2016年03月12日

紅殻のパンドラ 第10話『恐怖 −フィアー−』

今回は・・・クラリンの置き手紙がややこしすぎる。
「かかわるな」って言われたら、そりゃ嫌われたと思うだろ。
せめて、「まってて」とかにしたらよかったのに。
そんな不器用なところがクラリンらしいですけど。

なんかクラリンが苦戦してます。
てか、死んだ?
いや、そう簡単に死ぬとは思えないけど・・・

結局福音クラリンのところに行くのね。
ブエルがいらんこと言うから。
まぁ、それでクラリンを助けられるのなら、結果オーライですけど。



Posted by かつカツ at 03:33│コメント(0)トラックバック(5) 紅殻のパンドラ 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

ネネはテクニシャン! ブエルの影響で青少年のアレが危ない。 とはいえ今回ばかりは彼に感謝すべき展開か。 以下ネタバレあり
[ こう観やがってます ]   2016年03月12日 11:59

『恐怖 −フィアー−』 本文の続きとトラックバックの送信先は本家へ
[ ぐ〜たらにっき by gooブログ ]   2016年03月12日 13:00

第10話 恐怖-フィアー- クラリオンはアンドロイドのフィアーと対峙していた。目覚めた福音はクラリオンを探すがメッセージが気になる。拓美に尋ねるが出かけてもらったとだけ告げられる。クラリオンを怒らせたのかもしれないと悩む。 ウザルはブエルの暴走に備えて警告をCDF
[ ぬる〜くまったりと ]   2016年03月12日 13:12

紅殻のパンドラ 第10話『恐怖 -フィアー-』 感想(画像付) アンドロイドのフィアーの前に、クラりん死す!!? 関わるなと言われたけど、クラりんが好きだから助けに向かう福音ちゃん。 ウザルのメッセージを聞き、ついにロバートさんも立ち上がる! ブエルを巡る
[ 空 と 夏 の 間 ... ]   2016年03月12日 15:17

ブエルの暴走を止めるためにジオフロントへと向かったクラリオン。 米帝軍を圧倒し無事に潜入を果たしたものの、アンドロイド『フィアー』の攻撃により大型多脚戦車シノカオミとゲルツェコマ部隊は大破。 クラリオンは単独でフィアーと対峙する事となる。 熱光
[ アニメ色の株主優待 ]   2016年03月13日 00:28


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 16/03/11(金) 5年雑記 16/03/12(土) チャレンジ