2008年05月17日

第6話『図書隊ハ発砲セズ』

今回は、なかなかハラハラドキドキな話でした。

小牧予言書を守るために良化隊から逃げているようです。
ところで、予言書って本はすごいですね。
何年も前に、今のこの世界を書いていたなんて。
その本には、その時代の終わりについても書いてあったりするのでしょうか??

良化隊の奴が、街中にもかかわらず発砲しやがりました。
なんて、奴らだ。
良化隊とか言っときながら、一方的に悪いだけじゃないですか。
これはも怒りますよ。
けど、小牧はなんか楽しそうですね。

後で堂上の話を聞きましたが、ってホントそっくりですね。
さて、どうやらそんなのんきな話をしている暇はなくなってきたみたいです。

ついには小牧良化隊の奴らに捕まってしまいました。
捕まったわりに随分気楽なようですね。
まぁ、誰かのおかげで無事任務も完了したってことで良しとしますか。

柴崎も、一応のこと心配してたんですね。
ホント、いい人だわ。

けど、着信20件てのを見ると、こないだのこと思い出すなぁ〜・・・

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:24│コメント(0)トラックバック(32) 図書館戦争 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

『図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻』角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)発売日:2008-08-06amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)予約は上記アマゾンで26%引きだそうな!! しかも...
[ 空夢ノート ]   2008年05月17日 02:44

小牧と走っている女性 誰かわからなかった。郁だったんだね。 『予言書』を回収した
[ アニメ-スキ日記 ]   2008年05月17日 02:53

「図書隊ハ発砲セズ」最初のナレーションはアホな少女というのは変わっちゃいましたな。今回は良化隊が狙う「預言書」を回収する任務に郁と小牧教官が携わり、襲撃されてという話しですね。山梨からの帰り道で、日野の操車場で郁と小牧が隠れるという事で八王子インターで...
[ 地下室で手記 ]   2008年05月17日 03:11

状況〇六「図書隊ハ発砲セズ」良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、良化隊は市民を巻き込む可能性がある戦闘区域外で発砲を行った。郁は激怒するが、小牧はなぜか笑っている。小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせていた。郁の怒...
[ 日々“是”精進! ]   2008年05月17日 04:26

「図書館戦争」公式サイト今回も図書の回収。「予言書」とかいわれ、映画化もされたが、メディア良化委員会の検閲により、今は見ることができないとのこと。今までよりは世界観を描きつつあるようにも思えるものの、基本は軍事オタクの何者でもない今回のエピソード。既....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年05月17日 05:33

元号が正化に変わる頃、社会に悪影響を与える本を取り締まるため、メディア良化法が制定された。 そして、正化31年、その戦いに飛び込んだ、やたらと可愛くて、足の速い少女がいた。  やっだぁ、小牧教官んん??
[ 夢見る不惑☆星 ]   2008年05月17日 06:02

・預言書を守る任務本が狩られるのを予言している本何かすごいんだがすごくないんだか分かりにくい;図書隊が絡む前に奪取しちゃえばと思ってしまうのですが…図書隊をマークしているからコッチがうごいてから良化隊も動くのかな…・発砲権市街地とかだとメディア良化隊に...
[ シバウマランド ]   2008年05月17日 06:31

今回のナレは「熱くて足の速い少女」と郁を称した小牧(^^) 良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせる。堂上班誕生のエピソード、そして絶体絶命のピンチを切り抜ける小牧の作戦とは。...
[ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2008年05月17日 06:59

<b>状況〇六 図書隊ハ発砲セズ</b><font color=#847347>「その戦いに飛び込んだ やたらと熱くて 足の速い少女がいた」</font>by小牧アバンのナレーションって毎回替わるの〜?(゜ω゜)とりあえず いきなり石田Voiceで嬉しかったデス(^^ゞって、のっけから走ってる〜♪ これのことか〜(笑)“予言書”と呼ばれる貴重な本を受け取りに行った小牧と笠原帰路、良化隊の襲撃に遭い 本を持って逃げる2...
[ ぱるぷんて † の〜と ]   2008年05月17日 08:00

図書館戦争 第06話 「図書隊ハ発砲セズ」 感想です。郁と教官は山梨に「預言書」と呼ばれる重要書籍をとりにいくことに。翻訳SFであギ..
[ 続・たてまつやんの戦闘記 ]   2008年05月17日 08:37

#06『図書隊ハ発砲セズ』やたらと熱くて足の速い少女と、笑う正論小牧は最悪の事態となっていた。激しい検閲を受けて市場には
[ 沖磨純雲 -おきまもとん- ]   2008年05月17日 09:12

ヒロインを山猿呼ばわりするのは失礼だと思うけれど、やはり檻の中に閉じ込めずに郁を動かした方が面白いと思った「図書館戦争」第6話。山梨の古書店まで「預言書」を受領に向かう郁。小牧と組ませた事で、また違う視点で描き出してくれる。郁と堂上の相似点を炙り出すのに柴崎あたりの客観的なツッコミを使わずに、新人時代の堂上を知るクールなようでいてホットな小牧の見方はこんな事件でもなければ出せないだろう。こうやって堂上と郁の図書、児童書に対する情熱の類似点が書き足されていって徐々に外堀が埋まって行く、臆病...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年05月17日 09:45

 【郁】と【小牧】の逃走劇から物語は始まる。逃げる【郁】と【小牧】の激しい息遣いが聴こえた。追う者たちは、銃器を装備した良化特務機関。川原と橋での攻防、、、なんとかやり過ごす。はく息が白かった、、、そんな冬の季節。【郁】の俊足さを実感する【小牧】。その【小牧】に言われ基地に連絡をする、、、最悪の事態ですと・・・。とても永い夜になりそうなそんな感じがした。【小牧】と「山梨県」の古書店に、、、「予言書」と呼ばれる貴重な本。店主は沢山の人に読んで欲しいと、、、その想いを受け継いだ図書隊員なのだ。その本は「良化法」制定と共に激しい検閲を受け、市場には一冊もないかもしれないもの。アメリカの作家が書いたSF、、、本が狩られる世界、、、今のこの世界がそのままにあった。【郁】と【小牧】が乗る車両に近づく影が・・・【小牧】は高速を降りるように指示を出す、、、その勘は当たった。良化委員会のマーク。挟まれた、、、運転手をしていた2人の隊員がおとりになっている間に【郁】と【小牧】は降りるのだった。そこから始まっていた・・・。 【郁】の携帯からもれる光が見つかってしまう。この場を離れるしかない、、、ちょうど【玄田】が電話口に出た所なのに、、、路地に走る【郁】と【小牧】に良化隊員が警告をし撃った・・・【郁】が振り返ると【小牧】が足を撃たれていた。【郁】は本当に【堂上】に似ている、、、今撃ったのは誰っ!市街地での発砲に怒りをあらわにする【郁】は声を荒げた。ぶっ飛ばしてやるから前へ出なさいと・・・。今は、やり合う時ではないと【小牧】は大人の対応を見せる。【玄田】が受けた【郁】からの電話、、、【小牧】以外の隊員にも繋がらない。嫌な予感だった・・・。その頃【郁】と【小牧】は下水道に身を潜めていた。決してかすり傷とはいかない、、、血が止まらなかった。【郁】の「許せない」と、、、その言動と態度を見て、、、【小牧】は笑った。思い出し笑いをしていた・・・だが、この状況でも笑えるとは、、、さすがは「笑う正論」とは言ったものだ。そのやり取りの中で【郁】たちの耳に聴こえて来たのは、、、貨物列車の動く音。やっと基地への連絡ができた。【郁】と【小牧】は貨物列車内にいた。そして、救援を持っていた。【郁】は、報告の義務と【小牧】の負傷と良化隊の発砲を伝える。【小牧】は怪我の心配させたくない様子。【玄田】の命じにより日野へ
[ 現代視覚文化研究会「げんしけん」 ]   2008年05月17日 10:37

図書館戦争  お勧め度:お勧め  [ノイタミナ]  フジテレビ : 04/10 24:45〜  関西テレビ  東海テレビ  原作 : 有川浩  監督 : 浜名孝行  シリーズ構成 : 古怒田健志  キャラ原案 : 徒花スクモ  キャラデザ : 中村悟  アニメ制...
[ アニメって本当に面白いですね。 ]   2008年05月17日 11:26

図書館戦争「状況〇六 図書隊ハ発砲セズ」です。一つ一つのエピソードが薄いためか、原作とは若干印象が異なる「図書館戦争」です。やっぱり、テレビ放送は規制が厳しいのですかね。その話は本文感想で。ちなみに原作シリーズの感想はこの辺りです。今週は、小牧...
[ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2008年05月17日 11:34

図書館革命有川 浩価格最終巻!図書館シリーズ最終巻。やっと動き出した恋模様とメディア良化法へのドンパチ。いずれの巻もメディア良化法とはやりあっていたわけですが、今回は最終巻ということもあって…。郁と堂上の関係もベタ甘な展開を用意されていました。「こうなるか...
[ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2008年05月17日 11:35

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせる。堂上班誕生のエピソード、そして絶体絶命のピンチを切り抜ける小牧の作戦とは・・・。
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年05月17日 11:49

郁は小牧他2名と共に古書店で貴重な本を回収した帰りに良化隊に襲撃され、本は小牧と郁が抱えて逃げ、残りの2名は囮となったが直ぐに捕まり、郁と一緒に逃げる小牧は市街地であるにも関わらず、良化隊から発砲を受け、足に軽症を負った。この時、郁がキレましたね。道路に飛び出して「発砲したの誰? 前に出なさい、引っ叩いてやるから」なんて言っていたような(笑)。郁は状況を全く分っていねえーよな(笑)。
[ White wing ]   2008年05月17日 15:04

『やたらと熱くて足の速い少女がいた・・・』 小牧にとって郁ってのはそ~ゆ~イメージなワケやね(笑)。 堂上もイイオトコですが小牧もこれまたイイオトコだわ。
[ 風庫~カゼクラ~ ]   2008年05月17日 15:08

良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は
[ SUGO FACTORY別館 ]   2008年05月17日 16:32

一般層には大人気みたいですがどうもアニオタ層には評判がよろしくないようで(設定的な意味で。たしかにあれな部分もありますがそんな悪いの..
[ 天の光はすべて星 ]   2008年05月17日 17:04

#6「「図書隊ハ発砲セズ」この作品は、お話よってストーリーの落差が激しいだけど…今回郁が動くとおもしろいことに気づきました。郁は、どこまでも堂上にそっくりなんだね??。いや、今までもあったから「やっぱり」ってカンジなんだけどね。彼女は動き回っている姿の方が生き生きしてて、好きだなぁ。小牧さんは笑い上戸なんだけど、こういう非常時の時も落ち着きと笑えるだけの余裕があるのは、さすがですね。^^それと小牧さんが牽制するシーンも良かったです。でも今回のお話は...
[ Marble Chocolate ]   2008年05月17日 18:51

『良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせる。堂上班誕生のエヮ..
[ Spare Time ]   2008年05月17日 22:29

 まるで「メディア良化法」が制定された今の世界を描いたような本、 通称『予言書』を回収した郁と小牧だったが、良化隊に襲撃され 逃げるさ中、良化隊に発砲され負傷する小牧。 それを見て、撃った奴出てこいやぁ!とブチ切れる郁。 そんな郁に昔の堂上の姿を...
[ ミルクレモンティー ]   2008年05月17日 23:19

状況〇六図書館隊ハ発砲セズ絶体絶命を切り抜けろ!!
[ 心のプリズムNavi ]   2008年05月18日 01:50

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 最悪の事態発生。 その夜、郁と小牧教官は“予言書”と呼ばれる貴重な書籍を譲り受けに、山梨の古書店に行ったのでした。   譲り受けた“予言書”市場にはもう存在していない、大変、貴重な本。 内容は本が刈られる世界をモチーフにしたSF小説。 主人公は良化隊のような組織で本を焼く仕事をしているという。この事が60年も昔に書かれていた・・・・なので予言書と言われているらしい。 今回、山梨の古書店の店主が図書館に置いてもらい、みんなに読んでもらいたいという計らいで、この“予言書”は図書館に置かれる事になった。 郁達はこの本を無事に送り届けるために出張してきたのだった。  さて、郁達は良化隊の妨害から本を守ることができるのか?
[ 独り言の日記 ]   2008年05月18日 10:29

 両親の突然の訪問に戸惑った郁。ばれたら実家に連れ戻される危機を向かえた。仕事振りはまだまだだが、自分の目指した仕事に就き、意思の強さを父親の克弘が認め、無事続ける事が出来た。しかし今回郁の身に、危険が迫っていた。 夜の住宅地良化隊の追っ手から、必
[ アニメのストーリーと感想 ]   2008年05月18日 14:23

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 とある古書を預かり、図書館に帰宅する途中だった郁と幹久。 良化隊にその古書の存在を嗅ぎ付けられてしまい、2人は追いかけられる。 良化隊は市街地での発砲権限がないのに発砲し、幹久は傷を追ってしまった。 そのこ...
[ みるとるん ]   2008年05月18日 17:35

図書館戦争ですが、笠原と小牧は予言書を取りに行きます。これは近未来のSF小説ですが、焚書など現在の状況を予言している内容で良化隊に襲われます。良化隊は緩衝地帯の住宅地で威嚇射撃しますが、跳弾が小牧に当たって負傷すると笠原が猛抗議します。(以下に続きます)
[ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2008年05月19日 17:46

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊して本を守ることを決意したのだ。 やがて、卓越した運動能力と情熱が買われ、郁は、エリートによる精鋭部隊である“ライブラリー・タスクフォース(図書特殊部隊)”に配属されるのだが……。良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせる。堂上班誕生のエピソード、そして絶体絶命のピンチを切り抜ける小牧の作戦とは。
[ 混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜 ]   2008年05月20日 00:48

図書館戦争 状況〇六 「図書館隊ハ発砲セズ 」今回は郁と堂上の直接のぶつかり合いは無かったのですが、似たもの同士というのがさらに明ら??.
[ Mare Foecunditatis ]   2008年05月23日 03:05

 深夜の住宅街を逃げ回る郁&小牧と、2人を追いかける良化隊の面々。 追われている理由は、郁と小牧が回収した本にあったのです!!! いき...
[ シュージローのマイルーム2号店 ]   2008年06月29日 13:18


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/05/16 つかの間の休日To LOVEる 〜とらぶる〜 第7話