小さくなる
 近ごろ身近にローテをはじめてくれる人が増えて喜んでいます、かちゅーしゃです。

 彼らからローテについて質問を受けることが多くなりました。
 私もそこまで誇れる腕前ではないので、質問に答えながら自分でも調べてなんとか誤魔化しています。そういえば私がxyでローテを始めたころは、5世代の記事を読み漁り、先輩がたの理論化・体系化した「ローテの定石」にお世話になったものでした。

 そういえば6世代になってから「ローテの定石」みたいな記事を見かけませんね。

  
 というわけで今回は私なりに先人の仕事を更新する企画となります。
 ローテーションバトル概論 ゴローのゲーム語録
 ローテーションバトル入門の手引き とーますの野望・覇王伝
 ローテの基本的な考え方 リィズのポケモン雑記
 ローテーションバトル構築指南  おきらくらくしょ~
 ほか有名なブログを参考にさせて頂きました、感謝申し上げます。
 メガシンカ、アローガルド、天候ターンなど変更点も多いですが、貴重な情報が詰まっているので、過去の記事を読破するのはとても価値があることだと私は思います。


■ローテーションバトル構築の基本

  私が構築を組むときに気をつけていることを列挙してみます。

・ガブリアスより速いポケモン
・鉢巻ファイアローと撃ちあえる耐久
・ギルガルドに抜群を取れるポケモン
・マリルリに腹太鼓をさせない火力
・ピクシーなど耐久系の突破手段
・メガガルーラに好き勝手させない圧力
・スカーフトゲキッスへの回答
・S操作に対する切り替えし
・拘りと積みのバランス 
・耐性の確保
・そのほかトップメタへの対策

・ガブリアスより速いポケモン
 445
 ポケモンというのは今も昔も先手が有利なゲームです
 最も多くのポケモンが集中するのがS種族値100、そして最もレートで使われているのがS102のガブリアスです。ガブリアスの鉢巻げきりん、剣舞じしん、メガガルーラのグロウパンチからすてみタックル、どれも後手から対応するのが難しい超火力がローテーションバトルでは飛び交います。
 簡単に上から全抜きされないよう、パーティにはガブリアスより速いポケモンが2体以上は欲しい。 また舞ったガブリアス、ガルーラを止めることを考えると、少なくとも体力を半分は削れる火力を備えていることが望ましいです。
■S103以上でローテでよく見かけるポケモン
135属 メガミミロップ(105→135)
126属 ファイアロー
120属 メガボーマンダ(100→120) 
116属 エルフーン
115属 ライコウ
113属 ジャローダ
111属 化身ボルトロス
110属 ゲンガー 
(104属 ニャオニクス)
スカーフ トゲキッス サザンドラ 霊獣ボルトロス ドリュウズ ガブリアス
優先度 ハッサム カイリュー キノガッサ ガルーラ クチート
加速 バシャーモ

・鉢巻ファイアローと撃ちあえる耐久
 663
 S126、優先度1・タイプ一致威力120、ファイアローは最も優れた全抜きエースです。
 そのなかでもこだわりハチマキを持ったファイアローは、相手のポケモンすべてをブレイブバード圏内にするという分かりやすい勝ち筋を生み出します。ファイアローは他にも様々な補助技を扱いますが、構築段階ではまず「意地っ張りハチマキファイアロー」のブレイブバードを耐えられるポケモンが4体以上は欲しい。
  もちろん耐えるだけでなく反撃で倒せるのが一番望ましい。相手のファイアローとこちらのポケモン1体が残る場面も多いので、サメ肌やゴツゴツメットによる判定勝ちも有効でしょう。
 半減で受けても半分近いダメージを受けることもあるため、どこまで他のポケモンとの撃ちあいで消耗することが許されるのかも計算しておかなければいけません。

■飛行・炎を半減し高耐久
ウォッシュロトム
ヒートロトム
ヒードラン
バンギラス
■無振りでも1発は耐える
ガブリアス
メガガルーラ他
■その他
カイリュー(神速)
ギルガルド(キングシールド)
スイクン(高耐久・水打点)
ファイアロー(陽気)

・ギルガルドに抜群をつけるポケモン
681-shield
 
ローテーションバトルにおいてギルガルドは最も「詰ませ性能」の高いポケモンです。
 ギルガルドに有効打を与えられるポケモンがそもそも少なく、また身代わりを貼られてしまうと最低2回攻撃しないと倒せない点が非常にやっかいだと言えます。またキングシールドの追加効果によりフレアドライブや噛み砕くといった接触技も撃ちづらいため、ガルドを倒す方法はいくらあっても困りません。
 身代わりのことを考えると75%以上のダメージを与えたいですが、控えめC特化ヒードランの火炎放射でも71%~の高耐久。さいわいアンコールや挑発には弱いので搦め手も取り入れていきたい。サザンドラと並ぶことが非常に多いので、サザンガルドという単位で対策できるとより良いですね。
■弱点を突き1発で倒せる
ガブリアス・ドリュウズ(鉢巻)
サザンドラ・ヒードラン(眼鏡)
メガリザードンY
■非接触でギルガルドを含む並びに強い 
エンテイ
■身代わりを無視できる
シャンデラ(すり抜け)
メガガルーラ(グロウパンチ+地震) 
■その他ごまかし
エルフーン(アンコール)
ニョロトノ(滅びの歌・アンコール)
ロトム(こだわりトリック)

・マリルリに腹太鼓をさせない火力
184
 マリルリの腹太鼓は1回の択勝ちで勝負を決定づける爆発力を持っています。
 まずは気やすく腹太鼓をさせない並びを作ること。オボン込みで腹太鼓をさせないためには75%以上のダメージを与える必要がありますが、等倍でマリルリをそこまで削れるポケモンはなかなか少ない。また耐久振りのサンダーやロトムの10万ボルトぐらいならHPが半分残るので、弱点を突けるポケモンの火力もちゃんと調整しましょう。
 そして択に負けて腹太鼓をされてしまった場合のストッパーも用意しておきましょう。水への耐性やアクアジェットの上から体力を削りきれるポケモンがいると保険になります。
高火力電気
ボルトロス
ジバコイル
サンダー(10万ボルト 無補正C52振り以上)
■こだわり大火力
ニンフィア(眼鏡ハイボ 補正C108振り以上)
ガブリアス(鉢巻じしん 無補正A252振りで74.3%~)
メガガルーラ
■優先度
ファイアロー
エルフーン(アンコール)
■ 水耐性+有効打
ナットレイ
ウォッシュロトム 
■その他
ギルガルド(キングシールド)

・ピクシーなど耐久系の突破手段
 36
 小さくなるピクシーを筆頭とした、積み+回復ポケモンへの対策は必須です。
 ピクシーの他にも
 ブルンゲル(とける)
 ヌオー(鈍い)
 チルタリス(コットンガード)
 ヤドラン(ド忘れ・瞑想)
 オニゴーリ(ムラっけ)
 ラティアス・スイクン・クレセリア(瞑想)
 など「相手を詰ませる」 ポケモンは多いですが、まとめて対処できる手段も多いので用意しておいて損はありません。ただし身代わり持ちには注意しましょう。
■ほろびのうた
マリルリ
ニョロトノ
ゲンガー
■大火力
メガクチート
サザンドラ・霊獣ボルトロス(眼鏡)
■クリアスモッグ・くろいきり
シャンデラ(すり抜け)
ゲンガー
モロバレル
■一撃技
ドリュウズ
■TOD
ギルガルド(残飯みがわり)
■ちょうはつ
ボルトロス
ヒードラン 
■こだわりトリック
ロトム
■必中技
メガガルーラ(ふみつけ)
カイリキー(ノーガード)
サマヨール(呪い)

・メガガルーラに好き勝手させない圧力
115-mega
 言うまでもないトップメタ、メガガルーラ。
 こちらがいくら対策をしているつもりでも、択負けからのグロウパンチで壊滅します。この「対策しているつもり」というのが厄介で、たとえゴーストタイプがいようとゴツメクレセリアがいようと、ガルーラを使う側からすると全く圧力になっていないかもしれません。
 基本は上から叩くこと、そして1回の攻撃で体力を半分以上削ることです。いくら鬼火をしても癒しの鈴で回復されますし、HPを0にしない限りガルーラは脅威であり続けます。 受けに回れば圧倒的に不利な択ゲーを押し付けられるハメになるので強気に攻めることも必要でしょう。
■ 高速格闘ポケモン
テラキオン
メガミミロップ
カイリキー(スカーフ)
■高速+サメ肌
ガブリアス(陽気ハチマキ地震+サメ肌2回で乱1)
■超火力
メガリザードンY(C特化晴れ大文字・オバヒで確1)
メガボーマンダ (A特化スキン捨て身で乱1)
■+2不意打ちより速い攻撃
ファイアロー

・スカーフトゲキッスへの回答
468
 ローテーションバトル3大害悪の一角、タイプも変わってさらに面倒に。
 弱点を突けるポケモンが怯まずに動けばいい、と言うのは簡単。だいたいは横にガブリアスなどを従えているため、ただ択を合わせるだけでは不利な運ゲーにしかなりません。できることなら上から叩く、より速いスカーフ持ちや優先度の高い技で処理したい。耐久も高水準のため、 下から叩くのならば1発で倒せるポケモンを用意するべきでしょう。
 耐久ポケモンで金縛りや電磁波を合わせられれば機能停止しますが、トリック持ちも多いので要注意。
■優先度+1電磁波・みがわり
化身ボルトロス(H148振りでC252エアスラッシュを身代わりが確定耐え)
クレッフィ
■スカーフ持ち
霊獣ボルトロス
ドリュウズ
■天候特性
オムスター
■金縛り・呪われボディ
ブルンゲル
サマヨール
■ 高火力先制技
ハッサム
メタグロス
ファイアロー
■飛行耐性+身代わり
ギルガルド
ヒードラン
■S操作
エルフーンファイアロー(おいかぜ)
クレセリアブルンゲルサマヨール(トリックルーム)
■精神力
ブラッキー 

・S操作に対する切り替えし
 488
 味方との連携が取りやすいローテーションバトルでもS操作は強力です。
 ダブルトリプルで定番の追い風・トリックルーム・天候変化、シングルで定番の電磁波、それにローテ特有の「交代のしづらさ」から強力となるのが凍える風・岩石封じ、そしてSが上昇する積み技です。 
 つまりほぼ全てのS操作技が使われるのがローテーションバトルです(あとは湿原の誓いぐらいか) 。それら全てに対応できるのがトリックルーム返し、電磁波に対しては癒しの鈴が汎用性が高いと言えるでしょう。ただしS操作を見てから対応するには高い耐久、もしくは気合のタスキが必要となります。
■トリックルーム(返し)
シャンデラ(襷)
クレセリアサマヨールブルンゲル(高耐久)
■優先度
ファイアロー
ハッサム
エルフーン(アンコール・追い風)
■時間稼ぎ
ボルトロス(悪戯みがわり)
ギルガルド(残飯まもみが)
■S操作要員への打点
サザンドラ(怯み技)
■癒しの鈴
ニャオニクス
ニンフィア
■ 遅いポケモン
ナットレイ 

・積みと拘りのバランス
149
 ローテーションバトルにおいて大火力は正義、では積み技と拘りアイテムのどちらを選ぶか?
 積みと拘りはそれぞれ得意不得意があります。積み技は壁構築や高耐久ポケモンに対して強い一方で、積むタイミングの隙・展開の遅さがある。一方で拘りアイテムは瞬間的な火力に優れ相手を縛る性能が高いですが、呪われボディ・金縛りといった搦め手や突破しきれない回復持ちポケモンに対して弱いです。
 ガブリアスやカイリューといったポケモンはどちらでも活躍できるポテンシャルを持ちます。メガシンカポケモンが積みアタッカーとなることが多いことを考えると、相性のよい拘りアタッカーとの並びを作れるとよいでしょう。 
■どちらでも使える
ガブリアス(剣舞・鉢巻)
カイリュー(竜舞・鉢巻)
ボルトロス(悪巧み・眼鏡)
ニンフィア(瞑想・眼鏡)
ファイアロー(剣舞・鉢巻)
■積み
パルシェン(殻を破る)
マリルリ(腹太鼓)他
■拘りアイテム
サザンドラ(眼鏡)
ロトム(眼鏡)

・耐性の確保
485
 相手にとっての安定択を作らせないという点において耐性は重要です。
 ただ半減で受けるだけでなく、こちらからも有効打を持つことを意識しましょう。よく言われることですが、「受けループ」という戦法はローテーション向きではありません。もしエアームドをガブリアスに合わせたとしてもガブリアスが倒せるわけではない、逆にバンギラスとガブリアスが対面してしまったらバンギラスはもう特殊を受けられません。
 逆に、耐性がなくても先手をとって1発で倒せるならばごまかしが効きます。たとえば霊獣ボルトロスならば足りない水耐性の気休めになるでしょう。

 ではローテーションバトルで重要な耐性を簡単に並べてみます。

ドラゴン・フェアリー・ノーマル・飛行に強い鋼タイプが最重要
パーティに鋼2枚ぐらいはよくあることです。

■地面耐性が2体以上で、飛行タイプが必ず1体
ロトムやゲンガーに頼ると型破りドリュウズで泣きを見ます。
飛行タイプは地面無効なだけでなく肝っ玉ミミロップにも強い。

■飛行耐性が2体以上で、1体は耐久が高いポケモンを

ファイアロー・トゲキッスに加えてメガボーマンダも登場しました。
どれも先手を取るのが困難なので、1発受けてから反撃できるポケモンが欲しい。

■電気耐性が2体以上で、地面タイプか無効特性が必ず1体

電気タイプは眼鏡をかけた火力自慢が多いので無効タイプを用意しましょう。
電磁波耐性にもなり、ギルガルドへの打点にもなります。

■悪耐性が2体以上、できればフェアリータイプを1体

サザンドラを好きにさせると酷い目にあいます。

■ゴーストタイプを1体以上

ガルーラのグロウパンチやカイリキーの爆裂パンチ、ココドラのがむしゃらなど。
半減で受けてもアドバンテージを取られる技が多いので無効タイプが必須級。 

■水耐性を1体以上

ガブリアスをドラゴン枠にするとすぐガバガバになります。

■ゴースト耐性をできれば1体、いなければ地面打点

ゴースト耐性はぜひとも欲しい要素ですが用意するのが難しい。
ギルガルド・シャンデラと地面弱点が多いので上から叩ければごまかせるか。

・その他トップメタへの対応とか
547
 だいたいの注意点は網羅できましたが、補足としていくつか。

■メガクチート
303-mega
クチート+サザンドラ+シャンデラorブルンゲルの並びが多い。
トリルからの全抜きはもちろん、不意打ちによる縛りが強力。
打点を持つポケモンを不意打ち圏内にしないように、身代わりドランが偉い。
■メガボーマンダ
373-m
とにかく速い、舞われると準速砂ドリュウズでも抜けない。
そして物理耐久もケタ外れなのでブレイブバードも悠々と耐える。
ただし先制技がないので、1発耐えて電磁波・こご風・トリルをすることで対処が可能。
ドラゴンタイプに襷を持たせるのもよい。
■メガギャラドス
130-mega
タイプ一致の噛み砕くと型破り地震で一貫性に優れる。
なかなか半減で受けるのが難しいが火力はそこまで飛びぬけていない。
2回舞われたらさすがに止まらないのでその前に倒しましょう。
■ サザンドラ
635
下から攻撃しても怯まされて泣きを見る。
とにかく先手をとって倒すこと、半減でも眼鏡悪の波動でゴリゴリ削られる。
■霊獣ボルトロス
642-therian
上から圧倒的な火力を押し付けてくる、電気半減に甘えてはいけない。
珠気合玉を撃たれるとサザンドラでは勝てない、サザンガルーラなんて並べないように。
■ライコウ
243 (1)
壁を貼るだけでなく、珠めざ氷でガブリアスを縛る優秀なアタッカーでもある。
1度壁を貼られるのは仕方がないとして、簡単に2回目を貼らせないことが大事。
壁のタイミングで舞うなり、こご風でも当てるなりで上から縛りましょう。
■ナットレイ
598
宿り木まもる型と鈍いねむる型が多い。
もともと有効打の少ないナットレイに鈍いを積まれるとお手上げなことも。
ピクシー対策のついでに倒すか、眼鏡悪の波動でゴリ押せると楽。
■ココドラ
304
木の実ジュース持ちがほとんど。
ギルガルドで身代わりするなり、連続技で倒すなり。
ダブルチョップは自然に採用できる対策技、ただ2発では落ちない。
■重力催眠
678-male
重力ニャオニクス+草笛エルフーン+ガブリアスガルーラという並びが流行りました。
草笛は身代わり貫通で草タイプでも防げない困った技。
癒しの鈴・神秘の守り・ラムの実のうち一つぐらいはパーティに欲しい。  
■カイリキー
68
ASスカーフとHBチョッキの二択。
上手くゴーストタイプを合わせられれば嬉しいが、叩き落とすもなかなかに面倒。
とりあえずギルガルドで身代わりをしておくのが安定択と言えるか。 


以上が私が構築を組むときに注意する点です。
2体以上の並びで考えた方が実戦的かもしれませんが机上論ではこれで十分でしょう。
パーティに重大な欠陥がないかチェックするのにでも使って頂ければ幸いです。