泊六日岩手旅・その2

23日(日)に鬼の館を見学した後は、同行のH山さんの運転する車で釜石へ。泊りは初めての宝来館
かつて鵜住居駅があった辺りは津波に流されて何もない所になってしまった。そこに建てられたプレハブの「ラグビーカフェ」にお邪魔したのは、2014年9月21日(日)。そこで出会った廣田さんが今は宝来館に居るってんで、去年お茶を飲みに寄って今年は泊まる事になったってわけ。

釜石「宝来館」エレベーターマット2019ラグビーワールドカップまでちょうど後1年。
と言うわけで、釜石はラグビー一色・・でもないかな?でも、宝来館はラグビー一色。
エレベータのマットもこの通り。
盛り上げたいよね。


2階にある樽型の露天風呂がいい。海がよく見える。つまり、海からもこっちがよく見える。いや、湯船の横に立てば、海まで行かなくても海岸からでも見えるぞ。ははっ。

釜石宝来館女将の語り翌朝、岩崎昭子女将の語りを聞いた。映像を交えながら約1時間。
迫る津波から逃げる人を映した映像などね。
鵜住居にあった小学校と中学校の児童・生徒は全員助かって「釜石の奇跡」と言われたけど、そのすぐ近くでは多くの犠牲者の出た建物がある。「釜石の悲劇」と言われた。奇跡と悲劇がこんなに近いなんて・・。これには、聴衆一同声が出ない。と言うわけで、今は「釜石の奇跡」とは言わずに「釜石の出来事」と言うんだそうな。
女将さんの話を聞きにまた宝来館に泊まりたいな。

宝来館を出て大槌町へ向かう途中で、釜石鵜住居復興スタジアムを見学。ここは、鵜住居小学校と中学校があった場所。小中学校と幼稚園が並んで高台に建ってた。
釜石鵜住居復興スタジアム釜石鵜住居の幼・小・中

釜石・鵜住居駅今は工事中の鵜住居駅。
JR山田線から三陸鉄道になって、来年3月23日には開通するそうな。
つまりは東京からも電車で行かれるってわけだ。
  
Posted by katsura_sensho at 09:33Comments(0)

2018年09月29日

五泊六日岩手旅・その1

お彼岸に北上市の慶昌寺で落語を演るってんで、その前に地元の小学校で。お寺の後は大槌町で。三カ所でやった落語についてはもう書いたので、その他の事を。

泊まりがみんな違う。
9月20日(木) 北上市入り
北上駅前の「珍竹林」で打ち合わせをして、駅前の北上シティホテルへ。ここは特に何もない。
21日(金) 北上市立いわさき小学校での一席
その後は、地元の「瀬美温泉」へ。気持ちいい〜。3つの風呂があるんだけど、勿論みんな入ったよ。階段を55段上がったところにある露天風呂は特にいいね。
22日(土) 慶昌寺・彼岸法要復興支援落語会
落語の後は、「水上温泉・東館」。ここは、7月に来た時にはいつも朝湯に入りに行くんだけど、泊りは初めて。この気持ちのいいお湯に何度も入れるのは嬉しい。
23日(日) 何もない
東館を出た後は前から行きたかった北上市立鬼の館へ。
鬼の館北上市をはじめ岩手県各地には「鬼剣舞(おにけんばい)」と言う郷土芸能があって、それでこんな施設を建てたんだろうね。
全国各地の仏像や祭に出てくる鬼の写真や復元した物を展示してある。日本中に鬼はいっぱい居るんだなぁ。

怖い鬼やかわいい鬼。人を助けてくれる鬼。鬼もいろいろ。
常設の他に企画展も。今は錦絵に出てくる鬼。大江山の酒呑童子なんかね。
おばあちゃんが語る4つ民話も聞ける。生でなく録音ね。スピーカーから流れてくる声に耳を傾けたんだけど・・。うーむ、言葉が難しい。2つは分かったけど、2つは分からなかった。ははっ。
分かったうちの1つは「桃の子太郎」って話。つまり「桃太郎」ね。あちこちに同じ話があるんだね。
「鬼の館」はお薦めです。岩手に行ったら、是非どうぞ。

鬼の館の前では、鬼剣舞を披露してくれるってんだけど、30分近く待つってんでお寺にお礼の挨拶へ。その後は、その日の宿釜石市の宝来館へ向かった。
釜石市・大槌町の事はまた次回に。
  
Posted by katsura_sensho at 08:45Comments(0)

2018年09月25日

今年も大槌町で落語

毎年、秋のお彼岸には北上市に呼んで頂くので、それならばってんでちょいと足を伸ばして大槌町でも落語をやらしてもらってる。
と言うわけで、今年も24日(月)に落語会を開催。今までは、小鎚仮設住宅団地の中にある集会所だったので、そのつもりで来たんだけど、当日になって聞いたら会場が変更になってた。私のHPを見て小鎚仮設団地に行った人がいたらすいません。(今のところ苦情はないけど・・)

今年の会場はこちら。臼沢寺野ふれあい集会所。
大槌町落語会会場大槌町落語会会場内
なかなか立派な施設だった。お客さんは20名ほど。
ただ、落語会の趣旨は被災して仮設住宅に住んでる方々に少しでも笑いを、って事だったので、来年は会場を変更しようか?と言う話も。
勿論、この臼沢や寺野の地区の方々も被災者である事に変わりはないんだけどね。

来年は、どうなるのかなぁ?
  
Posted by katsura_sensho at 06:42Comments(0)

2018年09月24日

お彼岸には落語を

秋のお彼岸には、毎年呼んで頂いている岩手県北上市煤孫の慶昌寺で、今年も落語をやりました。
いつもはお彼岸の中日なんだけど、今年は1日早く22日(土)に。
今年の演目は「王子の狐」「崇徳院」を。

多くの善男善女に集まって頂きました。農家はちょうど稲刈りの時期。お忙しいだろうにありがとうございます。
何たって田んぼは黄金色で稲刈りを待つばかり。
写真は、慶昌寺の前の田んぼです。

北上の田んぼ  
Posted by katsura_sensho at 07:06Comments(0)