有限会社 桂工務店の「家作りの現場から」

茨城県取手市の総合建設業「桂工務店のブログ」です。当社の施工状況や仕事の内容など。制振装置MIRAIEを使用した制振住宅、ゼロエネルギー住宅(認定低炭素住宅)、自然素材を使用した新築、リフォームなどを手掛けております。 施工地域/茨城県県南・取手市・旧藤代町・つくば市・竜ヶ崎市・守谷市・牛久市・常総市・利根町・千葉県北西部・我孫子市・柏市・流山市

こんにちは。
若林です。

とっても寒い日が続いていますね。
こんな日はあったかい鍋料理を妻にリクエストします。

----------

さて、今日は桂工務店を担当してくださっている、クリナップの方がいらっしゃって、新しくなったシステムキッチンとシステムバスと洗面化粧台の案内をしてくださったので皆様にもシェア致します。

お話を聞いていて、大きく変わったのは洗面化粧台S(エス)の洗面ボウルです。
つい最近システムキッチン(クリンレディ)に搭載された“流レールシンク”が洗面化粧台にも搭載されたことでしょうか。

水の流れる力を利用してシンク内をきれいに保つ、“流レールシンク”はとても画期的で他のメーカーには無い特徴的なものだと思っていましたが、それが洗面化粧台にも搭載という事で、クリナップとしても自信をもって世に出している商品なんだと感じます。

色々なメーカーの方が出入りされますが、生意気にも「独自性をPRして頂けませんか?」なんてお願いをします。
やはりお客さんに紹介する限りは色々なメーカーの特徴を正確に説明しなければなりませんから。

2/26(金)と、27(土)10:00〜17:00には大抽選会も開催されるフェアがあるそうなので、もしよろしければ一緒に行きませんか?
本物を見ないと分からない細部を一緒に確認して、良し悪しの判断をしましょう。

20160126クリナップ

こんにちは。
若林です。

先日、リクシルの営業の方から、「桂工務店さんをスーパーウォール取り扱い店としてホームページに掲載致しましたー!」
という連絡を頂き、確認してみると…

image


載ってる!

ありがたいー!
どうぞみなさんもご覧ください。

http://www4.lixil.co.jp/scripts/sw/list.asp?p=8&_ga=1.230828319.1421472611.1453424363

これを見ると取手市には当社しか取り扱い店が無いんですね…
そもそも茨城県南自体に少ない…

すごくいい工法だと思うので、取手市周辺でスーパーウォールをお考えの方は是非説明を聞きに来てくださいね^ ^

とにかく省エネで、先日引き渡したお客様の家では、2月の電気代が2000円でした。(オール電化)

僕もスーパーウォールの家に住みたい…

こんばんは。
若林です。

日本全国いよいよ本格的に寒くなってきましたね。
一昨日都内で雪が降っている時、取手市は全く降ってなかったんです。
外の仕事が進まなくなっちゃうので僕は助かったんですが、小2と4才の娘は雪だるま作れなくて残念だったみたいです(笑)


さて、今日ははるばる和歌山まで来ています。
来月から始まる新築住宅(おそらくこのブログで施工中の写真をご紹介するようになると思います。)に使う、柱と梁を見るのが目的です。

今回使用するのは、株式会社山長商店さんの“紀州杉”と“紀州桧”。

今日は1番興味のあった杉の梁を。

image


まずこんな感じで積んであるのを見ました。
この山は、加工待ち人工乾燥が終わった杉の梁。

これに近づいてみます。

image


結構真っ黒。
製材したてはもっと真っ白なんですが、乾燥終わって置いておくとこんな色になります。

断面。

image


紀州杉の特徴は、年輪の中心辺りは目が粗め。中心から4センチ過ぎるとかなり目が細くなります。

これが特徴で、他産地の杉だと300ミリのせいの梁を取るために40年程度の樹齢の木で済むんですが、紀州杉だと60年くらいの樹齢の木が必要になるそうです。

つまり手間と年数がかかる杉なんですね。

「年輪の荒さは、木材の強度にそこまで影響を及ぼさない」というような実験結果もあるようですが、やはりこれくらい年輪が細いと狂いも少ないし、丈夫だと思います。

それに乾燥の具合がとっても良いなと感じました。

普通人工乾燥した杉材というと、「断面がスカスカに見えるほどカラカラに乾いてる」ようなものが多いんですが、これはそこまでじゃない。
まだ生きてる木の感覚を残しながら、適度に水分を抜かれてるという感じがします。
(実際には含水率20%を目指して乾燥させているそうです。)

この後写真を載せる柱なんかは、持ち上げてみると、乾燥材の重さではないです。
中がぎっしり詰まってる感じとでも言うのでしょうか。

生きてる乾燥材というイメージ。

担当の方のお話も情熱があってすごく良い印象です。
自信を持ってお勧めできる杉材です。

次は柱とこだわりのプレカットをご紹介します。

こんばんは。
ウェブ担当の若林です。

一昨日から会社は仕事を始めたのですが、一昨日はみんなで成田山新勝寺に新年のお参りに行って参りました。

みんなでと言ってもご存知の通り6人なんですが(笑)
今大工さんが1人東京に行っているので、1人少なかったのですが、それでもやはり節目にみんなでこういう事をするのは良いものですね。

image


すごい顔の社長が写ってしまいました。

さて、みんなで護摩木に商売繁盛だとか工事の安全だとかを書いたあと、御護摩炊きを間近で見るために本堂へ。

気になったのは襖の引手がデカイことデカイこと(笑)

image


引きの写真ではよく分かりませんが、手を掛けるととてもよく分かる…

image


不謹慎にも、「高そうだなぁ」と思ってしまいました。

まず使うことは無いですが、明日値段を調べてみましょう^ ^

あけましておめでとうございます。
桂工務店は本日仕事初めです。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

今日が仕事初めと言っても2人の若林は4日から事務所におります。


今朝作業場に行ってみると…




image



多芸な社長は正月中、趣味の彫刻の準備をしていたようです。
いつになく大きい…

大分前に仕入れた青森ヒバの厚い板…
みんなで「何に使うんだろ…」と困惑していました。

それもそのはず。
1枚じゃないし、こういう社長の彫刻用材が作業場至る所に沢山鎮座しておりまして…


…ちょっと邪魔なのです。(ボソッ)


が、おそらくこれが立派な作品になるんでしょう!
完成が楽しみです。

(若い大工さんに自慢気に構図の説明をする社長)
image

image

IMGP3925

IMGP3924

IMGP3923

□取手市内新築住宅“完成現場見学会”開催!□

お施主様のご厚意により、取手市内の新築住宅にて“完成現場見学会”を開催できることになりました。
大変申し訳ありませんが、説明者が1名の為、ご案内はメール・電話・フェイスブックメッセージ等でご予約頂いた方を優先とさせて頂きます。

この物件の設計、現場監理担当者が説明員となりますので、営業・仕事依頼に関する内容に関しては後日ご相談ください。
「断熱性」、「大きな庇によるデザインと省エネ効果」、「制振装置」などの特徴を設計、現場監理担当者より30分程度ご説明させて頂きます。

また、当日はスターバックスコーヒーのポットサービスで、美味しいブレンドコーヒー(スターバックスハウスブレンド)をご用意いたしました。
もちろんサービスでご提供するものですので、家を観ながら美味しいコーヒーをお楽しみください。

♪日時 2015年11月21日(土)9:00〜17:00※ご希望あれば時間外も見学可能です。

♪会場 取手市内 JR常磐線藤代駅最寄(個人住宅の為、住所はお問い合わせください。)

♪建物概要 床面積:約50坪 構造:木造在来工法・制振装置MIRAIE装備 屋根:ガルバリウム鋼板立はぜ葺き 外壁:ガルバリムスパンドレル(タニタ社製Zig) 窓:断熱サッシ(サーモス供檻函

♪見学の予約、お問い合わせ 担当者携帯 080-1038-2291 メール nicehouse@katsurakomuten.com

♪主催 有限会社 桂工務店 若林建築設計事務所 電話 0297-82-7311 所在地 茨城県取手市藤代559番地


担当 若林賢太郎
メール nicehouse@katsurakomuten.com
電話 0297-82-7311

<現在施工中の物件>取手市O様邸施工中内観 内部の塗装に使うのは、最近よく使っている自然素材の塗料。ドイツのクライデツァイトと言う会社の塗料です。この会社との出会いは入会している建築士会の研修。半分企業の営業のような研修会で紹介された、ドイツ漆喰とこの自然塗料に興味を持ち、以来結構使っている。
亜麻仁油をベースに、鉱物などの自然素材で着色をし、亜麻仁油独特のニオイを消すために爽やかな松油を配合しています。
また、クライデツァイトは昔ながら製法にこだわって作っているというのも魅力でした。
普通の塗料では感じない爽やかな香りが特徴です。
12122781_453508724835656_7052471353247822113_n

12107206_453508714835657_4667191020969384478_n

久しぶりに取手市椚木の分譲地内の土地を販売いたします。

価格360万円(建築条件付き)
面積201.45屐60.9坪)

MX-2640FN_20151015_180051_001


当社の建物が複数建っている、取手市椚木の売地です。
自然の多い地区で、周りには若いご家族が多く、お子さんが沢山いらっしゃいます。

変形地ではありますが、角地でとても日当たりがよく、環境は抜群です!

是非一度現地をご覧頂ければと思います。

当社の建築条件付きとなっておりますので、

〇真冬に2000円しか電気代のかからない、「認定低炭素住宅」

若しくは、

〇セルロースファイバー断熱材やそとん壁、自然塗料を使用した、「自然素材住宅」

を私たちと一緒に作っていきましょう!
設計等の打ち合わせには長い方で半年〜1年かかる方もいらっしゃいますので、土地を気に入って頂ければ、少しずつ打ち合わせを進めさせて頂きたいと思います。

周囲に建築中の当社の物件もございますので、そちらを見ながらお気軽に現地にお越しください。

担当 若林賢太郎
メール nicehouse@katsurakomuten.com
電話 0297-82-7311

<現在施工中の物件>取手市O様邸施工中外観 台風が近づいている為、足場のシートを一時外す。2階正面の屋根には雨どいを付けず、内樋(屋根先端に大きな水路を作った)としたためすっきりとしたシンプルな格好。2枚目の写真は玄関内部の外壁の取り合い部分。
12009623_443534689166393_2733242430156230183_n

11990681_443534685833060_8223502573417164688_n

<現在施工中の物件>取手市O様邸施工中内観 現在よく使用している断熱材。マグイゾベール社製マグオランジュ 壁・高性能16k厚さ105mm。2階の一部は、これを2重に(210mm)。正面の壁には付加断熱として外断熱でA種ポリスチレンフォーム保温板3種 厚さ30mmを施工。壁体内結露を防ぐ、防湿フィルムの品質でマグイゾベールを選択。
11987157_443305635855965_4134613643118266066_n

10390473_443305655855963_1637234069128235038_n

11988329_443305682522627_1780218439528966925_n

11150793_443305695855959_725416352158003197_n

<現在施工中の物件>取手市O様邸施工中外観 先月初めに撮影。つや消しブラックの外壁材は、タニタ社製ガルバリウムスパンドレルZig(ジグ)。ガルバリウム鋼板製の外壁材の中では珍しい三角形状の凹凸(よくあるのは四角形状の凹凸)。陰影がはっきりと出て美しい材料。
11998985_443302165856312_6698049951220133542_n

11259629_443302569189605_1018843396393750263_n

11227950_443302599189602_4600176701134562936_n

台風が近づいていますね。 雨風の強い地域のみなさんお気をつけください。

さて、先日三重県鈴鹿市に1泊で出張してきました。
目的は「セルロースファイバー断熱材」の施工を見に行く事。

「セルロースファイバー断熱材」は普段使用しているグラスウール(下の写真)とは施工方法が大きく違う、吹込み工法です。
IMG_3235

IMG_3313

(ガラス繊維の綿のようなものが、フィルムに包まれている材料です。)

メーカーの指定がなければ近くに専門の工事店があるのですが、現在設計進行中のお客様のご希望でアメリカ製の「インサイドPC」という断熱材を採用する予定です。(自然素材で作る家です。)
自然素材であるセルロースファイバーに、ホウ酸で防虫他を施しているのですが、このホウ酸の成分をしっかり明示しているのはこのアメリカのインサイドPCだけということで、自然素材で家を建てるときにはよく使われている材料のようです。

当社ではいままで吹込み断熱の工事は行っていませんでしたので、今回は三重県鈴鹿市でインサイドPCによる断熱と、自然素材の家を作っておられる、株式会社みのやさんにお伺いして施工の見学と研修を受けてきました。

それでは旅ブログの形式でその様子をご報告致します。

---

9月1日の朝、東京駅よりのぞみに乗り込みました。
北への新幹線は何度か乗っているんですが、南への新幹線は意外にも初めて。

真ん中あたりの車両からわざわざ先頭の写真を撮りに来ました。
IMGP3200

これはワクワクしますね。
実は時間ぎりぎりだったので、この後焦って乗り込みます。

車内では断熱材の内容を再度復習。
IMGP3202


初めて乗ったのぞみですが、静岡辺りを走っているときにうっすらと富士山が見えまして、その大きさにちょっと感動いたしました。

1時間半くらいで名古屋に到着。
IMGP3209

はじめにびっくりしたのは、駅の立ち食いソバ屋がまさかの「きしめん仕様」!さすが名古屋!
IMGP3210


この後すぐに私鉄に乗る予定だったのですが、ちょっと時間に余裕があったので、早速駅でなにか食べようと思いうろうろしていると..
ありました。
味噌カツ。

今回の出張記念すべき1食目は、味噌カツ丼です。
IMG_3737

とりあえず写真を撮って、会社の人に送りました。

さて、味噌カツ丼を食べ終わると意外と時間が無かったので私鉄まで走って移動。
風情のあるこの赤い電車に乗り込みました。
IMG_3738

名古屋から到着地の平田町駅までは私鉄でさらに1時間半。
なかなか鈴鹿まで遠いです。

...

約4時間かかって、鈴鹿市に到着すると、株式会社みのやさんの方がホテルまで迎えに来て下さり、早速現場へ。

今日はセルロースファイバー吹込みの2日目という事で、朝から吹込みを行っていたそうです。

これがそのセルロースファイバー。
IMG_3752

こんな感じで袋に詰まった状態で届きます。
重量は1個で約15kg。
これを35坪程度の家で90体くらい入れるそうなので、断熱材だけで1.35t!
グラスウールをいくら沢山入れても1tにはなりません。
これが防音にも効果を発揮する理由でしょう。

袋を開けるとこんな感じ。
IMG_3750

手に取ってみる。
IMG_3757


ふわふわしたちょっと思い綿という感じでしょうか。
元々大豆インクを使っているアメリカの新聞紙をリサイクルしたものなので、時々アルファベットが読み取れるようなものもはいっているそうです。

これを機械に投入し、風でホースの先端まで送ります。
IMGP3260

こんな感じで、あらかじめ貼ってある紙(強力な不織布のような質感)に開いた穴から中に吹き込みます。
IMGP3262


天井裏には、こうして25cm程度降り積もらせるそうです。
IMGP3236

IMGP3238

こうしてみると写真でも質感が分かりますね。

私が到着した時にはすでに2階の施工が終わっていたのですが、1階から2階に上がると、室内の湿気がなくてすごく爽やかだったのが印象的でした。
セルロースファイバーは調湿効果がある断熱材とされているのですが、確かにこれは実感できます。

それではいざ、実践です!(ビニールのレインコートはみのやさんが用意してくださいました。)
IMG_3766

セルロースの固まりをほぐして...
IMG_3771

機械の回転部分に空洞ができてしまうので、そこにセルロースを押し込んでいきます。

これはどんどん入れないとどんどん減っていくので、どんどん入れます。

この作業はもう一人の方に代わって頂いて、今度はホースで充填する作業。
IMGP3264

セルロースが下から溜まってくるので、様子をみながらホースを抜き差しして突き固めます。
IMGP3266

写真では伝わらないと思いますが、かなりの重労働。
腕が上がらなくなってきます...
そして想像以上に室内は粉塵でもくもくしています。

この日は午後から3時間程度見学させて頂きました。
やはり実際に見ないと分からない事が沢山あったなと思います。

さて、1日目はこれで終了ですが、体中セルロースまみれになったので、ホテルに帰ってシャワーを浴び、その後はみのやさんの社長さんもいらっしゃって、地元の人気店で「ぼつ焼き」というのを頂きました。

みのやの社長さんは新築住宅を手掛けるようになった8〜9年前からインサイドPCのセルロースファイバーを使用しておられます。
また、本当に色々な事にチャレンジし、良い家を作っておられる素晴らしい会社の社長さまでした。

株式会社みのやさんのHP

これがこの旅2食目の「ぼつ焼き」。
IMG_3776

IMG_3775


「ハラミ」を「ぼつぼつ」焼くから「ぼつ焼き」なんだそうで、お店はかなり大きい店なんですが、週末は入口の前に行列ができるそうです。
インターネット購入できるようなので、興味のある方は是非。

ぼつ焼き みさき屋のHP

事務の方や取引先の建具屋さんまで参加して、大盛り上がりでした。
感謝致します。

この日はこの後ホテルに帰って早めに就寝。

2日目は朝からお昼位までセルロースの吹込みと、会社の方を案内して頂き、最後は白子駅近くの美味しいパスタ屋さんでお昼を食べて鈴鹿にお別れしました。
IMG_3784


みのやの皆さんは本当に温かい人柄の方ばかりで、本当に2日間リラックスしてセルロースの見学をすることができました。
本当にありがとうございました。

桂工務店では今年の12月くらいからセルロースファイバー(インサイドPC)の取り扱い、施工を開始する予定です。
日本製セルロースファイバーと違い、防虫等処理を行うホウ酸には「ボロン10」という成分が開示されているものを使用しており、自然素材で家を建てられる方にはとてもお勧めできる断熱材です。

現在のところ吹込みだけの施工を行う事は考えておりませんので、リフォームや新築をお考えの皆様は当社までご相談ください。

担当 若林賢太郎

このページのトップヘ