コゲラゲラ の ブログ

場所: 奥山 (熊取町)
日時:2012年9月27日 11:00~13:00
コース:永楽ダム熊取側登山口→奥山(東ハイキングコース)→永楽ダム貝塚側登山口

okuyama



永楽ダム駐車場に車を止め、ダム湖のほとりを通常の靴で歩き

登山口で、一本歯下駄に履き替えて

いざ、登りはじめ。

私は、できるだけ、人目を避けているのですが、登りはじめのときに、ダム湖を散歩している

ご夫妻に見つかってしまいました。

私の一本歯を見て、たいていの人は、興味を持つようです。

「一本歯下駄だな!」「本当に、登っていってしまったわ」というような話が聞こえましたが

視覚からすぐに消えるように、さっさと登って行きました。

このルートは、50mほど急騰で尾根にたどり着くのですが、その後に岩場があって、

ちょっと下りは、下駄では危険と思われる個所があります。(登りもある程度危険ですが)

その一か所をクリアすれば、あとは、危険な個所はありません。

景色もよく、適度に踏み固められた尾根道は、一本歯下駄にとって、快適でした。
NEC_0706

また、整備され過ぎているハイキングコースには、丸太などで階段が作られているのですが、

一本歯下駄にとっては、階段は非常に余計なものです。

このコースにも、幾つか階段がありましたが、だいたい快適なルートです。


このコースは2時間ぐらいのコースで初級者コースとします。(一部危険)

ただ、一本歯下駄にとっては、初級とか中級とか、断定することはおこがましいです。

あくまでも、私の主観ですので、信用しないでくださいね。

記事の書き方とか、暫く、試行錯誤が続くと思います・・・写真とか・・・もそのうち

まあ、ゆるりゆるりです。

てんぐ

と名乗るのは、はなはだ、ずうずうしいと自分でも思うわけですが、
天狗のように、山を自在に闊歩したいという思いがあって、
かつらぎという地名も気にいっていて、

一本歯下駄で山を登るのが非常に楽しいということもあり

このようなブログ名にしました。

約20年前から南大阪の貝塚市に住んでいるのですが、

約10年程前に、甲野さんの本から一本歯下駄に興味を持って、

数年前から、一本歯下駄で山に登るようになって

近場の葛城山系などを一通り歩いてきて

出張時に関東の山も、10数か所、歩いてきました。

これまでは一本歯で登った出来事や思い出を記事にしてこなかったのですが、
(一部はmixiで紹介していますが)

これからは、このブログに書いてみたいなと思っています。

過去に登った山に関しても、記憶が辿れる範囲でと思っています。

また、山歩きで何故一本歯下駄なのか?何が楽しいのか?とか・・・いろいろ

表現できたらと思っています。

また山ごとの一本歯下駄の難易度やおすすめ度なども紹介できたらと思っています。


まあ、文才はあまりないのと、本当は細かいことは苦手なので、


ゆるりゆるり



やっていこうと思っています。

このページのトップヘ