2007年09月14日

第11話『なじみ とんじゃう』

今回も即売会
かねるの本は相変わらずの売れ行きですね・・・
なじみの本も、やっぱり買うのは星さんだけになるのかな?と思いきや、なんかすごい売れ行きです。
なんと、完売ですか!!
すごいですね。

なにやら、なじみの本はネットで話題になっているようですね。
あまり良い意味ではないのですが、本が売れたので良しとしましょう。

今度は委託販売です。
全部売れるのでしょうか?
そして、作家デビューなんてしちゃうのでしょうか?

Bパート
なんか、全部後の祭り的な内容だった・・・

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 13:14│コメント(0)トラックバック(12) ドージンワーク 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

ドージンワークの第11話を見ました。第11刷 なじみとんじゃう「夏合宿で付いた日焼けのあとも消えないうちにまた即売会」「日焼けなんてどこにあるのよ!?」「どう?今回のは」「へ?あぁ、描いてて楽しかった」「なじみが楽しかったとかじゃなくて、売れ行きのこと」「うぉ...
[ MAGI☆の日記 ]   2007年09月14日 13:23

今回は、なじみの本が完売するお話。ネットにネタにされてとはいえ、まさか完売するとは思いませんでした(笑)。それ以上のまさかは100部もの委託のお誘い、星も無茶しますねぇ。星の兄は前回原稿をダメにして落胆中。とりあえず、大目に見てくれただけで凄い....
[ パズライズ日記 ]   2007年09月14日 13:43

「なじみ とんじゃう」 合宿の際、原稿を台無しにした星の兄。その穴埋めに、代わり
[ たこの感想文 ]   2007年09月14日 14:45

なじみと出会って、確実に人生を無駄にしている星さんw誰か止められる奴はいないのか^^;ではドージンワーク感想です。ドージンワーク 第1巻【初回限定版】(2007/09/21)浅野真澮..
[ ラピスラズリに願いを ]   2007年09月14日 16:25

ドージンワーク 第1巻【初回限定版】海での失敗により、がっくりと肩を落とす龍一郎。そんな兄を元気づけようと、純一郎は「いいアイディアがある」と龍一郎を同人誌即売会へ連れて行く。即売会会場では、なじみとかねるが相変わらずの戦いを繰り広げていた。そんななじ....
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2007年09月14日 17:33

なんっつータイトルもってくるんだドージンワーク日焼け後って意外とエロスを感じますよね、でもPCを無理やり落とすのはやめましょうねなじみさん
[ 自堕落学生日記 ]   2007年09月14日 20:05

代理作家に心当たりって・・・なじみはらめぇぇぇなじみの本が売れ出したら日本終わってるなネットで話題ww完全にネタ本wwwそれなら三日で100冊いけそうだけど。原作だと1000冊なんだよなぁ〜wwBパート普通におっさん言うなw1枚足りないwwブルマくんバロスww同人誌ゲットされた方、うらやましいよ( ´∀`)
[ サブカルなんて言わせない! ]   2007年09月14日 20:28

夏合宿で作ったコピー本に手を入れた新刊で、即売会に参加するなじみ。なじみの「同じ顔の向き」の本がネットで噂に、完売。元T大生だと自称する星は「とらのあな営業部」に勤め出す。とらのあなに30部委託の依頼をなじみに。その星の兄はコミック誌編集部員。雨で原稿を濡らし穴埋め作家探してる。なじみの本が3日で100部売れたら、星の兄の雑誌で読みきりデビュー。何だかわからないが、星兄弟の間ではそのような勝負になった模様。ありえない設定はかまわないのだが、コンテも演出も捻りがなく惨憺...
[ CrossChannel.jp ]   2007年09月14日 21:47

 夏合宿も終わり、またすぐ即売会に参加する一同。 今回はなんといっても星兄弟が鍵なお話。  星君の兄さんは前回、迂闊にも大事な書類を雨に濡らしてしまい悲惨な目に。 しかし、今回はその書類のことで新たなる火種が・・・・・・ 凄く話の大きな展開に発展していきます。 星君のお兄さんは大手出版社の編集をしている。 その編集者が連載漫画を自らの手で台無しにしてしまったのであった。 雑誌に大きな穴をあけてしまうのであった。 マイナス思考ばかりの兄さん。 そんな兄さんに星君が救いの手? 代弁作家をなじみにすると提案する。 星君のお兄さんは「チィ」って・・・・・気持ちは分かるが。 なじみの作品を雑誌に載せるなど言語道断の兄だが、星君は一歩も引かない。 ならと、星君はなじみの作品を虎の○の委託販売で3日間で100冊完売すれば雑誌に載せるとお兄さんに約束させるのであった。 また無謀な約束を・・・・・・・ 星君は某有名大学を辞めて、虎の○の営業部で働いている。理由はなじみの作品を世に広めるために。なんというバ○らしい行動力であろうか。T大学って、東海大学のことなのであろうか? なんにせよ、なじみの右腕が星君の人生を左右するのである しかし、世にも恐ろしいことが即売会では起きていた。 なじみの作品が30冊完売したのであった。 前回の作品の同じ向きだけの本が話題になっているというのだ。なんとファンまでいるという事態になっている。ご都合主義であろうかな・・・・・・ 露理曰く、「なじみの本がヒットする世の中なんてカオスすぎるというか」・・・・・・・ 正にそれ、カオスである。もしかしたら、もしかするかもでしょうかね。  まあ3日で100冊なんてありえないだろう。強引にもっていきすぎ。 ラストに向けてまさかこんな展開が用意されているとは予想外。微妙に「コミックパーティー」を思い出す展開になってきた。なじみとかねるの同人誌の売り上げ対決は今回はなじみの圧勝。勝負にならなかった。しょげるかねる。慰めるなじみ。「なじみさん変。」「いやいや、変なのは二道さんだって」←あんたらの会話はみんな変。この2人の勝負は決着がついてしまったのか?かねるさんは途中、何を間違ったのかBLに走ってしまって変な方向に。露理は今回、腹の黒さをあまり見せられず。かねるを攻撃したが、逆になじみにげんこつを食らう展開になる。今まで無かった描写。最近、露理も見せ場がない。 来週は最終回。「まだまだやりたい、もっとしたい」あれ、蒼樹うめ先生がEDの絵描いてる。何故? 
[ 独り言の日記 ]   2007年09月14日 22:04

 原作より現実的でおもんないorz なじみの委託販売あたりのネタが原作に比べて展開が無難になってるのでちょっと・・・。原作では無謀の委託販売を決行し、結局自分で買うとか言う悲惨な状況でしたが、今回は100部完売し
[ 荒野の出来事 ]   2007年09月15日 00:32

 原稿をダメにしてしまった星の兄。キャラ的に誠意が感じられないから困りもの…  
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2007年09月15日 01:05

まさに紙作画。しかも上手い演出に感じるから不思議なものです。DVDドージンワーク1初回限定版《予約商品09月発売》早速感想。また唐突な展開だこと。相変わらずBLアニメになってるし(笑)かねるの想像力はすばらしい、あなたは同人誌のネタは比較的すぐにできそうだ。...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2007年09月15日 10:30


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ななついろ★ドロップス 第11話School Days 第11話