2018年07月08日

第6回 ハイビスカス落語会

ハイビスカス落語会ポスター昨日・7日は、王子の沖縄料理屋でやる「ハイビスカス落語会」。
昨年の1月にやった後に、店が移転したので1年半振りですね。今度の店は、王子駅から歩くと25分ほど。
遠かった〜。
店に着いた時には、体力を使い切ったって感じ。次に来る時には、タクシーだな。
以前に比べたら、グッと小さくなった店内にもきれいに椅子が並べられ、立派な落語会の会場になってましたね。

世話役のS名波さん、ありがとうございます。

昨日の一席目は、池袋でもやった「持参金」。
うーん。今一うけない。
二席目は「鰻屋」。もうすぐ土用の丑の日って事で。
これはまずまず。

終演後は、お客さんも交えて泡盛と沖縄料理で打上げ。うまかった〜。
次に、毎回この落語会に来てくれる小料理屋「小町や」さんへ。
と、ここで飲んでたら女将の携帯に緊急地震速報。ほどなく、揺れた。結構揺れたねぇ。
ただ、緊急地震速報が鳴ったのは女将の携帯だけで、私や他のお客さん計6名の携帯は何も知らせず。これって何だろう?

西日本じゃ大雨。地球が変になってるのかなぁ?
  
Posted by katsura_sensho at 12:35Comments(0)

2018年07月02日

健康診断で驚きの数字

今朝、近所の内科医院で健康診断を受けた。
血をとって、尿をとって、心電図をとって、胸のレントゲンをとって・・。
まぁ、いろいろとね。
で、驚きの数字を言われた。

「お前は酒飲みだから、γ-GTPだろう」
「そんなんじゃない。そんなんじゃない」
「お前の師匠、文生さんは痛風だから尿酸値か?」
「そんなんじゃない。そんなんじゃない」
「じゃあ、血糖値かい?」
「そんなんじゃない。そんなんじゃない。あそこです、あそこです」
「あそこは、今、お前が乗ってた身長計じゃないか」
「はい。身長がまた低くなったんです」

と、「寝床」風に言えば、こんな感じですかね。
毎年計る度に背が縮みます。とほほ・・。

さて、2週間後には、いろんな数字が出てきます。今年のクレアチニンはどうかな?
  
Posted by katsura_sensho at 14:01Comments(0)

2018年06月30日

韓国の音楽劇「赤露」を観る

27日(水)は四谷へ。韓国文化院でこのお芝居を観た。
「赤露」パンフ舞台は、1941年のソウル。
2人が持っているのは、竹で出来た横笛「テグム」。
2人はその名手、パク・チョンキとキム・ケソン。
実在した演奏家です。
この2人を虜にしながら十数年前に突如姿を消した妓生・サヌル。
そのサヌルが突然2人の前に現れ、3人で飲んで歌って踊って・・。と言うお芝居。
曲もクラシックだったり、ジャズだったり、民謡調であったり・・。で、この3人の歌・踊り・芝居、みんな上手い!

良かった〜。
噺家として、芸をやる人間として、いいお芝居だったなぁ。
バックで演奏している楽団も実に良かった〜。
箏のようなんだけど、弦で弾くとチェロのような音色を出す楽器もありました。

韓国文化院芸術監督この音楽劇に招待してくれたのは、韓国文化院に勤めている知り合いのチェさん。
終演後に、崔さんがこの音楽劇の芸術監督・キム・ジョンスンさんを紹介してくれた。
で、3人で撮った写真がこちら。

右からチェさん・キム監督・扇生です。

  
Posted by katsura_sensho at 22:18Comments(0)

2018年06月28日

四国三日間の旅・愛媛編

19日(火)に高知県南国市でやったナイスハート・ふれあいのスポーツ広場・南国大会。「なんごく」ではなく「なんこく」ね。終わったら着替えもせずに車に乗り込み、一路愛媛県松山市に向かう。高層道路をひとっ走り。

松山の宿に着いたら、最上階の温泉に入って・・と言う触れ込みだったけど、脱衣所には何の表示もない。泉質がどうのとか、加水してるとかしてないとか・・。て事は、この湯は温泉じゃないのかなぁ?でも、気持ちのいい湯なんだけど。

夜は、松山での食事。瀬戸内のうまい魚を食べられるぞー。嬉しいねぇ。高知でもうまい魚をいっぱい食べたしねぇ。ところが、店に着いたら「ステーキ屋」。ありゃ、肉かぁ。まっ、年を取ったら肉を食え、と言いますからね。うまかったですよ。

翌日は、ナイスハート・ふれあいのスポーツ広場・東温大会。松山市のお隣、東温市です。
今回一緒に仕事をしたのは、民謡歌手の江島ちあきさん。4月21日(土)の仙台大会でご一緒した方。
で、この仙台の時に控え室に差入れてもらったずんだ餅がうまかったんだけど、作ったお店が「せんしょう庵」。江島さんが一言「名前を変えたらいいのに」。勿論、仲間内の冗談ですよ。その件を日記に書きました。内容は「ちあき庵て名前のお店があったら、同じ事を言ってやるー」って言うもの。勿論、これも冗談。でも、文章と言うものは難しい。冗談と取らなかった方が結構居たんですね。
改めて言いますが、江島ちあきさんはいい人です。歌もとっても上手いです。仲もいいです。

東温市でのナイスハートを終えて松山空港へ。出発時間まで少し時間があるので、軽く一杯。締めに食べたのが、愛媛名物「鯛めし」。これがうまいんだな。
四国三日間の旅。楽しかった〜。でも、後でちょいと腰が痛くなりました。
  
Posted by katsura_sensho at 12:28Comments(0)

2018年06月26日

四国三日間の旅

18日(月)〜20日(水)と高知・愛媛と行ってきました。1週間遅れのご報告を。
18日(月)に羽田空港から飛び立つ飛行機がまた遅れた。「また」と言うのは、その1週間前に福岡に飛んだ時も1時間遅れたからだ。
坂本龍馬像
で、遅れたとは言え日が長い時期。
予定通り高知空港から桂浜へ。
高知県に来るのも久し振りだけど、桂浜は初めて。
で、高知と言えば、坂本龍馬ですなぁ。
何たって、空港の名前からして「高知龍馬空港」ですからね。
龍馬ファンてのも全国に居ますねぇ。どんな人だったんだろう?
ふーむ。これが噂の龍馬像かぁ。
流石にでかい。

そのまま宿に入ると、夜は懇親会。会場は「のんき亭」と言う店。これが良かった〜。
高知のうまい物がいろいろと。
先ずは飯から、と言うのが高知流なんだとか。鰹を巻いた土佐巻きと四万十川の青のりの天ぷら。当然の事ながら、鰹のたたき。隣にあるのは、ちゃんばら貝と言うそうな。土佐巻きと四万十川の青のり
ちゃんばら貝と鰹のたたき
鰹のたたきも、たれの他に塩たたき。そして、これがうまかった鰹のはらんぼ。
鰹の塩たたき鰹はらんぼ
そんでもって、鯨カツも
鯨カツこの店の名物に「かつおギョーザ」なる物があるらしいんだけど、それは出なかったなぁ。
何にしても満足満足。
で、お酒ですが、高知と言えば日本酒が揃ってますねぇ。でも、翌日の仕事を考えてここはぐっと控えて焼酎のお湯割りで。

でも、やっぱり鰹には高知の酒だったかなぁ?
  
Posted by katsura_sensho at 07:26Comments(2)

2018年06月23日

第59回 桂扇生の会

18日(月)〜20日(水)の四国のお話の前に、昨日・22日(金)にありました「桂扇生の会」のご報告を。

今回の演目は「持参金」と「酢豆腐」。
「持参金」は久し振りにやった噺です。2011年2月1日に、さる信用金庫のお客さんの集まりでやって以来。7年4か月振りですねぇ。何故、そんなに長い間やらなかったかと言うと、その信金の集まりで全くうけなかったからです。あれは、辛かったなぁ。
この噺は、金に困った男が持参金に目がくらみ妊娠している女の人をかみさんにする、と言うものです。その女の人をすこぶる不美人にしているんですね。その表現が女性には嫌がられるんだろうなぁ。
で、今回はいろいろと手を入れてみました。まぁ、うけるにはうけたんだけどね。それでも傷ついたって言うお客さんが居ました。
セクハラと言われるであろう落語はいろいろとあるけど、この噺が一番かも?今後は、消えてくかなぁ。

「酢豆腐」は相変わらず、ここでうけるってところでは必ずうける噺。やってても楽しいですね。
「酢豆腐」は広辞苑にも載ってますよ。
腐った豆腐を半可通の若旦那に食わせる噺。落語を演る以上は、実際に食べてみなくては・・とは思うんだけど、こればかりはね。ははっ。

今回、こんな素敵な物を頂きました。
桂扇生の会・書
書いてくれた内田康太君は、慶応義塾大学書道部・・と、言ってたような・・。
聞けば、「落語」と「書」が好きなんだとか。早い話が「落書き」ね。なーんて事はない。
康太君、ありがとう!
  
Posted by katsura_sensho at 13:20Comments(0)

2018年06月21日

土日の千葉

16日(土)・17日(日)と千葉で落語会。18日(月)〜20日(水)は四国でした。
と言うわけで、土日の落語会からご報告を。

今月は、9日(土)にも千葉市内での「カワナ亭落語会」があり、千葉づいてます。
16日(土)は、木更津市にある「ひらけごま」での落語会。今回で20回目。いやぁ、何だかんだと言いながら続いてるなぁ。誰が何だかんだと言ってるかと言うと、店主の美人姉妹が。やれ、「もう年で体が・・」とか、やれ「この建物も取り壊しになる」とか。でも、店主・姉も何とか体を動かして落語会をやってくれてます。そして、取り壊しもまだのようで・・。やれやれ。
で、今回の演目は「千両みかん」「子別れ」で。
真夏の噺「千両みかん」をやるには、ちと涼しかったなぁ。
「子別れ」は、まだまだ私の中で育ってます。

今回初めてのお客さんが来てくれたり・・なんてんで、客席はいっぱい。感謝感謝。
打上げにも大勢さんが残って下さり、楽しかったです。

木更津に泊まって、翌日はそのまま西千葉駅へ。
西千葉寄席もいつもより多めのお客さん。有難い!
演目は「野晒し」「酢豆腐」で。
「野晒し」は、思った以上にうけた。ここはほんとにいいお客さんだなぁ。
驚いたのは「酢豆腐」のサゲ間際に地震がきた事です。ここんとこ千葉はスロースリップとやらで、地震が頻繁に起こっている。またきたかぁ、と思った。後で知ったけど、震源は群馬県でしたね。
でも、後1分遅かったら噺が終わってたのになぁ。気の短いなまずだなぁ。
  
Posted by katsura_sensho at 10:20Comments(0)

2018年06月15日

今年も激弾BKYUを観る

激弾BKYU、今年も行ってきました。
昨日・14日(木)の公演にね。
今年は「西遊記」。そこは、激弾BKYU。私達が知ってる「西遊記」とは全く違う。
「Episode of 西遊記」
これが、プログラム。とても「西遊記」には見えないね。
BKYU西遊記
19日(火)までやってますよ。
席はまだ残ってるそうです。
お薦めです!
申込みはこちら
  
Posted by katsura_sensho at 08:50Comments(0)

2018年06月14日

久し振りに福岡へ

11日(月)〜13日(水)と福岡に行ってきた。
12日(火)に、宗像市でナイスハート・ふれあいのスポーツ広場があったもんで。
11日(月)、博多駅前の宿に入ると近くの居酒屋で烏賊刺し・ごまさばをはじめうまい物をいろいろと食べた。日本酒もいろいろと揃ってて、いい店だったなぁ。
12日(火)に宗像ユリックスでのナイスハート。終了後は北九州市黒崎へ。
北九州市は私が中学まで過ごした街。福岡に行くと、いつも行くんだな。
黒崎の宿に入って、夜は小学校の同級生のM上君・S原君と母校・黒崎小学校(現・黒崎中央小学校)の近くにあるおでん屋「よ田」で飲んだ。この店は、おでんばかりでなく、刺身や他のものもみなうまい。ここでも、ごまさばを食べた。因みに「ごまさば」とは鯖の種類ではなく料理の名前ね。
ついでに言うと、よ田の女将も小学校の同級生。
よ田を出て、M上君の知ってる店へ行き3人で大いに飲んで歌った。

さて、いろいろとかかった経費について。
博多駅前の宿代と居酒屋の代金は、こりゃ勿論ナイスハート基金事務局が払った。
黒崎駅前の宿代は私である。シンガポールにもICANにも出してもらってない!因みにスイートルームでもない。まっ、元々スイートルームはないのだが。ははっ。
よ田と次の店の勘定は、3人で割り勘である。日本政府にも韓国政府にも頼んだりしてないぞ。

3人で語らい楽しい時間を過ごした。これが目的なので、成果はあったわけだ。
で、トランプさん。一体何しに行ったの?
  
Posted by katsura_sensho at 09:43Comments(0)

2018年06月11日

第69回 としちゃん寄席

偶数月第2日曜日は大久保駅前の居酒屋「としちゃん」へ。落語会をやってますよ。
と言うわけで、昨日・10日(日)は69回目のとしちゃん寄席でした。
いつものお客さん、久し振りのお客さん、初めてのお客さん等々でうっすらといっぱいに。台風が来てるって言うのに有難い有難い。

で、演目は「巌流島」と「大山詣り」を。
「巌流島」は一昨日にカワナ亭でもやった噺なんだけど、何だか新鮮。お客さんが違うからなんだろうなぁ。
「大山詣り」はこの夏は初めて。ちょっとだけ変えてみた。うーん。今一だったかな?
この夏にまた何処かでやってみよう。もう少し磨いてね。

打上げがお開きになった後は、吉祥寺の「STAR PINE'S CAFE」へ。
みわぞう祭りこないだ仕事で知り合ったグループ「ジンタらムータ」さんのライブを聴きに。今回は「みわぞう祭り」と銘打って、メンバーの中のこぐれみわぞうさんを中心にクレズマー音楽を。
クレズマー音楽と言っても私には分からないんだど、何でも東欧で生まれたユダヤ音楽だそうな。
で、クレズマー音楽にはダンスが付き物だそうで、演奏が始まるとお客さんが手をつないで客席を踊りながら歩くんだねぇ。
何と、私も少しだけ参加しました!ははっ。

みわぞうさんの担当は、チンドン太鼓。なので、クレズマー音楽も何だかチンドン屋さんの音楽に聞こえてくる〜。みわぞうさんは箏も演奏。師範で名取だそうな。いやはや恐れ入った。
みわぞうさん、ジンタらムータさん。楽しかったですよ。
  
Posted by katsura_sensho at 00:36Comments(0)