ブログネタ
野球 に参加中!
ガッツ・中日時代

今年のプロ野球、多くの名選手・大選手が続々と引退を表明しています。
中日・谷繁、和田、朝倉、
オリックス・谷、平野、
西武・森本、西口
楽天・斎藤隆
横浜・高橋尚…。

文字通り一つの時代が終わろうとしています。
そんな中、一人、思い入れの強い選手も今年で引退します。

ガッツの最終打席(レフトライナー)

小笠原道大。日ハム・巨人・中日と3球団で活躍、多くの後輩選手にも
影響を与えた男。

フルスイング、侍…いろいろな形容詞がつけられる個性。
何か「極めた男」を感じさせるところがありました。
今日の中日vs巨人が引退試合となりました。
3打数1安打(ショート内野安打)で最後の試合を終えました。
試合終了後は両チーム選手合わせての胴上げ・異例のインタビューもありました。

人気ブログランキング

何故ガッツに思い入れがあるのかというと…。

小笠原選手のサイン

巨人時代の2008年のファンフェスタで直接小笠原選手から直筆のサインをいただき、
握手もしていただきました。

やはり直接触れ合ってしまったらこうなってしまいます(笑)

さて、ガッツの野球人生を。

ガッツ・日ハム時代

まずファイターズに入団しました。現在は札幌でゆるぎない人気球団でしたが
東京ドーム時代、札幌移転当初は苦労していましたがガッツの成績向上とともに
人気も上がり移転後の感動的な初優勝にも貢献しました。

ガッツ・巨人時代

そして巨人に移籍。当時低迷しかけていた巨人をガッツの姿勢が変えてくれました。
日頃の厳しい練習と体調管理、それに裏打ちされた試合での結果と勝負強さ。
今も巨人の選手には「小笠原信者」が結構いるそうです。
在籍中には2000本安打やサイクルヒットも達成、前の3連覇の原動力でした。

ガッツ・WBC編

WBCの2度の世界一にも貢献しましたね。

本当にお疲れさまでした。
巨人ファンとしてはやはりいつかは巨人の指導者として帰ってきてもらいたいですね。