2008年06月14日

第10話『里帰リ、勃発』

今回は、任務で茨城に行く話し。
の実家って、茨城だったんですね。
それは知りませんでした。

ところで、ここの館長は何考えてるんだ?
図書隊に入ってるくせに無抵抗の会って。

そのせいで、が酷い目にあってるじゃないですか。
それにしても酷い。
小学生レベルのイジメじゃないですか。
大人なんだから、もうちょっとマシなことしろよな。

けど、一人でそれに耐えてるは辛そうですね。
やっぱり、誰かに相談した方がいいですよ。
こういうときの堂上ですね。
良い教官です。

奴らの仕業で、郁の母親がやって来ました。
またこのモンスター母親か。
どう考えても、過保護すぎるだろ。
けど、父親と言う理解者がいて、よかったですね。
それにしても、ハゲって・・・
子供なんだから、怪我の一つや二つくらい当たり前なんじゃないですか?

が吹っ切れました。
どうやら、業務部の奴らの弱みを握ったようですね。
いや〜、コレは気持ちいいですね。
つーか、それだけで態度変わりすぎだろ。

まぁ、無事解決してよかったですね。

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:17│コメント(3)トラックバック(28) 図書館戦争 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

図書館戦争、第10話。今回のナレは郁ですか。全然読めなくて、堂上に怒られてますよwこう来るとは思いませんでしたw図書隊は茨城に行くみたいですね。ただ、郁の実家が半径5km以内にあるようでかなり焦ってますwバスの中の手塚に柴崎から電話がかかって来
[ 二度あることは三度ある!? ]   2008年06月14日 02:38

図書館戦争 #10の視聴感想です。 偶然の帰郷。 ローカルルール。 嫌がらせ。 雨降って地固まる。 オトナのケンカを見せてあげる♪ ↑さぁポチッとな
[ 此方彼方其方-コナタカナタソナタ- ]   2008年06月14日 02:38

状況一〇「里帰リ、勃発」メディア良化法を糾弾する美術作品が郁の故郷、茨城の県展で公開されることになった。その警備に、郁は両親のいる故郷・茨城へ。茨城図書館は検閲への無抵抗を謳い、タスクフォースへの協力を拒む。さらに女子館員の陰湿な嫌がらせを受ける郁だが...
[ 日々“是”精進! ]   2008年06月14日 03:11

今回は多くを語らずこのシーンで満足です[E:heart01] 「ちょっとだけいつ
[ アニメ-スキ日記 ]   2008年06月14日 04:25

・手塚と柴崎わざわざ手塚に連絡笠原ではなく…何かいい感じですね。。この二人は…・茨城なめんなよ防衛部の立場がめちゃくちゃ低い茨城これっていじめですよね?ゴミ攻撃服水浸し閉じ込め母親に仕事をチクるetcとあらゆるテクニックのオンパレードでも何故茨城なんでし...
[ シバウマランド ]   2008年06月14日 06:36

図書館戦争第10話「里帰リ、勃発」。今週は郁の出番。なのに噛みすぎw「座学」云々の前に漢字の問題だろう・・・今回は茨城県展の警備の話。実家が近いので焦る郁。柴崎は「報酬がまだなんだけど」と手塚に電話。それは「無事に帰って来い」の裏返し。今回出番ここだけだけど、柴崎はやっぱり良い。茨城図書館は館長・菅原の王国と化していた。菅原の嫌なイメージはぴったりだ。一方の野々宮は何か違う。個人的には黒髪ショートで、めがね無しの弱弱しい感じのキャラなんだが。着いて早々、業務部からあからさまな嫌がらせを受ける郁。わざとらしいってレベルじゃないぞ(汗。ここでは何もかも業務部員が優先されていた。人数的にも下手にたてつけないのが現状。「こんなに酷いのは今だけ」と耐え続ける野々宮たち。防衛部員の実力は何とか今の笠原レベル。笠原形無しではw閉じ込められたり、嫌がらせの手紙を受け取ったり、挙句の果てには干していた制服に水をかけられる郁。しかし業務部の嫌がらせのレベルが低い。こんな低俗なことをして楽しいか?コインランドリーで堂上に状況を話す郁。多数派だったらするかもしれない・・・と思う郁に「お前はしない」と断言する堂上。「いつもの」ということで、頭をなで、抱き寄せる堂上・・・今回のニヤニヤはここだけです。そんな折、母登場。開幕即効のビンタ炸裂。それに対し、郁も「理想の娘を連れてくれば!」とビンタ一発。堂上からのアドバイスで、父も呼び、正面からぶつかることに。やはり全てを知っていた父。「認めてやろう」という父に「また死なせるつもり」と母。郁が幼い頃、近くにあった小さな崖?から落ちてしまい、はげが出来てしまったとの事。以後、父は母に頭があまり上がらず、母は郁をより大事にするように。ここら辺の台詞、本当は郁の兄貴が言うはずなのだが・・・出番ないなこりゃ。好きになって欲しかったのは両者同じ。正面からぶつかって吹っ切れた郁は、業務部にも堂々と警告宣言。「自由に使って良いから」と業務部が言うが、「謝ってるつもりか!」と郁。が、業務部に応じたのは野々宮たちだった。何だかいきなり態度がでかくなっているような。多分成長と見るべきなんだろう。虎の威を狩る狐にも見えなくも無いが。館長の悪行もばれ、果たしてどうなる・・・?・・・はて。あと2話だよな。来週で茨城攻防と最終巻
[ ひびレビ ]   2008年06月14日 06:36

「激化の・・・いちず(一途)・・・教官、これってなんて読むんですか?」上手い!!今回は郁のナレでスタートですかっ!!(>▽<)これは本当井上さんの演技の勝利だわ♪めちゃ棒読み、本読みなところが現れてて、郁ならこうだよね〜♪って思わせてもらったところに拍...
[ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2008年06月14日 06:59

「里帰り、勃発」今回は、座学をしっかりやってこなかった、郁のたどたどしいナレーションではじまりでしたね(笑)良化法を糾弾する美術品の警備のために、茨城へ。茨城は郁の故郷ですから、当然のように両親との事がありますね。茨城図書館は、ガチガチの無抵抗主義。警...
[ 地下室で手記 ]   2008年06月14日 07:48

【あらすじ】良化法を糾弾する美術作品が公開される。その警備に、郁は両親のいる故郷・茨城へ。茨城図書館は検閲への無抵抗を謳??.
[ Shooting Stars☆ ]   2008年06月14日 08:00

「図書館戦争」公式サイト笠原の後頭部中央やや下に「ハゲ」があったというのは笑えますね。できれば、真実を両親に聞かされた以降も、ずっとハゲを気にしながら怒鳴ったりしていてくれると尚も良かったのですが…残念です。実際に、今もハゲが残っていようと無くなっ....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年06月14日 08:34

図書館戦争 オリジナル・サウンドトラックTVサントラ発売日:2008-06-25価格とあるサイトに曲目が掲載されていたので、参考までにどうぞ☆私は原作から図書館戦争を知ったので、アニメ化にあたり原作の世界観が壊れないか心配でしたが、アニメスタッフの皆様はとても丁寧に作....
[ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2008年06月14日 09:26

#10『里帰リ、勃発』郁の冒頭www 本当にアホウなようです。さてメディア良化法を
[ 沖磨純雲 -おきまもとん- ]   2008年06月14日 09:39

図書館戦争「状況一〇 里帰リ、勃発」です。さていよいよ茨城県展の話がやって来ました。残りあと三話ってところですか。ここから、「図書館危機」の最後までを二話でやるって、「革命」からその後を少し拾うのかな?どちらにしても、またまたなぞるだけになって...
[ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2008年06月14日 13:13

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻良化法を糾弾する美術作品が公開される。その警備に、郁は両親のいる故郷・茨城へ。茨城図書館は検閲への無抵抗を謳い、タスクフォースへの協力を拒む。さらに女子館員の陰湿な嫌がらせを受ける郁──どうなる、茨城県展!?
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年06月14日 14:44

意図せぬ里帰りに、郁が今までひた隠しに隠してきた図書隊の仕事の内容が親バレしてしまう「図書館戦争」第10話。派遣先の寄宿舎での女同士の嫌がらせエピソードはF1層向けのサービスだが、想定視聴者層でない者はそれを乗り越えれば次回の攻防戦へのつなぎ回だと思って辛抱するのが良い。私の場合はこの構成を非難しているのではなく「オレの求めるものとは違う」と思いつつ、見どころを探している。図書館員の寄宿舎での業務課員の優位と図書隊員の肩身の狭さ、郁に対する業務課員の陰湿なイジメのシーンは退屈なのだが、県展を...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年06月14日 14:58

郁の故郷、茨城県の茨城図書館で良化法を糾弾する美術作品が公開され事になり、タスクフォースは、その警備を担う事になった。
[ White wing ]   2008年06月14日 17:41

 憧れの王子様の正体を思わぬ形で、堂上であると知った郁。そんな時迫る昇進試験。堂上が筆記試験が苦手な郁に、対策ノートを作成した。しかし王子様の事を意識してしまい、ぎこちない態度を取り、ついには心配した堂上を投げ飛ばしてしまった。  そんな仕打ちに
[ アニメのストーリーと感想 ]   2008年06月14日 18:19

図書館戦争 第10話 「里帰り、勃発」 見ました。図書隊への集団での嫌がらせ。陰湿過ぎます。怖いよ。女子が集団で嫌がらせすギ..
[ れ〜な♪の日記 ]   2008年06月14日 19:54

図書館戦争  お勧め度:お勧め  [ノイタミナ]  フジテレビ : 04/10 24:45〜  関西テレビ  東海テレビ  原作 : 有川浩  監督 : 浜名孝行  シリーズ構成 : 古怒田健志  キャラ原案 : 徒花スクモ  キャラデザ : 中村悟  アニメ制...
[ アニメって本当に面白いですね。 ]   2008年06月14日 20:06

状況十一 里帰り、勃発 茨城痛ぇ(ノД`)
[ 心のプリズムNavi ]   2008年06月14日 21:30

遅ればせに「図書館戦争」第10話感想です。 今週は終電まで残業続きで、今日もまだ疲れが取れない・・・ トシですかいのぅ。
[ 風庫~カゼクラ~ ]   2008年06月14日 22:01

図書館戦争ですが、笠原たちは茨城に派遣されます。茨城では無抵抗主義などローカルルールもあります。柴崎は手塚に報酬を要求しますが、真意は「無事に帰って来い」ということです。(以下に続きます)
[ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2008年06月14日 22:41

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 茨城に県典の警備のため、図書特殊部隊が配属される。 しかし、茨城は「無抵抗」を掲げる異常なシステムだった。 防衛部員は業務部員よりも冷遇されており、郁も業務部員からイジメを受けてしまう。 業務部員は郁の母....
[ みるとるん ]   2008年06月14日 23:38

状況一〇「里帰り、勃発」
[ 許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello. ]   2008年06月15日 09:19

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊して本を守ることを決意したのだ。 やがて、卓越した運動能力と情熱が買われ、郁は、エリートによる精鋭部隊である“ライブラリー・タスクフォース(図書特殊部隊)”に配属されるのだが……。良化法を糾弾する美術作品が公開される。その警備に、郁は両親のいる故郷・茨城へ。茨城図書館は検閲への無抵抗を謳い、タスクフォースへの協力を拒む。さらに女子館員の陰湿な嫌がらせを受ける郁──どうなる、茨城県展!?
[ 混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜 ]   2008年06月16日 01:08

 激化のいちず・・?    ___教官これなんて読むんですか?                                                                          今週は、郁〜いちずと読めなくもない・・。手...
[ 鳥飛兎走 ]   2008年06月16日 08:55

<b>状況一〇 里帰リ、勃発</b><font color=#FF6666>「激化のいち ず・・ 教官、これ 何て読むんですか?」</font>下手に読む井上麻里奈さん、上手い!(⌒▽⌒)「茨城の図書隊って 数年前から様子がおかしいみたい」おかしい なんてもんじゃなかったね・・ アレは・・( ̄へ ̄;;)“無抵抗の会”や須賀原館長の暴力に暴力で対抗することが事態を悪化させている って主張は、まぁ理解できるけど、...
[ ぱるぷんて † の〜と ]   2008年06月17日 01:33

【7月24日完成っす(T_T)】 激化の……いち…ず(一途)………?? 教官、これってなんて読むんですか!? 普通、アニメを視聴してる中で「やら??.
[ シュージローのマイルーム2号店 ]   2008年07月25日 18:20


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのコメント


こりゃ、他館の関係者のしていることはやっぱり虐めですね。
バック・トゥー・ザ・フューチャーでも
”G・マクフライ”も学校で背中に
「僕を蹴ってくれ!」と文章を張られ、
他の男子生徒たちからキックをもらい放題と
似ていますね。
・まだしも許せる
 ボソボソ悪口を言う
・許せない
 持ち物を手荒に扱う
 制服を汚す
 倉庫などに幽閉する
 手紙で「水戸に去ね!ハゲゴリラ
 (幼少期の事故の傷のことを知っていて・・・、
  しかも動物なんて・・・、)
 パープリンカボチャ」と手紙を書く。
 おまけに、「鏡に映したら、鏡を粉々にするブス」まで
 書かれたら大ダメージですね。
 こりゃ、トップをねらえ!の女の子と同じ目に遭っていますね。
郁もいつか敵と同じ手段で仕返しできればいいのですのにね。
また、最悪の場合郁は、「この世に生きてても・・・、
悲しいだけだ。」と人生に悲観して
屋上から飛び降り自殺にも発展ですね。
1. Posted by 鳴海みぐジュニア   2008年06月18日 11:30


>鳴海みぐジュニアさん
私は、同じ手段での仕返しでは相手の奴らと同レベルなので、よくないと思いますよ。
まぁ、今回の話では、郁らしい解決をしてくれましたが。
堂上がいなかったら、本当に自殺してたかも・・・?
2. Posted by かつカツ   2008年06月19日 01:54


郁の発言時に
ベートーヴェン作曲「歓喜の歌」が似合うでしょうか?
3. Posted by 鳴海みぐジュニア   2008年06月19日 22:16

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/06/13 13日の金曜To LOVEる −とらぶる− 第11話