2007年09月22日

第12話『まだまだやりたい、もっとしたい』

やっと(ついに)、ドージンワーク最終回です。

なじみの本、売れ行き悪いようですね・・・
初日は買ったの自分星さんだけか・・・

ジャスティスがなじみの本を買った瞬間、ものすごい売れ始めましたね。
すごい販売効果だ。
あっという間に完売しました。

コレでなじみプロデビューが決定しましたね。
でも、なじみはプロではなく同人界を選んだと・・・
コレって、一応感動的なシーン・・・なのかな?
私には良く分からないや。

と言うことで、最終回でした。

Bパート
無事、謝罪会見は免れたようですね。
まぁ、この2人が書いている時点で、売れないってことはまずないでしょうね。

と言うことで、Bパートも、無事終了しました。

正直な話・・・全体的に面白くなかったですね。
木曜は見るアニメがないので、無理矢理見ていた感がありました。
来期は、木曜は忙しくなりそうだ・・・

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:29│コメント(0)トラックバック(11) ドージンワーク 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

最終回は、なじみがプロデビューを断るお話。替わりにオチとしてソーラがプロデビュー、ソーラ上手すぎです。なじみの方はこれからも楽しく同人活動ということで、良い終わり方だったと思います。ジャスティスと露理にもプロデビューのチャンスはあったんですねぇ。...
[ パズライズ日記 ]   2007年09月22日 05:46

ドージンワークの最終話を見ました。第12刷 まだまだやりたい、もっとしたい「売れてるといいわね。なじみ?なじみ」「あ、そうね」「上の空よ。あ、またいやらしいこと考えて…」「うん…いや、それはない。ほら、あまりに急なことだったからさ、何かね…」「上手くいっ...
[ MAGI☆の日記 ]   2007年09月22日 06:23

ドージンワーク『ドージンワーク』は、ヒロユキによる4コマ漫画作品。「まんがタイムきららCarat」(芳文社)において2004年12月号から連載されている。また「まんがタイムきらら」で数度のゲスト掲載を経て2006年4月号から、「まんがタイムきららフォワード」で創刊号から、並行して連載されている。2誌で続き物のストーリーのため、両方読まないと話が追えなくなる。2007年7月から同年9月までアニメ版が放送された。単行本(漫
[ 無料!! アニメ・ドラマ三十代のツボ ]   2007年09月22日 07:32

 作画など途中から疑問も出てきましたが、いろんな意味でいろいろ楽しませてくれたドージンワークもついにラストを迎えました。 前回はなじみの作品を虎の○の委託販売で3日間で100冊完売すれば雑誌に載せるとの無謀な約束事をする。 果たして、なじみは完売させ、プロデビューを果たせるのであろうか? 今回は、同人か商業誌をやるか、揺れるなじみの戦いです(笑)。 プロデビューかそれとも同人活動家か?ついにクライマックス。 今回、完売すればプロデビュー。 金儲けの為に念願だったはずのチャンスを目の前にしても、積極的に乗り切れない様子のなじみであった。 自分より実力がある露理やジャスティスは商業誌になったら、自分のペースで出来ない事や、自分が本当に描きたいものが描けないなどで商業誌デビューを辞退していることを知り、ますます迷いも生じてくるのであった。 しかし、みんなからの励まし(かねるは除く)があり、一時は決心するのであった。 そして、運命の委託販売が始まるのであった。  1日目は2冊。それも星君となじみのみ。 2日目はシーンがなかったので分からず。 3日目は完売。もしかしたら298冊?えー、売れたの?おいおい。  3日目は相変わらず、誰も買わなかった。星君の変なアピールが妨害小作?にもなりこーナに誰も立ち寄らず・・・・・・・ しかし、一人のお買い上げで流れが変わったのである。かねるさんである。 かねるさんは、なじみのプロデビューに反対していた。そして、なじみがまだ同人活動をやりたい気持ちを見切っていたのだ(かねるさん、奇跡の大人行動か?)。 しかし、最終日になじみを応援したいがために購入。  その行動を見た、露理、ジャスティスも続けて、なじみの本を購入。 そしてその行為がまた新たな連鎖を生んだ。ジャスティスが購入したので、他のお客が何か勘違いし続けさまに購入してきたのだ。 3日目に奇跡は起きた。友達想いでみんないい奴だな〜。 そして、なじみは晴れてプロデビューすることになるのであった。 暗黒漂う原稿を持参して(笑) しかし、なじみは最後まで悩んでいた。判子を押すかどうかを。 同人か商業誌。なじみの心は激しく揺れ動いていた。 判子を押せば、同人活動が出来なくなる・・・・・・・・  そして、星兄は強引に判子を押されて、ようやく自分の気持ちに気づくのであった。 「私はまだまだ、恥ずかしいおもいをしながら、お店でこそこそエロゲー買ったり、そのまま友達に遭って気まずいおもいをしたり、下手っぴな絵でこつこつ漫画を描いてたいの。寝不足のまま満員電車に揺られて、ほんの少しの売り上げで一喜一憂して、お客さん一人一人に本を渡したいの」 星兄にまだまだ同人活動をやりたいと宣言するなじみ。 そして、その想いに、ジャスティス、露理、ソーラ、かねるさん、星君が応えます。 連携して、星兄からなじみの夢を守るのであった。 また、同人活動が出来ることで、ようやくなじみにもいつもの元気が出てきます。 今度の即売会「やらいでか〜」(笑) 何にせよ、なじみは元気が一番です。 星兄の会社での立場は?と思ったが、そこに出てきたのはソーラのプロデビュー。 うまい漫画を持ってきて、見事代役を果たすのであった。 あのまま、なじみの本を雑誌に載せても、星兄の立場危うそうだったし、これで良かったのではないかな。ソーラの漫画なら大成功であろう。星兄の仕事能力の方に問題があるのではと一時思ってました。なじみの作品を載せるのはどうみても異常行動。 星兄の夢まで奪う事にもなりかねん事態な気もした(笑)。 星君の虎の○での首も回避できたし、みんな幸せで幕を終えたのであった。 「一攫千金には程遠い私、おさななじみは、仲間とライバル、そしてファンの為に?いやいや、私の為にここに戻ってきたのです。そう夢ってのはそう簡単に叶っちゃいけないのです。でも神様、もう少ししたらまたチャンスを下さい。それまではちゃらちゃら頑張ります。だってそれが駄目駄目だけどやたら楽しい今の私のドージンワーク」 最後、何か感動したwwww 賛否両論あると思うけど、私はいい最終回であったと思います。 初期の頃のなじみは一攫千金を狙って描いていたようだけど、だんだんと同人誌の魅力が分かり、話が進むにつれてどっぷりはまっていく姿勢が良かったのではないかと思います。「同人作家」「プロ」としての違いをうまく、世間に伝えたのでは?とも思います。  正直、作画がちょっと・・・・・と思っていましたが、私自身、最終話放送休止の伝説を残した某作品を見た後に、この「ドージンワーク」を見たら何か許してしまっていました。あれは酷かった。 笑えるエロ?なんか表現変か?ヒロユキ先生の作品は何度見ても笑える。だから見てしまうのですかね〜。エロありでここまで笑わしてくれるのは先生の作品しか自分はないですから・・・・ キャラでは、露理がお気に入りだったのですが、前半の露理の活躍にはGJ。途中、かねるさんの出現で露理の影が薄くなったように見えたのが残念でした。本当にかねるさん、フリーダムだよ(笑)。 Bパートはあまり見れなかったけど、動画UPされてるのあったらまた見よう。  「ドウジンワーク」笑わせてもらいました。 スタッフ、声優の方、お疲れ様でした。   
[ 独り言の日記 ]   2007年09月22日 08:59

最終話。まぁどうなるかはわからん。ってかスクールデイズ放送休止が個人的に大きなイベントすぎてね・・・。【ご予約受付中】07年12月21日発売!DVDドージンワーク第4巻(初回版:ひみつCD付き:完)早速感想。最後の最後までAパートは紙作画、Bは神作画を維持。まさにこ...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2007年09月22日 09:43

 星の首となじみの商業誌デビューを賭けた、3日間で100部完売。  自分の本を買
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2007年09月22日 09:50

最高とまでは行かないまでも、綺麗に終わらせてくれました。 で、なんかこの作品、不当に評価が低いみたいで、まあ確かにアレなソレもありますが、最終話という事でちょーっと持ち上げさせてもらいます。 まず感想で何度も書いていますが、構成が実に上手い。 1話1..
[ バラックあにめ日記 ]   2007年09月22日 10:15

 正直よくまとめたと思います!  ついにプロへ道が見えてきたなじみですが、本来彼女はもっと暴走します!今回暴走したのは星君だけですが、原作では1000部売ることを決意するなじみ! まあ今回は100部というこ??
[ 荒野の出来事 ]   2007年09月22日 11:57

ドージンワーク最終章本編ではなじみは大量の同人誌を裁ききれるのか?そしてドージンワクワクはそもそも同人誌が売れるのか?その一部始終を見よっ
[ 自堕落学生日記 ]   2007年09月22日 18:08

ドージンワーク 第1巻【通常版】純一郎が兄と取り付けてきた「百冊完売をクリアすればプロデビュー」という条件を聞かされたなじみは、不安になりつつも、その経過を同人誌ショップに確認しに行くことに。喜ばしいことなのに、今ひとつ手放しで喜べないなじみは、仲間た....
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2007年09月23日 01:38

ドージンワークについての最近の情報です。
[ 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第三倉庫 アニメ・漫画作品 ]   2007年10月11日 05:18


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 07/09/21 授業開始雑記 07/09/22 Nice boat