レミパン我が家のキッチンには平野レミ考案の名作「レミパン」が在る。
結婚祝いに我が細君の友人からお贈りいただいたものだが、元々レミパンが欲しかったアタイたちには実に嬉しいサプライズとなった。

レミパンはフライパンとして使っても良し、鍋として使っても良しのスグレモノ。
だから煮物にも使えるしカレーやシチューを作るときにも重宝する。

レミ・ヒラノ レミパン イエロー
レミ・ヒラノ レミパン イエロー

関連商品
レミ・ヒラノ レミパン専用蒸し台 RHF-110
レミ・ヒラノ ノッポ蒸し台 RHF-106
ピコレミパン イエロー RHF-209
ピコレミパン ブラウン RHF-210
ピコレミパン ピンク RHF-211
by G-Tools

そんな、アタイが愛してやまないレミパンのフッ素樹脂加工が最近劣化しだしていて実に寂しい想いをしている。
というか普通に困っている。

少し前に煮魚かなにかを作った際に鍋底に焦げ付きがあるのを発見し、なるべく傷を付けないようにゴシゴシと洗いながら「おや?」と首を傾げた。
我が細君もそれに気付いていたらしく「フッ素樹脂加工がヘタってきているのではないか?」との疑念を共有していた。

そして事態は急変。昨夜シチューを作った時、具材の影響なのか分からないが思いっきり鍋底に焦げが張り付いてしまった。

ネットのレビューなどを読んでみると、レミパンのフッ素樹脂加工は比較的早くヘタるというレポートが数多く寄せられている。
なるほど、こういうものなのか、、

いやいや、使い出してからまだ2年しか経っていないというのに、、お値段もそこそこ高いのに、、これじゃ納得いかん!
レミパン自体は気に入っているからまた買いなおさなきゃいかんのだが、だったらリピーター向けに交換って事はできないのかね?

とボヤきながら情報を漁っていたら、こういったフッ素樹脂加工がヘタった鍋類を再加工してくれる会社が岐阜に在るとの情報が。

それがこちら

■ フッ素加工のアルファ技研
http://www.alfa-giken.net/

24cmフライパンで1,700円の加工費用。
もしかしたら柄の取り外しでプラス500円かかるかも。

で、あと往復送料はこちら持ちなのでご注意。大体往復1,000円くらいか。
つまり、3,000円程度でリフォームが可能ということですな。

新品買ったら10,000円くらいだから、こりゃ助かりますワイ。
それに廃棄しなくていいってのがいいよね。ここまで使い倒したレミパンを不燃ゴミとして捨てるのは偲びないし、、

という事で、時が来たらこちらにお願いしてみる予定。
後は加工に2〜3週間かかるとのことだから、その間の代用をどうするかだな、、
ティファールのフライパンを使うとするか。