2017年04月18日

ゼロから始める魔法の書 第2話『魔女狩り』

ゼロから始める魔法の書 第2話『魔女狩り』

今回は・・・傭兵がおじさんと言われて落ち込んでました。
獣の顔してるから、年齢がわかりにくいんですよね。
落ち込んでるってことは、まだ若いんでしょうね。

アルバスが仲間になりました。
なにやら勝手に仲間だと思ったようですね。
まぁ、その方が都合が良いです。

村の人が人間不信過ぎます。
指輪を拾っただけなのに、盗人扱いって。
さらに魔女とわかった途端問答無用で魔女狩りですか。

きっとこの人達には何を言っても無駄なんだろうな。
魔女と人間が仲良くするのは難しそうですね。



Posted by かつカツ at 03:02│コメント(0)トラックバック(6) その他のアニメ感想 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

『魔女狩り』
[ ぐ〜たらにっき ]   2017年04月18日 12:35

第2話 魔女狩り 獣落ちの首を狙っていた魔法使いの少年はアルバスと名乗る。ゼロの魔術師団で魔法を習った少年に魔導書を書いたのは 自分だと告げて笑う。それでゼロを信用する少年。13番に盗まれた魔導書を取り返すので味方とは言い難いが 嘘は言っていない。少年が勝手
[ ぬる〜くまったりと ]   2017年04月18日 13:43

【魔女狩り】 ゼロから始める魔法の書 (電撃文庫)著者:虎走 かけるKADOKAWA/アスキー・メディアワークス(2014-02-08)販売元:Amazon.co.jp ぺったんこかな?ォィォィw 
[ 桜詩〜SAKURAUTA〜 ]   2017年04月18日 22:35

ゼロから始める魔法の書 第1話 「魔女狩り」です。「ゼロから始める魔法の書」は、ファンタジー小説のラノベが原作のアニメで、ちょっと設定が面白そうかなという感じで見始めま ...
[ 藍麦のブログ新館 ]   2017年04月18日 23:22

「我輩は嬉しいのだ、傭兵。こうして君と話すことが、どうしようもなく楽しい」 「もし君に、我輩以外に質問できる相手ができてしまったら、我輩はきっと、酷く寂しい」 (他のやり取りがイマイチなせいか、)ゼロの台詞がとても印象的だった。この時に傭兵と話してた
[ 悠遊自適 ]   2017年04月19日 18:17

評価 ★★☆ 仙台舐めんなファンタジー!           
[ パンがなければイナゴを食べればいいじゃない ]   2017年04月23日 22:18

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔