2008年05月31日

第8話『策動セシハ手塚慧』

いよいよ査問が始まりました。
それにしても、ズルイ聞き方してきますねぇ〜。
こんなことして、なかったことをあったことにしようだなんて。
こいつらの方が悪もんじゃないですか。

図書隊には、内部に2つの派閥があるのですか。
まぁ、よくあることですね。

が、査問でピンチですよ。
ここで堂上が登場!!
かっこいいですね。
フラグ立ったんじゃないですか?
と思ったら、余計なものまで全部録音されてたのね・・・

が、のところへ。
しかし、の話には乗りませんでしたね。
普段はバカだけど、こういうときはしっかりしているんだ。
また、いいところで堂上が助けにきたし。
この2人、お似合いなんじゃないですか??

あと、さり気なく手塚×柴崎の方も??

王子様が、堂上だったって、ネタバレされちゃいましたが、はどうするんでしょうね?

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:27│コメント(0)トラックバック(30) 図書館戦争 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

状況〇八「策動セシハ手塚慧」図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。図書隊の理念に対する裏切り行為の容疑を着せられたのだ。その陰謀の糸を裏で引く男は手塚慧。すなわち郁の同僚、手塚光の実兄だ。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む...
[ 日々“是”精進! ]   2008年05月31日 03:56

「図書館戦争」公式サイトまあ、すべては手塚慧の弟、光欲しさの策略というか、嫌がらせということで今回の一連の件については終焉というこでいいのでしょうかね。図書館が「行政派」と「原則派」に分かれていて、それとは別に「図書館未来企画」というものが存在すると....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年05月31日 05:08

 感情や情緒で結論を出したって、別にいいじゃないですかあ。  郁はずっとそうだもの。  山猿だって、ちゃんと筋は通しているよ。  …人間です。  図書隊の人達、
[ ゆかねカムパニー2 ]   2008年05月31日 06:10

#8「扇動セシハ手塚」今回は前回のお話の続き、郁の査問会から始まりましたが、全体的にはラブコメっぽいノリでしたね。査問会対策マニュアルを作ったので、郁に「100回書け!」とかには笑っちゃいました!(・´艸`・)まぁたしかに彼女は、その通りなんだけどね。(手塚兄に「フィーリングの人」と言われたし)今回手塚兄から郁のことを連れ戻す、堂上も良かったんだけど、個人的にはやっぱり柴崎がカッコよかったです??♪朝比奈さんとの関わりを完全に断ち切る柴崎は、かなりのオトコ前です...
[ Marble Chocolate ]   2008年05月31日 06:22

山猿が一匹!!(あはは)今回のナレは玄田。らしいたとえに、思わず郁が「うっき〜!!」とか言ってくれるかと期待したんだけどなぁ・・・(^^;) 図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧...
[ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2008年05月31日 07:23

図書館戦争 第08話 「策動セシハ手塚慧」の感想です。ついに郁への査問が始まる。図書隊は二つの派閥に分かれているらしい。稲峮..
[ 続・たてまつやんの戦闘記 ]   2008年05月31日 08:49

#08『策動セシハ手塚慧』山猿でもこれは確かにキツイですね。いや山猿だからこそキツイのか。対策ノートを使って万全の状態で臨むが、
[ 沖磨純雲 -おきまもとん- ]   2008年05月31日 09:14

図書館戦争 【初回限定生産版】 第三巻角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)第三巻には、テレビ未放映の『恋ノ障害』が収録されるそうな! ちなみに予約は26%引きw『何十年か後の自...
[ 空夢ノート ]   2008年05月31日 10:03

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧から郁を呼び出す電話が鳴ったとき、すべての事情を察した堂上が動いた──!
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年05月31日 11:23

図書館戦争の最新情報・動画・質問集・グッズなどについてまとめています。
[ ひつまぶしの種 最新注目キーワードの情報サーチ ]   2008年05月31日 12:16

「未来企画」を主催する手塚慧の策略が郁と図書隊を巻き込み始めて、いよいよ緊張感が漂う「図書館戦争」第8話。今回は絵コンテにヤマカンこと山本寛(やまもとゆたか)を迎えて期待されるが…何も含むところなく次々と手数を繰り出してくるコンテは悪くないけど、脚本がイマイチなので細かなエピソードを膨らませるまでに至らず。郁に対する査問会も、手塚慧の野望も、手塚兄弟の確執も、慧に転向を勧められた郁の葛藤も何でこんなにあっさりと片付けてしまうのだろうか。原則派と行政派の対立が出てきたから少しは硬派な展開を期待...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年05月31日 12:57

あたしの街、明日の街高橋瞳発売日:2008-06-04価格【10秒で分かる、今日の『としょかんせんそう』】絡め手キツイーじわじわくるわー真剣勝負レストラン編お助け仮面は撫でられない弱みを見せる者達ネタばれきましたういうい、んでは「図書館戦争」を見...
[ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2008年05月31日 15:21

【あらすじ】図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧か??.
[ Shooting Stars☆ ]   2008年05月31日 16:40

 資料集めという名目で、麻子に近づいて来た朝比奈。食事に誘い出し、武蔵野第一図書館において、本が不正に処分されている情報を流した。「もし事前にもみ消す事が出来たら、どうしますか?」麻子にマスコミが報道する前に、揉み消しが可能だと告げた。結局郁の不正に対す
[ アニメのストーリーと感想 ]   2008年05月31日 17:07

郁の査問が始まった。マニュアル通りに順調に受け答えをしていたのは始めの方だけで、答えれば答える程墓穴を掘りまくっていてノックアウト寸前の郁だったな。そこへ査問の時間が過ぎましたとドアを開けて入室する堂上。堂上を振り向く郁の目が潤んでいて、その姿は迷子になった小さい子供がお母さんの姿を見つけて安心したような姿にも似ていた。そんな郁に堂上は「辛くなったなったら、必ず俺に言え」と言葉をかけて、郁は今にも泣き出して堂上の胸にすがりそうな心境だったらしいね。
[ White wing ]   2008年05月31日 17:43

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 査問委員会に呼ばれた郁。 図書特殊部隊の原則派と対立する立場である、行政派に睨まれてしまう。 そんな時、郁は手塚慧から未来企画への勧誘を受けるが、きっぱりと断る。 堂上は辛い状況の中頑張った郁を労うのだっ....
[ みるとるん ]   2008年05月31日 17:46

図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画
[ SUGO FACTORY別館 ]   2008年05月31日 20:11

 査問委員会に呼び出され詰問される【郁】。【砂川】に名前を出されここにいる。一人座る【郁】の運命とは・・・。誘導され、、、行政派、、、【郁】には【堂上】たちの会話の内容についていけなかった。図書隊に存在する2つの派閥、、、【稲嶺】司令をはじめとする原則派と行政のコントロール化に置くべき行政派があると【堂上】は説明してくれた。査問など名ばかり、、、原則派に失点させる為に、、、司令の痛手にしたいのだ。その時だった、、、【手塚】は何かを感じた。【郁】には【堂上】と【小牧】が作ってくれたノートがある。査問対策集、、、頼りになる上官たちですね。身体で覚えるしかないと【堂上】。査問される中で、、、過去にも受けた隊員がいた事を知る。【郁】と同じだった、、、それって・・・。【砂川】に関する質問からはじまる。【郁】は対策集の通りに順調に答えて行くが・・・。特別に意識した事はありません、、、不正図書は2月18日、、、あの時だ。【郁】は顔に出てしまう・・・。【手塚】と一緒に運んだ荷物がそうだった・・・中身は知らないと、、、口論をしたと、、、図書館のあり方について意見の決裂だと、、、何を聴き出したいのだ。【手塚】は一緒にいたのに、、、まるでいなかったように・・・。【郁】は良い意味でバカ正直なのだ、、、徐々に頭の中が真っ白になって行く。このままでは、、、発言をすればするほどに・・・ヤバイ、、、これ以上はもう・・・。そこにノックの音がする。【堂上】でした、、、時間になったので業務にと、、、【郁】はその安心感で涙を浮べた。 【玄田】たちのもとへ帰って来た。【郁】のポケットには録音機材が入っていた、、、その内容を聴いていると【手塚】が声を荒げる。一緒にいたはずなのに、、、そこに浮んだ横顔・・・手塚 慧。録音は査問が終わった後も続いていた・・・今優しくしちゃいやです、、、【堂上】と【郁】のはずかしい会話が入っていた。【郁】の頭から湯気が出ていますよ・・・。その頃【柴崎】は【朝比奈】に会っていた。随分話が違うと、、、心当たりがないのか、、、【柴崎】が期待した答えは聴けなかったようだ。 夕方。【堂上】と【郁】が歩いている。さすがの【郁】も疲れた様子、、、憧れの王子様も【郁】の事で査問にあったと思うと・・・そんな事を口にしていた。「見計らい図書」をした事は【郁】も後悔をしていない。そいつも同じだと【堂
[ 現代視覚文化研究会「げんしけん」 ]   2008年05月31日 22:58

原作は『図書館革命』まで購入してるけど、まだ読んでませんでした。 おかげさまで今回意表を突かれましたよ・・・ そう来たか。
[ 風庫~カゼクラ~ ]   2008年06月01日 03:14

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  手塚の兄である手塚慧。 図書には検閲は不要と掲げる「未来企画」を主催する彼は、プロジェクト成功のためにどうしても手塚の力を欲していた。  だが、手塚は兄の思惑通りにはいかない。 そこで手塚兄はまず、手塚の周りの人間から攻略しようと動きだすのだった。  まず柴崎を狙うが失敗。 だが、次の手もちゃん用意されていた。 次に狙われたのは郁。  手塚兄の陰謀に巻き込まれてしまった郁は果たして、この危機を回避する事ができるのか?    
[ 独り言の日記 ]   2008年06月01日 12:00

         その戦いに飛び込んだ             ____山猿が一匹                                                     今週は、玄田隊長先週に引き続き、手塚の兄キの『未来企画』絡み。査...
[ 鳥飛兎走 ]   2008年06月01日 14:45

アバンが玄田隊長だったから活躍があると思ったが殆ど出番なし。残念・・・w。 いき
[ アニメ-スキ日記 ]   2008年06月01日 15:13

辛くなったら必ずオレに言えっ!!(`Д´#) ってことでなんだかいろんなフラグが立ったり、消滅したりな8話(笑) ちょっと書くのが面倒・・・いやいやいや・・・時間が無いんでテキトー 簡潔に( ̄口 ̄;)スマーン 郁、査問会に呼び出し! → 事前に問....
[ ミルクレモンティー ]   2008年06月01日 20:42

図書館戦争  お勧め度:お勧め  [ノイタミナ]  フジテレビ : 04/10 24:45〜  関西テレビ  東海テレビ  原作 : 有川浩  監督 : 浜名孝行  シリーズ構成 : 古怒田健志  キャラ原案 : 徒花スクモ  キャラデザ : 中村悟  アニメ制...
[ アニメって本当に面白いですね。 ]   2008年06月01日 23:57

手塚兄ちゃんの光Loveのために、そこまでやるかー!! と執念を感じた回。図書隊がが政治にも巻き込まれ、柴崎、郁までもが陰謀に巻き込まれ、骨太な作品になってきたと思ったら、手塚兄ちゃんのただの独断で、今回も引っかき回されたあげくにあっさり手を引かれ…たった2回で終了??
[ 海豹(あざらし)の隠れ家 ]   2008年06月02日 03:48

図書館戦争ですが、笠原は査問にかけられます。図書館内では原則派と行政派に別れていますが、笠原は一応対策マニュアルに沿って答えます。ただ、元来正直なので矛盾する部分が出て来て、その辺を問い詰められます。(以下に続きます)
[ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2008年06月02日 16:08

<b>状況〇八 策動セシハ手塚慧</b>「その戦いに飛び込んだ 山猿が1匹」by隊長あはは、とうとう人間じゃなくなった〜(*^▽^*)今回は・・ 驚き×たくさん、爆笑×2回 でしたぁ〜☆まず 前話で、砂川に手伝わされて運んだ荷物が 不正処分の本だった とは!確か、結構偉そうに頼んでたよね・・(ˇ〜ˇ;)で、この予想外の事実に 笠原も驚きを隠せなかったようで、査問対策集(ノート)で準備したことが吹っ飛んじゃったみたいだね〜(^...
[ ぱるぷんて † の〜と ]   2008年06月03日 01:14

図書隊には派閥争いがあるんですねー
[ 空色☆きゃんでぃ ]   2008年06月05日 03:35

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊して本を守ることを決意したのだ。 やがて、卓越した運動能力と情熱が買われ、郁は、エリートによる精鋭部隊である“ライブラリー・タスクフォース(図書特殊部隊)”に配属されるのだが……。 図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧から郁を呼び出す電話が鳴ったとき、すべての事情を察した堂上が動いた──!
[ 混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜 ]   2008年06月06日 00:10

 前話で、まさかの査問委員会へ出廷する事になってしまった郁。 もちろん、ダイレクトに挑んだらアウトなので、ドルアーガの塔のアニメか...
[ シュージローのマイルーム2号店 ]   2008年07月21日 15:56


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/05/30 ジーズと姫とCLANNADTo LOVEる −とらぶる− 第9話