某所で入手したたくさんのデスクトップ用メモリ。
メモリ

中にはDDR2のPC2-6400 2GBという今っぽいものもあるが、大半はPC133の512MBなんて激古い型ばかり。

こんなもんもらってもなんの役にもたちゃしねえし、ヤクオクで売ろうにもいちいち動作確認取れないし、ジャンク扱いでも値段も買い手もつかないだろうし。
てか、以前メモリをヤフオクで売った際に落札者に梱包の事でグジグジ文句言われてから、もうメモリはオクに出さねえ!と心に誓ったのよ。

となると、、買取店ですな。

そういえば会社の近くにジャンク品も買い取ってくれそうな名前のショップが有った。
行ってみるか。


と昼休みに訪れてみたんだが、買取の先客の手続きがなかなか終わらず、とりあえずモノだけ預けて後で査定額を電話してもらうことに。

ちなみに、一緒に持っていた100BASE-Tのハブは値段がつかないということで引き取ってもらえず。
なんだ、ジャンクは要りませんってことか。店名、紛らわしいな。

てか、買取査定だけでも会員登録&免許コピーが必要ってのがテンション下がるな。
ハードオフなら手続き無しで査定してくれるのに。

そんなこんなで待つこと数時間。

ようやくかかってきた電話の回答は、、「全部で440円です。6枚買取で残りは返却します」。

むぅ、なるほど。
てか、440円って店への行き帰りのガソリン代でトントンじゃないの。

わざわざ出向くのは割にあわないな。
帰りに営業時間間に合ったら寄って行くとしよう。

それにしても、、やはり13枚全部を動作確認したんだよな?これ。
店員さんも面倒な仕事をこなしてくれたよな。感謝。


さて、後は、、残された7枚のメモリの処分。
これは同じく買い取ってもらえなかったハブと一緒に市のリサイクル回収BOXへ。

■ 使用済小型家電の回収/浜松市
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/gomigen/gomi/recycle/kogatakaden.html

余ってるハードディスクも一緒に捨てたいところだけど、しっかり後処理しないとデータ漏えい事故が起こるからね。
物理的に破壊して、燃えないごみの日に出しましょう。