2024年02月20日

2月下席は上野鈴本演芸場

明日・21日(水)から上野の鈴本演芸場・夜の部に出ます。いやぁ、久し振りだなぁ。前に出たのは、弟弟子の文ぶんと文雀の真打昇進披露興行だったからね。えーと、いつなんだ?2010年3月かぁ。14年振りって事ね。で、今回は文雀がトリを務めるので、それでね。うーん。忸怩たる思いですな。

この文雀ってのは、他の噺家がやらない演目をやるのが好きでね。今回はそれを集めた興行ですね。私も知らない演目がずらりと並んでます。この機会を逃すとなかなか聞けませんよ。どうぞお出で下さい。

〇上野鈴本演芸場・夜席
日時;2月21日(水)〜29日(木)
開演;午後5時
   扇生出番 5時30分
会場;鈴本演芸場 03-3834-5906
   台東区上野2-7-12
   上野広小路駅・上野御徒町駅・湯島駅・御徒町駅・上野駅など近し
木戸;3,000円(各種割引あり)
2月下席鈴本演芸場
  
Posted by katsura_sensho at 16:30Comments(0)

2024年02月19日

黒門亭二部

昨日・18日(日)は、黒門亭二部に出演。
私の前は柳朝さんなんだけど、着物を脱いだ姿に驚いた。黒い丸首のシャツを着ているんだね。聞いたら肌襦袢を忘れたとの事。それにしても、よくこのシャツを隠したなぁ。長襦袢の襟をきつく合わせたそうなんだけどね。

忘れ物に関しては、昔からいろんな話を聞いたね。長襦袢を忘れて靴下を首に巻いて半襟に見せたとか、足袋を忘れて靴下のまま上がったとか・・。
忘れ物と言えば私にも思い出が・・。見習いの時に師匠の長襦袢を入れ忘れた事があってね。この時は、長襦袢を持って東京駅まで追いかけていったなぁ。間に合ったんだから大した事じゃないやね。と、自分では今でもそう思ってるんだけどね。ははっ。

では、昨日の演目はネタ帳で。
2.18 黒門亭
私は「六尺棒」を。23日(金)に梅楽オンライン寄席でやるので、さらいました。で、まくらで「趣味と道楽の違い」を思いつきで話したんだけど、これがまぁまぁ良かったね。23日もこれをやろう。まぁ、そんな大した事じゃないけど、良かったら梅楽オンライン寄席を聞いて下さい。
  
Posted by katsura_sensho at 10:06Comments(0)

2024年02月18日

映画「シモキタブレイザー」

先日、八重洲の「吞うてんき」に飲みに行ったら大将から「知り合いが監督をやってる映画だから観てくれよー」とチラシを渡された。見てびっくり。何と「シモキタブレイザー」ではないか!これは、私が時々顔を出す交流会「未来創生倶楽部」で応援してる映画で観に行こうと思ってたもの。ボクシングの寺地拳四朗チャンピオンも出演しているんだな。
シモキタブレイザー表シモキタブレイザー裏
大将、23日(金)の梅楽オンライン寄席が済んだら、必ず観に行きますよー。

しかし、人の縁ってのはいろんなところで繋がってるんだなぁ。
  
Posted by katsura_sensho at 12:19Comments(0)

2024年02月17日

第3回 三春の会

今日・17日(土)、立川談幸さんと初音家左橋さんとの三人会「三春の会」の3回目が、梶原いろは亭でありました。回を重ねる度にお客さんが増えていく。嬉しいねぇ。

今日の演目。ネタ帳の写真を撮り忘れたので文字で。
一、「饅 頭 怖 い」 市遼
一、「明   烏」 談幸
 仲 入 り
一、「口 入 屋」 扇生
一、「井戸の茶碗」 左橋
一、トークかなぁ? 三人

三人のトークは、今後の告知など。今後は、5月・8月・11月とやって年に4回の開催です。で、毎年11月には私が「やんま久次」をやってるので、この演目も「三春の会」の中でやる事に。左橋さんは、この噺を知らなかった。まぁ、噺家でも知らないって人は多いだろうね。そのくらいに珍しい演目です。私は好きな噺ですよ。まぁ、そんな話や大学の落研の話など話題は広がって、なかなか終わらない。何とかけりをつけて、左橋さんの音頭で三本締めをやって終演でした。

次回は、5月の予定です。まだ日程は決まってませんが、トリは談幸さんですよ。この人、トリでなくても「紺屋高尾」だの「明烏」だの大ネタをやるから、トリだとどんな噺をやるんだか?皆さん、お楽しみに。
  
Posted by katsura_sensho at 23:17Comments(0)

2024年02月15日

固定電話解約

ついに、固定電話・・所謂「家電」を解約した。名簿を見ると、今の若い人はハナから携帯電話のみだね。まっ、そうかぁ。
以前は電話で仕事を取ったから電話がないなんて考えられなかったよね。二つ目に昇進して、池袋のアパートに初めて電話を引いた時は嬉しかったねぇ。
で、気になるのは、その時に払ったお金だ。当時は電話を引くのに10万円くらいかかったよ。あのお金は何処に行ったんだ?
  
Posted by katsura_sensho at 09:00Comments(0)

2024年02月14日

梅楽オンライン寄席「扇生の落語2024」 二月の巻「鰍沢の会」

今年もやります、梅楽オンライン寄席。待ってる方がいますからねぇ。今年の1回目は、真冬の噺で「鰍沢」を。雪の山中で道に迷って・・って噺です。でも、何だか気温は上がっていきそうですね。いやはや・・。

有名な噺なので、ご存知の方も多いかと思います。
サゲは「今のおざいもくで助かった」と言うのが一般的ですが、私のは違います。五街道雲助さんから教わったんですが、おしまいの所が芝居調になるんですよ。そんな、ちょいと変わった「鰍沢」をご覧になりませんか?
配信は10日間あるので、その中でお好きな時間に何度でもご覧になれます。生で見るも良し、夜に一杯やりながら見るも良し。これがオンライン寄席のいいところでね。

〇梅楽オンライン寄席「扇生の落語2024」
二月の巻 「鰍沢の会」
日時;2月23日(金)
開演;午後2時
演目;「六尺棒」「鰍沢」
木戸;1巻分 2,000円、年間座布団(6巻分) 12,000円
配信;3月3日(日)まで
申込;梅楽 umeraku@koboz.com
     umeraku@katsurasensho.com
Peatixでのお申込みはこちら
皆さんのお申込みをお待ちしてますよ。
  
Posted by katsura_sensho at 08:45Comments(0)

2024年02月13日

第3回 三春の会

今週末は上中里に大集合!
立川談幸さん、初音家左橋さんと一緒にやってる三人会「三春の会」の3回目がありますよー。

〇梶原週末寄席
〜第3回 三春の会〜
日時;2月17日(土)
開演;午後1時
会場;梶原いろは亭 03-6322-1622
   北区中里3−1−4
   JR上中里駅6分、都電梶原駅3分
出演;桂扇生、立川談幸、初音家左橋、柳亭市遼
木戸;予約・会員 2,000円
   一般 2,500円
ご予約は、私宛てでも構いません。どしどしお申込みのほどを!
上中里のいろは亭で待ってますよ〜。

  
Posted by katsura_sensho at 07:30Comments(0)

2024年02月12日

祝第100回としちゃん寄席

大久保駅南口近くの居酒屋「としちゃん」で落語会が始まったのは、2006年11月19日。それから17年3か月。昨日・11日(日)で、ついに100回になりました。ここまで続いたのは、主催者のとしちゃん世話役のSさん、そして通ってくれるお客さん達のお陰です。感謝感謝。次の目標は110回か120回と言ったら、客席から「200回!」と。後17年?そりゃあいくら何でも・・ねぇ。ははっ。まぁ、出来る限り長く続けてまいりましょう。皆さん、今後ともよろしくお願いします。

昨日の演目は、「代脈」「ねずみ」で。
「代脈」のまくらで、こないだやった大腸内視鏡検査の小噺を。

打上げでは、持込みのお酒がいっぱい。お酒は控えめ、と言ってるのにこんなにあると困るなぁ。ははっ。
100としちゃん (1)100としちゃん (2)
今回は打上げで初めてカラオケまで登場。皆さん、元気よく歌ってましたね。
次回は、4月14日(日)。そして、101回目から重大な変更が。17年間据え置いた木戸銭が2,000円に上がります。それでもお出で下さいね。
  
Posted by katsura_sensho at 11:36Comments(0)

2024年02月11日

二月上席演目

昨日・10日(土)が、末廣亭の千穐楽。演目をご報告します。
初 日 「厄払い」
二日目 「厄払い」
三日目 「厄払い」
四日目 「狸の札」
中 日 「長短」
六日目 「強情灸」
七日目 「竹の子の手打ち」
八日目 「寄合酒」
九日目 「代脈」
千穐楽 「六尺棒」

2月3日の節分に合わせて、初日から3日間は「厄払い」をやった。今はやる人は少ないのかなぁ?四日目以降は、いつもの演目だね。
末廣亭のお客さんはよく笑ってくれる。有難いですねぇ。次の高座が楽しみですよ。
  
Posted by katsura_sensho at 08:22Comments(0)

2024年02月10日

末廣亭九日目

昨日・9日(金)は、末廣亭の九日目。金曜日だけど、1階席はうっすらといっぱい。いいねぇ。
まくらで大腸内視鏡検査の小噺をやったら、存外にうけた。今日もやってみよう。どんな小噺かって?知りたい方は、末廣亭へ。

今日から三連休って方も多いだろうね。
明日は、第100回としちゃん寄席ですよー。
よろしかったら、お出で下さい。
  
Posted by katsura_sensho at 09:46Comments(0)