アンパンマンショー今日は年始休暇の最終日。
と言っても我が細君は今日から出勤なので、我が子と二人で遊びに出かけることに。

向かった先はイオンモール浜松志都呂店。
目的は1Fセントラルコートにて行われるアンパンマンショー。

11時の部を見るために30分前に会場入りしたんだが、、、ステージ前のアリーナ席はぎっしりと満員。
アリーナを囲むかたちで用意されている立見席も人が群がって4層くらい折り重なっている。

仕方ないのでスキマを見つけて我が子を抱えたままススッと入り込んだ。
もちろんここから少しでも動いたら場所は取られてしまうからイベント終了までピクリとも動くことは出来ない。

もしこの状況下でお腹が痛くなったらどうしよう。
そんな不安も胸に抱きつつ、ひたすら待つ。

5分くらい経過しただろうか。
10kgちょいの我が子を抱いた右腕がしびれてきた。

「ちょっと降りてみない?」
「いーやーよー」

笑いながら我が子が答えるので「まーそう言わずに、、」と下ろそうとすると「いやー!いやー!」とマジ顔で激しく抵抗され、やむ無く左腕にポジションチェンジ。

「ちょっと降りてみない?」
「いーやーよー」

そんなやり取りを5〜6回繰り返し、背筋がこわばってきたところでMCのお姉さんのアナウンス。
写真動画の撮影は良いがネットにアップするのは厳禁という基本的な注意をしつつ、併せて立見席の最前列でしゃがみこんでいる人たちに「立見席は座らないでくださいね〜」と明るい声でたしなめた。

が、彼らは特に立つこともなくそのまま時は流れた。

その後、アタイの後ろにいたちょっとガラの悪そうなしゃべり方の女性が「これじゃ見えないじゃん。前の方で座ってる人がいるんだから全員座れよな」と、恐らくアタイに向かって言ってる感じでボヤいていた。

確かに身長178cmのアタイが子どもを抱えたら後ろの人たちは見えづらいだろう。
しかも、アタイだけでなく周囲にいたお父さん連中が皆同じくらい高身長だったので、完全に壁になっていたかもしれない。

とは言えスキマからステージが見えてたはずなので、特に避けることもせずに立っていた。

そんなこんなで時間は経ち、ようやくショー開始。
MCのお姉さんが登場し、直接立見席座り組に立つよう指示をすると、、、

あっ!みんな立ったらアタイの位置からもステージが見えづらい状態に、、
しかも先頭のお母さんがやたらでかい帽子を被ってるせいでステージ中央が全然見えない。

これも因果応報というやつか。微妙に違うが致し方なし。

ショーは30分。
もちろんショーを行っている最中に我が子を下ろすことは(我が子が)許さないので、背中に汗をつたわせながら必死で直立する。

なんとかショーが終わると、引き続き握手会が行われるという。
これは、、もちろん握手するしか無いでしょ!

で、さすがに腕力も限界に達していたので、子を説き伏せて地上に下ろし、数分の筋肉休息を与えてもらってから待ち行列に抱っこで参戦。

カメラ撮影禁止の高速握手会なので、こちらは比較的早くこなすことができました。
ちなみに、あかちゃんまんのぬいぐるみを落としてMCお姉さんにたしなめられたのはアタイです(恥

いやはや、ホントこういうイベントは体力いりますな。これからもっと体重増えるし、テーマパークとかで一日中抱っことかもあり得るから、もっと筋力鍛えないとイカンな。
高齢パパ、頑張らねば。