金曜の夜からBUFFALOのNAS「Link Station LS-XHL」が妙な動きをしていたので気になっていたんだけど、昨日、改めて確認してみたら、2台あるウチの片方のLEDランプが青く点滅していたんで、念のため、2台ともシャットダウンし、電源も抜き、再度起動してみたら、、

ありゃりゃ??
両方とも青い点滅のまま起動しなくなっちゃったぞ??

起動に時間がかかっているだけかと思い、しばらく放置していたけど、30分経っても状況変わらず。
NASのIPアドレスにPINGを打っても無反応だし、BUFFALOから提供されている管理ツール「NAS Navigator2」にも検出されない。

何度か電源断→起動を試みているが、青色ランプの高速チカチカに変化なし、、

BUFFALOのサポートによると

■ 電源ランプが青色点滅のまま起動しません | BUFFALO バッファロー
http://buffalo.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/12871/kw/%E7%82%B9%E6%BB%85/p/31%2C33

「強制電源断からの〜再起動で状態が変わらなければ、修理確定ね」とのこと。

修理ってことは、イコール、中身は消去されるって話なわけで、、
うがががが、それだけはなんとか免れたい!!

もう、最悪復旧できなかったら、本体分解してHDDを取り出し、IDE(SATA?)→USB2.0変換アダプタ買ってきてサルベージするしかないぞ。

ということで、調べてみたら以下のサイトにLinkStationからのデータサルベージについて解説されていました。

■ 新・なんとなし日記:LinkStationからデータを取り出す方法
http://nantonashi.ti-da.net/e1776896.html

なるほど、HDDはLinuxフォーマットされてるから、USBでWindowsのPCにつないでも認識されないので、Ext2Fsdというツールで読み取る必要があるのね。

■ Ext2Fsd Project
http://www.ext2fsd.com/

でも、上のはLinkStationの旧機種なので、LS-XHLの分解方法はまた違うよな、、
と思いながら、もうちっと掘ってみたら、こんな動画が



おう!ここまでわかれば上等だ!!
早速分解してやんぜぇ〜!


と息巻いていた矢先、最終手段の道が確保できた精神的な余裕からか、ふとあるイメージが脳内に浮かんできた。

もしかして、サポートに書いてある電源アダプタ引っこ抜きではなく、電源スイッチを一度OFFにしてみた方がいいんじゃない?

まずは、背面にあるスイッチを「パチッ」とOFFにし、しばらく放置。でも相変わらず状態変わらず。
ここで、電源アダプタを抜き差ししてから電源スイッチをOFF→ONにパチっとしてみたら、、

おおっ!5秒ほど青色点滅した後に、青色点灯(点滅せずに点きっぱ)になったぞ!!
NASのIPアドレスにPINGを飛ばしてみたら、、おおっ!通った!
NAS Navigator2で確認したら、、ああっ!スタンバイモードでファームウェア異常が出てるけど、一応検出されてるぞ!

心を踊らせながらファームウェアをダウンロードし、慎重にバックアップ側のNASからアップデートを掛けてみたら、、無事復旧できました!

それにしても、バックアップ用も合わせて2台同時に障害発生するとはな、、機器構成を見なおさなきゃいかんなこれ。

そんなワケで、BUFFALOのLS-XHLシリーズで似たような症状が出てる方、ご参考になりましたら幸いです。