ブログネタ
今日の一曲 に参加中!

貴方は覚えているだろうか。

その昔、今田耕司がテイトウワと
「KOJI1200」というユニットを組んでいた事を。


当時、既に今田の先輩であるダウンタウンが、坂本とのコラボ
「ゲイシャガールズ」を成功させていた後だっただけに、人々の
目には、この企画は二匹目の土壌狙いだとしか映らなかっただろう。

松本にベッタリな弟分の今田(当時は)。
坂本の愛弟子的立ち位置だったテイさん(当時は)。

そう思われても仕方ないかもしれない。


でも、コンセプトやサウンドとネタのバランス感を比べると
ゲイシャガールズとKOJI1200は、全くスタンスが違った。

ゲイシャガールズは、あくまでもダウンタウン、もとい
Ken&Shoの2人がメインだった。そこに、坂本がガチで
音をぶつけて、得も言われぬケミストリーを起こしたという
まさに奇跡のユニットだった。

その点、このKOJI1200は、今田耕司という素材をテイさんが
うまーく調理して、上質なポップさも醸しつつ、音自体は
非常にマニアックという、一見ゲテモノっぽいけど食べて
みたらめちゃめちゃ美味かったという仕上がりになっている。


そのフレーバーを顕著に表しているのが、デビューシングル
にして最後のシングル「ナウロマンティック」。

■ ナウ ロマンティック / KOJI1200
ナウ ロマンティック 今田耕司 TOWA TEI 岡崎京子

おすすめ平均
stars今田・ビジュアル系

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

90年代の後半に突入したあの頃に、80年代ニューロマを完全に
再現したこの曲は、今田のルックスもボーイジョージかいけない
ルージュマジック期の坂本かっちゅーくらいのコテコテメイクで
音は懐かしのDuranDuranを彷彿させる、これまたコテコテ且つ
忠実なニューロマンティクスサウンド。

ヤラしいベースラインの上で、ハゲしい高野寛のギター唸り、
ポップなシンセサウンドとは対極に位置する、鬼畜で非道な歌詞。

なにもかもがクオリティー高すぎる。

これを単なるお笑い芸人の企画モノとして聴いてはいけない。
ヤバイ。ヤバすぎる作品だ。


そして、この曲が収録されたアルバム「アメリカ大好き!」も
聞き逃せない。

今田と東野(ゲストなのか?)のリリカルなやりとりや歌と
一番ノっていた時代のテイさんのサウンドが絶妙に絡み合い
何度聴いても飽きないし、今聞き直しても全く色褪せない
素晴らしい作品集となっている。

ちなみに、ニューロマなのは「ナウロマンティック」だけで、
他は全体的にR&BヒップホップやBOSSAなど、イカニモ当時の
テイさんらしい構成です。

■ アメリカ大好き! / KOJI1200
アメリカ大好き! 今田耕司 TOWA TEI JOI CARDWELL

おすすめ平均
starsバックで最高の一流のミュージシャンが支えているからこそ
stars最高サウンドと最悪ボーカルの記念コラボ!
stars中の写真も最高

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でも、俺の好みで言うと、音的にはKOJI1200よりも、
次の企画KOJI-12000の方がよりいいんだよな。

KOJI-12000として最初で最後のシングル「Duet!!」を筆頭に
アルバム「DISGUSTING」に収録された「Love for sale」
「BC12000」「宇宙人」辺りは、かなり良質な出来映え。

音使い的には、ちょっとテイさんの2ndアルバム「SOUND MUSEUM」
とカブる所もあるけど、まぁ、そこはご愛敬。

そして、今田がインスタントラーメンの作り方を説明している
時にバックで流れる「Happy」のハウスバージョンと、メロウ系
BOSSAでかなりセツネー「Ligia」の2曲は、これを聴くだけでも
このアルバムを買うくらいの価値がある程素晴らしい。

個人的に、Happyはラーメンの説明を抜いて、トラックだけで
聴きたいのが本音だが、それだとKOJI-12000にならないので、
そこは我慢。


とにかく素晴らしい作品なので、聴いた事無い人は
まずこのKOJI-12000の「DISGUSTING」を買いましょう。

多分、ブックオフのワゴンを探せば300円くらいで買えそうだが、
探すのがメンドクサイ人はここで↓

■ ディスカスティング / KOJI-12000
ディスカスティング 今田耕司 TOWA TEI 原万紀子

おすすめ平均
stars二番煎じだが、テイ・トウワのファンは聴いておきたい
starsアートディレクションがよいです
stars1枚目もよかったけど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そういえば、今田とテイさんのコンビと言うと、冒冒グラフの
サウンドスナイパーだな。

ウチの地域では冒冒グラフを放送していなかったので、後に出た
ビデオ集「冒冒ビデオ」をTSUTAYAで借りて見たんだけど、最初
見た時、思いっきりKOJI1200だったからめっさワロタw

あー、冒冒ビデオもう一回みたいなー。

でも、俺、ビデオデッキ持ってないから、借りても見れないのよね。
冒冒DVDとか出ないかなあ。。

■ 冒冒ビデオ(上)〜今田耕司,東野幸治,板尾創路〜
今田耕司,東野幸治,板尾創路

B00005FSFD
■ 冒冒ビデオ(下)〜今田耕司,東野幸治,板尾創路〜
今田耕司,東野幸治,板尾創路
B00005FSFE