2008年06月28日

第12話『図書館ハ誰ガタメニ』

図書館戦争、ついに最終回です。

玄田は意識不明、堂上はショックで、自分を見失っているようです。
まぁ、とりあえずは、2人とも死ななくてよかったです。

なにやら、マスコミが変な報道をしているようですね。
確かに、テレビに出てるコメンテーターは、状況をちゃんと把握できてないのに、適当なコメントするんですよねぇ〜。
そして報道は、片方があたかも悪者かのように作り上げるし。
まぁ、その報道を鵜呑みにするほうも、どうかと思うんですけどねぇ〜。

のところにも、うっとうしいマスコミの奴がやってきました。
って、無理矢理インタビューしようとして、大事な本を踏むとは。
しかも、なんの謝罪もなしですか。
コレはキレるところですよ。
しかし、も成長しましたね。
キレるどころか、言いたいことをバシっと言ってきましたよ。
コレは聞いていて気持ちよかったなぁ〜。

のインタビューを見た人から、支持する人が出てきたようですね。
マスコミに流されない人もちゃんといたんですね。
コレはちょっと感動です。

そして、堂上が回復しました!!
最後のEDを見たところ、堂上はくっついたのかな??
出来れば、柴崎×手塚のその後も見てみたかったなぁ。

まぁ、そんな感じで、最終回が終わりました。
個人的には、今期では1番よかったかな。

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:34│コメント(0)トラックバック(32) 図書館戦争 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

図書館戦争 #12の視聴感想です。 必ず戻る。 辞任の理由。 偏見報道。 苦難の中の力。 応援してくれる人たちがいる! ↑さぁポチッとな
[ 此方彼方其方-コナタカナタソナタ- ]   2008年06月28日 02:56

「図書館戦争」公式サイト笠原の成長、堂上と関係進展ということで締められてはいますが、結局、何処にも着地できなかった…というのが本作の印象。すべてが中途半端といった感じがぬぐえず、残念に思います。確か、数年前、「メディア良化法」を連呼する知人から前説....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年06月28日 03:25

状況一二「図書館ハ誰ガタメニ」(終)茨城の戦闘で隊員に多数の犠牲者を出したタスクフォース。部隊のあり方について民衆から非難される中、関東図書基地司令の稲嶺はある決意を固める。周囲が非難への対応に追われる中、カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。...
[ 日々“是”精進! ]   2008年06月28日 04:38

・堂上と玄田堂上は前回のことで記憶喪失みたいなのになっちゃいました外傷などはないようですね。。ありえなーい玄田は奇跡的に一命を取り留めたようです気合ですか?2階級特進…ナイスジョークではなく置き土産みたいです・マスコミ自己責任論…ここでも出ました一般に...
[ シバウマランド ]   2008年06月28日 07:16

私が感想を書いてる作品としては、今期一番に最終回を迎えたこの作品。最後は盛り上げてくれて、面白いところで続きになってましたので気になってました!! 死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂...
[ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2008年06月28日 07:19

「図書館ハ誰ガタメニ」前回、茨城での死闘の末に、玄田隊長と堂上教官は入院。堂上教官は、外傷は大した事はないが、ショックで全く何も反応できない状況に。図書隊が命を削って戦った結果、世論は良化隊寄りの偏向報道になり、逆風状態でマスメディアは必死になって図書...
[ 地下室で手記 ]   2008年06月28日 07:25

前回で倒れた、堂上、玄田がどうなったのか、また、笠原と堂上の恋の行方、ついでに柴崎と手塚の恋の行方が気になった最終回。個人的には柴崎の恋の行方が一番の注目点でしたが・・・・・
[ 赤い彗星3号館 ]   2008年06月28日 07:41

#12『図書館ハ誰ガタメニ』 堂上教官は外傷は特にないけど、 ショック状態による一時的なものだが、 人の顔や話している内容の認識、 自発的な行動ができなくなってしまった。 良化隊に死傷者が出たことで 世間では図書隊に対する反発の声が
[ 沖磨純雲 -おきまもとん- ]   2008年06月28日 07:56

図書館戦争「状況一二 図書館ハ誰ガタメニ」です。いよいよ図書館戦争も最終回です。今まで色々貶してきましたが、終わるとなるとちょっと寂しい気もします。まぁ、先週の終わり方からすると、看病を通じて郁と堂上の二人の関係が進んで終わりそうな気もしますが...
[ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2008年06月28日 08:51

                                                                                                                              ...
[ 鳥飛兎走 ]   2008年06月28日 09:40

#12「図書館ハ誰ガタメニ」最終回の感想です。
[ Marble Chocolate ]   2008年06月28日 09:54

最高の最終回だったと思う 図書館戦争第12話。 ↑1日1票お願いいたします↑
[ Shooting Stars☆ ]   2008年06月28日 10:20

そして、正化31年、千の言葉を用いても表現できないほどの大バカ野郎が一人、その戦いに飛び込んだ。 おい、なんで、お前がナレーションをやっている? ナレーションがないと、まるで、ハルカ姉さまのいないみな
[ 夢見る不惑☆星 ]   2008年06月28日 10:31

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分にできること、愛するものを守りぬくこと……。郁たちが見つけた答えとは?
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年06月28日 12:10

図書館戦争、最終話。堂上は外傷も脳に損傷もないようですが、精神的にショック状態になってるようですね。玄田も一命は取り留めたものの意識不明のようです。テレビのニュースでは図書隊批判が繰り広げられてますね。メディア良化隊とベッタリの局のようですが、図書
[ 二度あることは三度ある!? ]   2008年06月28日 14:12

図書館戦争 最終回です。 堂上は生きていた!!! とりあえずよかったが、事故のシ
[ アニメ-スキ日記 ]   2008年06月28日 15:27

  茨城で開催される県展の最優秀作品「自由」を検閲する為、良化隊が集結した。対する玄田率いる関東図書隊は、精鋭のタスクフォースを中心に、地元茨城第一図書館の防衛部員が対抗する。手塚の兄慧の情報を受け、検閲は県展初日開始前の1回のみだと知り、自由を美術館
[ アニメのストーリーと感想 ]   2008年06月28日 15:47

状況一二 図書館ハ誰ガタメニ ”かみつれ”すべてはここから始まった
[ 心のプリズムNavi ]   2008年06月28日 16:11

 茨城県展での死闘。展示作品『自由』を巡る攻防戦・・・その犠牲は大きかった。武蔵境総合病院。ここに【堂上】と【玄田】が入院している。特に【堂上】の病状は、、、外傷はなかったが、、、失認、、、推考機能障害、、、こちらの話している事がわからない・・・その自発さも失っていた。医師も一時的なものだと言っても・・・。自然と前に、、、【堂上】のもとへ足がむかってしまう。教官・・・。こんなに呼びかけているのに聴こえないの、、、【郁】は両手で顔を覆って泣き崩れた。あまりにも見ているのがつらかった・・・。【玄田】も意識が戻らずにいた。このまま2人が、、、そんな【手塚】に【郁】が声をかける。影に隠れて表情は見えないが、、、大丈夫よと、、、無茶をする人だからと、、、快復に時間がかかると、、、【郁】は泣き虫であるが、、、強い女の子だね。信じているから、、、大好きな人を・・・。 武蔵野第一図書館。マスコミが集まっている・・・。流れるテレビからは図書隊の非難ばかりだった。確かに、、、メディア良化隊にも死傷者が出てはいるが、、、それは、、、真実ではない。検閲は国が決めたルール、、、検閲への抵抗をしなかったら、、、【郁】は映像に映る有識者たちに憤りを口にしていた。法律に逆らって好きな事をやっていると・・・自己責任だと・・・何を言っているんだ・・・。 司令室。【稲嶺】は【玄田】と【堂上】の病状を気にしている様子。そばには【柴崎】の姿が見える。【玄田】を「一等図書監」のするようだ・・・。【柴崎】に期待してますよと・・・。図書隊史上初の女性司令の事、、、【稲嶺】の耳にも入っている。その志を貫いて欲しいと・・・。【稲嶺】は何かを決意していた。 【郁】はグランドを走っていた・・・。図書隊って何だろう、、、その立場って何だろう、、、検閲に従えば良いのか、、、解散すれば良いのか、、、いや、、、違う。【郁】は【堂上】の病室を訪れる、、、窓からの風は気持ちよいはずなのに・・・感じられない。夜、、、柔道着を着て受け身をしている【郁】の姿がある。そこに【柴崎】がやって来た。決して、、、願掛けをしている訳ではなかった。【堂上】が帰って来た時に、、、少しでも成長した姿を見せたいから、、、乙女な【郁】なのです。心配しているのは【郁】だけではない、、、【小牧】が業務中に呼び止める。紙袋を持っていた、、、【堂上】の愛読書ら
[ 現代視覚文化研究会「げんしけん」 ]   2008年06月28日 19:29

『死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分...
[ Spare Time ]   2008年06月28日 19:55

茨城県展での攻防に関してのテレビ等の報道では図書隊に対して批判的で、玄田と堂上の意識は戻らず、重苦しい雰囲気でしたね。
[ White wing ]   2008年06月28日 20:42

図書館戦争 状況一二 「図書館ハ誰ガタメニ」最終回?火の海から救出された王子さまは・・・お姫さまのキスで目覚めた!!(嘘)...
[ Mare Foecunditatis ]   2008年06月28日 20:50

最終回を迎えた図書館戦争。最後の感想を書かせてもらいます。玄田さんに堂上生きてた!wwwwしかし、堂上はショックで記憶喪失犮..
[ 天の光はすべて星 ]   2008年06月28日 20:55

図書館戦争 【初回限定生産版】 第五巻角川エンタテインメント発売日:2008-12-03amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●状況一二『図書館ハ誰ガタメニ』県展の警備で良化隊に死傷者が出たことで、検閲に対抗する図書館への批判が噴出。 図書隊も玄田と堂上が重症を負ったこ...
[ 空夢ノート ]   2008年06月29日 01:33

図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」評価:──ありがとう脚本古怒田健志絵コンテ浜...
[ いーじすの前途洋洋。 ]   2008年06月29日 02:22

図書館の自由を巡る戦いとヒロインと王子様のラブコメの間で、最終回にはバランス良く着地したと思う「図書館戦争」第12話は水戸図書館の県展の攻防戦の後を描く。失認状態状態で入院中の堂上には郁、銃傷を負い意識不明で入院中の玄田には世相社の折口が付き添う。負傷者たちを心配する図書隊員には腹立たしいマスコミの偏向報道と執拗な取材記者のつきまとい。堂上の入院先で見つけられた郁が本を踏まれて一瞬感情的になるものの、堂上の言葉を思い出し冷静にアジテーション気味にカメラに向かう様は最終話のハイライト。やや...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年06月29日 15:02

玄田隊長と堂上教官が無事で良かったですね。
[ KTN:神奈川辺境交通 ]   2008年06月30日 23:14

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊して本を守ることを決意したのだ。 やがて、卓越した運動能力と情熱が買われ、郁は、エリートによる精鋭部隊である“ライブラリー・タスクフォース(図書特殊部隊)”に配属されるのだが……。死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分にできること、愛するものを守りぬくこと……。郁たちが見つけた答えとは?
[ 混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜 ]   2008年07月01日 01:22

= 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 ={{{遅くなりましたが図書館戦争最終話です。この作品も1クールだったんだね、あっという間でした。世界観が面白いだけに、2クール作ってほしかったです。手塚の兄貴との戦いもケリ付いてないし、これは2期を期待しましょう。図書隊と良化隊の戦いに関するメディア・世論の動きはかなりリアルでしたね、本当にああいう風になりそうです。今も昔も、メディア(TV・新聞・雑誌・ネット)は社会や人の考え・見方に大きな影響を及ぼしま...
[ MEGASSA!! ]   2008年07月01日 02:20

あらすじは公式HPから。死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分にできること、愛するものを守りぬくこと……。郁たちが見つけた答えとは?何と言うか・・・。先ず良かったと...
[ よろず屋の猫 ]   2008年07月02日 07:26

<b>状況一二 図書館ハ誰ガタメニ</b>気になる堂上の容体は・・ 失認 と 遂行機能障害親しい者にとっては ちょっぴりツライね・・でも、良化隊に犠牲者が出たことで 図書隊への批判も高まって、気を落としてる場合じゃないよう・・<font color=#FF6666>「教官が復帰した時、少しも変わってなかったら 会わせる顔ないから・・」</font>「相変わらず、乙女全開ね」それでこそ笠原郁!(笑) 頼もしい乙女だぁ〜...
[ ぱるぷんて † の〜と ]   2008年07月02日 10:21

ちょっとびっくり・・・堂上さん、無事だって信じてたけどまさか失認って。あ、玄田さんはだいじょぶだって思ってましたー。例え防弾チョッ...
[ コママコ日和 ]   2008年07月03日 20:53


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/06/27 ゲームボーイアドバンスTo LOVEる −とらぶる− 第13話