2012年09月15日

Kloster Eberbach Steinberger Riesling 2010 クロスターエーベルバッハ シュタインベルガー リースリング 2010

stein-1先日京都に行った際に、京都JR伊勢丹の地下酒売り場で色々買った中の一本です。
昔すごく好きで……と言っても、過去記事を見ると一回しか書いてないんですが
http://blog.livedoor.jp/katz21/archives/6237194.html
多分実際には4〜5本飲んでいると思います。

酒屋時代、忙しくてほとんど記事をアップしていないので、多分そこらへんに集中してるかな……

ブログ記事にはアップしてないんですが、サイト記事にはラベルのスキャナ画像がアップされてました。
そうそう、この鷲のマークがシンボルだったんだよな〜って、今、消えてる!
瓶の色も基本ラインガウなので茶色だったはずなのですが、今は濃い緑。

生産者が変わってしまったのでしょうか?
キャップもコルクからスクリューに変わってしまっていましたしね……時代かなあ。

味に関しても、すごく好きだったこと、なんとなく「こんな感じだった」という記憶はあるんですが、鮮明ではないので、改めて飲んでみました。

stein-2中身は割としっかりした麦わら色。
見た目の「色の濃さ」というのはないのですが、グラスに注ぐ際、独特のちょっととろっとした、というか、濃さを感じさせるというか、そういうねっとり感を感じます。
ねっとりした輝きとでもいうんでしょうか?

QbAリースリングで、酸味もかなりしっかりめ。
見た目同様、こってりとした甘味と香りのボリュームに、しっかり残った酸味がガッツリ組み合わさっていい感じです。

アルコール分は9.5%です。

スクリューキャップになってはいますが、全部は飲みきれないので、明日にも飲んでみて、2000年の記事と比べてみたいと思います。

↓ランキング参加中
少しでも役に立ったと思ったら
にほんブログ村 酒ブログへ

ファイブスタイル ブログランキング


人気ブログランキングへ押していただくと励みになります


katz21 at 23:58│Comments(0)TrackBack(1)mixiチェック ワイン 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

本日2月のワインの日(私セレクトのワインの日)、本年二本目は懐かしの(笑)シュタインベルガーです。 私の中で、圧倒的な安定感の印象を誇るドイツワイン。 過去にも二つほど記 ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔