TOP > 興信所の現場からあれこれ > 彼女たちの評価はA+

彼女たちの評価はA+

私が興信所の人間であれば、彼女たちの評価はA+であり、縁談はうまくいくであろう。私はまっすぐに7階の売場をめざした。
7階は「画材・製図用品」のフロアであるが、鉛筆関係はここにあるのだ。誰の手にでもなく、私が欲しい』柴城興信所にて受けたある一つの仕事。
その結果、桐生真斗は命を落としてしまう。しかしそれは終わりではなく、全ての始まりだった。