日々是妄想

酒と食事の話

ランチ会のホームはマインシュロス

予定通り行われた昨日のシネマランチミーティング。
課題作品がなかなか見られないということで宿題なしのフリートークとなったけど、なかなかの盛り上がりを見せました。
特に営業のKさんによるスーサイドスクワッド評が面白かった!

ほぼ全員未見だったのでネタバレ無しでの感想だったんだけど、期待値が高すぎただけに煮え切らない内容に怒りとやるせなさがMAX超えていてマシンガンのようにぶっぱなしてくれました。
彼の「あんなのはジョーカーじゃない!あれは中学生レベルの『俺が考えた最高のワル』でしかない!」という訴えで大笑いさせてもらいましたよ。

アタイはと言うと、フランス語の先生のマチューから借りた「フランス語字幕版 さや侍」のネタを投入し、パッケージ裏に書いてあった「ウェスアンダーソンのような世界観」的なフレーズの話をしたら、ウェス・アンダーソン好きなメンバーから非難の声が、、
確かに、そこと並べちゃう?って感じはあるよね。どちらが上だとかいう話は置いといて。

そういえば、マチューに勧められた名作「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター(原題 Le Sel de la terre)」の話をするの忘れてた。
明日出社したら皆に共有しなければ。



さて、昨日のランチ会で訪れた店は、、我らがホームとも言えるマインシュロス。
ランチミーティングの際にここでオーダーするのはいつもピザ。ツマミながら会話ができるという意味で非常に重宝するのだ。

が、しかし、昨日の日替わりメニューがメンバーオススメの「ロールチキン」だったので、アタイも便乗させていただきました。
マインシュロスのロールチキン

この鶏肉のジューシーな柔らかさといったら、、ぜひ皆さんにご賞味いただきたい!

ちなみに、このロールチキンは月イチくらいのスパンで登場するとのこと。
月間ランチメニューは以下のページで確認できるので、狙い定めてご訪店あれ!

■ 日替わりランチメニュー表|はままつ地ビール工房 マイン・シュロス
http://www.hamamatsu-soko.co.jp/ms/MENU/FOOD/lunci.html

顔見知りだと思うけど確証が取れないときの振る舞いについて

今日のランチは外食。
このところマックが続いたので、気分を変えてアクト地下のクマールへ行ってみました。
クマール

チキンドピアザとナンのセット。
口に入れるとクリームと豆っぽいマイルドさで少し大人しめな印象を受けるけど、食べ終わりの頃には舌に辛さが蓄積されたのかヒーヒーに!
なかなかホットなランチでした。


と、ここまでは前置き。
コトは入店後に通されたテーブルで発生したのね。

店内はそこそこ賑わっていて、個別のテーブルは全て埋まっており、店の中央に置かれた大テーブルへ通されたわけです。

椅子を引いてもらい、座ろうとした時に向かいにいた人と目が合い、、ん?見たことあるような。

向こうも一瞬視線が止まったので同じことを感じたのかもしれないが、すぐに読んでいた本に視線を戻したんで気のせいだろう、、


いや、もしかして前職のクライアントのKさんじゃないか?
少し顔がほっそりしたけど、面影はある。でもでも、しばらく会ってないから記憶が曖昧で確証が取れない。

「あのー、もしかしてKさんですか?」
「あっ!そうですよね、ka+zさんですよね!私もそうじゃないかなと思っていたんですけど、声かけられなくて」
「わかります、こういう時ってなかなか微妙ですよねー」


脳内で会話をシミュレーションしてみた。
このパターンであれば問題ない。

でも、、

「あのー、もしかしてKさんですか?」
「(怪訝そうな表情で一瞥喰らいながら)なにか?」
「し、し、しつれいしました、、(消え入りそうな声、もしくは甲高い声で)」

このパターンも否定出来ない。というか大体こうなるだろう。
そうした場合、もう針の上のムシロ。美味しいカレーも無味無臭になってしまうだろう。


つまり、、こういう場合はどうするべきか、、


はい、なにもしないのが正解!
という事で、コミュ障全開なアタイはナンをちぎっては食べ、ちぎっては食べ(もちろんカレーを付けながら)で食を楽しむことに全力投球しました。

いやぁ、美味しかった!満足満足!
満腹ポンでそのまま店を後にしたアタイでありました。






(もしKさんだった場合)Kさん、大変失礼いたしました、、

Bling Your Bottleなお店がこんなにあるとは

リカーマウンテン。
京都を本拠地とした酒ディスカウントのチェーン店だ。

我が街浜松にも以前は3店舗あり、リカマンファンのアタイは最寄りの店に足繁く通っていたのだが、気がつけば行きつけの店を含む2店舗が閉店して今は浜松東警察署向かいの相生店のみに。
店は広いし、品揃えも悪くないし、個人的にとても重宝していたんだが、、経営というのは難しいものですな。返す返すも残念無念。

リカマン頑張れ!頑張れリカマン!わ〜!

ちなみに、リカマン浜松相生店の情報はこちら。

■ 浜松相生店 | リカマン - ワインなど豊富な品揃えの酒屋で京都を中心に展開
http://www.likaman.co.jp/shop/shizuoka/hamamatsu-shi/2521.html


ウイスキーキングダムというコーナーを持つこの店舗。その名の通りウイスキーの在庫は近隣の酒屋の中ではピカイチである。
一時期はブルイックラディのオクトモアも売ってたしね。あれ?今でも置いてあるかな?
オクトモア 06.1 スコティッシュ・バーレイ 57度 700ml [並行輸入品]
オクトモア 06.1 スコティッシュ・バーレイ 57度 700ml [並行輸入品]

関連商品
オクトモア 06.3 アイラ・バーレイ 64度 700ml
アードベッグ 10年 箱入り 700ml
ラガヴーリン 16年 箱入り 700ml
ポートシャーロット アイラ・バーレイ 2008 50度 700ml
シングルモルト ウイスキー ラフロイグ クオーターカスク 700ml
シングルモルト ウイスキー ボウモア 12年 700ml
ポートシャーロット スコティッシュバーレイ 700ml
オクトモア07.1スコティッシュ・バーレイ
シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 700ml
タリスカー 10年 箱入り 700ml
by G-Tools

アタイの大好きなベンリアックのシェリーウッドもここで購入しております。
ベンリアック 12年 シェリーウッド 箱入 700ml
ベンリアック 12年 シェリーウッド 箱入 700ml

関連商品
グレンモーレンジィ オリジナル 箱入り 700ml
グレンドロナック 12年 700ml
シングルモルトウイスキー バルヴェニー 12年 ダブルウツド 700ml
クライヌリッシュ 14年 箱入り 700ml
アードベッグ 10年 箱入り 700ml
クラガンモア 12年 箱入り 700ml
ラガヴーリン 16年 箱入り 700ml
シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 700ml
カリラ 12年 箱入り 700ml
ハイランドパーク 12年 700ml
by G-Tools


ふむふむ、なるほどなるほど、、

ん?

ページの最後に書かれている「このお店の近隣のB.Y.B.登録飲食店」ってなんだ?

■ B.Y.B | リカマン
http://www.likaman.co.jp/byb


ふむ、、Bring your bottleってことか、、
てか、それを言うならBring your own bottle、つまりB.Y.O.B.じゃないの?一般的に。

と無粋なツッコミを入れつつ、持ち込み可能なお店が結構あることに驚いた。

いやね、焼肉屋とか居酒屋、レストランだったらまだ理解るんだけど、バーでも持ち込み許可って、、
しかも中には持ち込み料フリーなバーまであるし、、

どうなってんの?

ま、集客の呼び水になればいいってことか。
いくらボトル持ち込みでも、店内でなにもオーダーしない訳は無いしね。

うーむ、これは勉強になった。
アタイもリカマンで買ったワイン片手に飲食店へお邪魔してみようかな。

劣化コルクからのサルベージで生き返ったレミーマルタン

我が家の納戸に鎮座しているこのお酒。
レミーマルタン1758

義父からいただいたレミーマルタン 1738。
素晴らしい芳香を長く楽しむため、以前からチビリチビリと飲っていたんだけど、、

コルク栓が劣化してしまい千切れそうになったため、他の瓶に移さなきゃなーと思っていてそのまま放置になっておりました。
コルク劣化

が、つい先日ブルイックラディが空いたので、こちらへ移してしまおう!という事で早速トライ!

まず、レミーマルタンのコルク栓を開けてみると、、
コルク割れ

はい、案の定ブチッとコルクが割れてしまいました。
ワインオープナーでコルクを抜こうとするも、オープナーの先っちょをコルクに刺してもボロボロとこぼれて刺さらない、、

これはまずいな
という事で、耳かきの要領で軽く掻きだすようにコルクをカリカリしていたら、ずるっと抜けてくれました。

で、あらかじめ熱湯消毒して乾かしておいたブルイックラディ瓶にとくとくと淹れる。
移設完了

これで完了!
ちゃんとレミーの外箱(缶)にも収まってくれます(ここ重要)。
レミーの箱に収めるレミーの箱に収める

さ、これでまた楽しめるな。またチビリチビリと呑るとしよう。
レミーマルタン 1738 700ml
レミーマルタン 1738 700ml

by G-Tools

完熟パッションフルーツを食す

数日前から様子を伺っていたパッションフルーツの実。

青いまま落ちてしまった果実が時間を経て熟成されていく様を見ていたんだが、、ホントに熟してるの?というのは疑問だった。
持った感じ、日に日に軽くなりカサカサに乾いてきたから、中身も同様にカラカラに乾いてるんじゃ、、
パッションフルーツと言えば、割ると中はジュレ状になっているはず。
でも、、

と、少し不安を抱えつつ実食してみました。


パッションフルーツパッションフルーツパッションフルーツ
パッションフルーツ熟パッションフルーツパッションフルーツ>


おお、見た目しっかりとパッションフルーツ!
爽やかな香りとジュレ部分の甘み、種を噛むと強く放つ酸味!

これは美味しい!

咲いていた花が全て結実してたらもっと楽しめてたのに、、
人工授粉するべきだった。

次回育てるときはしっかり雄しべを雌しべにつける作業するぞ!

ということで、パッションフルーツの家庭栽培おすすめです!

和装にハットは結構いい組み合わせ

行ってまいりましたよ、浴衣deビアパーティー in オークラプレミアムビアガーデン!
って、なんか街コン的なイベントかと思われるかもですが、ただの会社の飲み会です。

一昨日書いたとおり、アタイは4年前に購入して1回しか着ていなかった自前の浴衣持ち込みで参戦。
時間がなかったため自分で着付けをしたんだけど、心配していた帯締めが結構すんなりと出来てひと安心。

ハットを被って下駄をカランコロンと鳴らしながら和洋折衷なイデタチで小粋にキメてみました(笑

こんな感じ。特に意味はないけど目線入れときました。怪しさ倍増。
浮かれるオヤジ浮かれるオヤジ

ホントこのオッサン、浮かれてますなぁ(恥

てか、20人弱の浴衣軍団が木曜夜のビアガーデンに押しかけたら、殊の外他のお客さんの注目を集めてしまいなかなか壮観でしたよ。

ちなみに、これが酒と料理のほんの一部。
オークラプレミアムビアガーデン

ワインコーナーで「(赤と白を)それぞれいただけますか?」と尋ねたらロゼも注いでくれてこんな感じに。
はい、もちろん全部いただきましたよ。カルロ・ロッシはほんのり甘いね。

そうそう、この和装にハットというスタイルはCreepy Nuts/合法的トビ方ノススメのPVに出てくるDJ松永のコスです。

つまり金田一耕助の真似の真似。
職場の若い女子からも「昔の探偵みたい」と言われたが恐らく金田一耕助のことだろう。

それにしても浴衣イベントは楽しかった!またやりたいな。
今後夏の定番イベント化することに期待しよう!

さわやかはお子様メニューでもハンバーグに妥協はない

静岡県民(主に西部)ならみんな大好きな炭焼きレストランさわやか。
そしてげんこつハンバーグ(またはおにぎりハンバーグ、手づくりハンバーグ)に魅せられてしまっている県外の人たちも多いだろう。

もちろんアタイの周りの人たちもご多分に漏れない感じで、姪っ子甥っ子の誕生日にはさわやかでお食事会することもしばしば。

という事で、昨夜、みんなでさわやかへ行ってきたんですよ。

二歳半の我が子も大好きなハンバーグにテンションがアガり↑、肉を頬張っていたんだけど、、

さわやかの「おこさまハンバーグ」、子供用とは言いつつもハンバーグの肉感は大人同然でかなりタフネスなんですよ。

メニューの写真で見ると、他のファミレス同様なごく普通のハンバーグに見えるけど

■ おこさまメニュー | 炭焼きレストランさわやか
http://www.genkotsu-hb.com/menu/child.html

実際はこんな感じ

さわやかおこさまハンバーグさわやかおこさまハンバーグ

肉!肉だ!!

お子様相手でも容赦しない肉々しいハンバーグ。
デミグラスソースよりも甘いケチャップでお子様大満足!

こうやって幼少の頃からさわやか修行を受けていくわけだから、大きくなったらよく訓練されたさわやか主義者となるわけですよ。


最後に、この季節といえばデザートに試していただきたいのが「バケツ氷」。

■ デザートメニュー | 炭焼きレストランさわやか
http://www.genkotsu-hb.com/menu/dessert.html

これを一人で食べれたら大したもんですよ。アタイは若いころ良くオーダーして途中でリタイアしていましたが、、

ま、ぜひ一度お試しあれ。

必勝パインでオリンピック支援

今日のお昼は浜松駅構内をブラブラ。
夏休みの学生たちでごった返すところにあえて突っ込み、軽く人酔いするのもまた楽し。

こんな雑然とした空間で食事するなら、ファストフードが一番だ。

ということで昼マック。

メニューを見ると必勝キャンペーンなるものをやっていたので乗っかってみましたよ。

ビーフアンドパイン。
まるでびっくりドンキーみたいじゃないか。

思わず飛びついてみた。
必勝パイン必勝パイン


パイン、、、、?

あ、あった!あったよパインが!

パクついてみると、、う、うん、確かにこの甘さはパインだ。
それ以上でもそれ以下でもない。

アタイは甘辛というか甘じょっぱい味が好きなので、これはこれで悪くはない。
でも、びっくりドンキーのパインバーグを思って食べるとちと酸味とか足りないかな。

今回買わなかったけど、必勝商品に必勝アミアミポテトなるチョコがかかったポテトがあって、なかなか良さげでした。
また今度トライしよう。


そういえば「純情パイン」って漫画あったね。懐かしい、、

数ml残しておいた琥珀の液体たちに別れを

スプリングバンクにラフロイグ。
残り少ない琥珀の液体

このふたつの瓶は空いているわけではなく、瓶底にわずかに液体が残っている。

いや、残っているというか、しみったれた性格が災いして飲めずに置いてあるのだ。

量にしてショット1杯分程度。
クイッと飲ったら終わってしまう量だ。

スプリングバンクは少々値が張ったが、ラフロイグはそこまで高い酒でもない。
しかしながら、何故か最後の一杯が勿体無くて飲むことが出来ない。

という事でずっと箱に入れてしまいこんでいたんだけど、最近それを我が細君にチェックされ「そういうのやめてよね」とたしなめられてしまった。
なので、今日は夏の思い出とともにクッとコイツらを飲み干しております。

ラフロイグの消毒臭、スプリングバンクの華やかな香り、両方とも素晴らしい。

夏の弔いも終わり、旧盆の夜はふけてゆくのでありました。

中華ランチに舌鼓を打ちながら

新しい職場が盟友hideのオフィスから近いということもあり、今日は現地待ち合わせでホテルオークラの中華料理店「桃花林」で一緒にランチをしてきましたよ。

ランチメニューがいろいろとあるなか、ウチらは「チャイナプレート」を選択。
単品で頼んでも良かったんだけど、せっかくだから色々と楽しめるものがいいよね。

つっても、13時にはオフィスに戻らなければいけないから、コース料理は間に合うか少々心配だったが、、

こちら、7月のチャイナプレート内訳。
桃花林 チャイナプレート

アタイは「鶏肉の甘酢かけ」と「担々麺」をセレクト。

まずは棒々鶏サラダ。
棒々鶏サラダ

次に4種ワンプレート。プリプリの海老蒸し餃子と肉の味が濃厚な焼売。旨し。
前菜

メインの担々麺は海老の出汁が効いてとっても上品な味。
今まで食べていた担々麺とは次元が違うぞ、これ。
担々麺

そしてデザートはスイカ入り杏仁豆腐+ライチのシャーベット+アーモンドクッキー。
いやはや、この杏仁豆腐には参った。旨し!
中華デザート

サラリーマンランチということもご配慮いただいてか、皿が空いたらすぐに次を持ってきていただけて(もちろん急かすわけでもなく)、時間的にもちょうどよく収まってくれました。

お味だけでなくサービス面でも実に贅沢なランチタイムでした。
また利用しなければ。

という事で、浜松駅周辺でランチのお店を探している方は是非!

うなぎの国の人だもの

「ka+zさん、明日みんなで夕食食べに行きませんか?」
昨日、総務の女子が誘ってくれたので家の予定を確認しつつご相伴に預からせていただくことに。

定時後、社長とアタイを含めた8人で向かった先は、、浜松駅南側にある「うなぎの藤田」。
明治25年創業の老舗でして、つい先日、なんと白金台店もオープンだとか。

■ 浜松 老舗 うなぎ 藤田
http://www.unagifujita.com/

なに?社長のおごりだって?
じゃ、遠慮無くゴチになりまっす!

と言いながら少々上目遣いでうな重の2段をオーダー。
その他に肝焼きと肝の天ぷらも事前に頼んでくれてありました。

こちらが肝の天ぷら。
ふっくら柔らかく揚がっていて苦味が嬉しい一品。お酒が欲しくなるう〜
鰻の肝の天ぷら

で、こちらが2段うな重。
2段うな重

中をほじってみると、、
2段うな重

はい、もう一段ありました!(ほじり方が汚くてスミマセン)

ふっくらパリッとしたうなぎの身、秘伝のタレが染み込んだ美味しい白米。
肝吸いをすすりながら身を一口食べ、漬物をポリポリする。

あ〜、ホント浜松に住んでてよかったよ。

という事で大満足なお食事会でした。定期的に開催されるそうなのでまた参加せねば。

アウトドア活動慣れしていない人がよく起こす過ち

今日は友人たちを招いて自宅でバーベキュー。
数ヶ月前に購入したカインズホーム印のバーベキューコンロが火を噴くぜ!

という事で、皆が来る前にコンロを組み立て、昨年使った成形炭をザックリと並べた。
直置き

んー、なんだか炭と網の距離が離れていて着火しても熱が弱いな。
ま、肉を焼き始めれば落ちた脂で火事のような状態になるだろう。

はい、早速やり方を間違えております。
コンロに同梱されていたこの網。
炭用

アタイはステーキ肉など大きめなものを焼くときに使う網(?)だと思い込んでいたんだけど、本当はコンロ内にこれを敷いて、この上に炭を乗せるんですねえ。
いや、普通なら知ってることなんだろうけど、アタイは全然気付かずにコンロへ炭を直置きしてたんですよ。

当たり前の話だけど、初回のバーベキューで既にコンロの底がかなり傷んでしまった。
いやはや、物を知らないというのは恐ろしい。


さて、こちらはキヌアのサラダ(皿手前)。
キヌアのサラダ

少し前に我が細君が作ってくれて美味しかったので今回も試してみました。
キヌア自体には味はないけど、一緒に和えたオリーブやトマトがフレッシュな味わいでいくらでも食べられる。

細君はバーベキューの際にタブレ(クスクスを使ったサラダ)をよく作ってくれるんだけど、今後はこれもレパートリーに追加!


それと、今回も肉担当のけいすけ氏がワイルドなステーキ肉を調達してきてくれたので、庭に生えてるローズマリーと一緒に焼いてみましたよ。
ローズマリーローズマリーローズマリー肉

肉の下にローズマリーを敷いて、直接香りづけしつつ、ローズマリーを炭へ落として燻煙。ダブルの効果で程よい香りが食欲をそそります。

という事で、肉肉肉で脂にまみれた一日。もちろん夕食はパスでございます。
明日の朝の体重が心配だが、、ま、美味しかったから特別に良しとしよう。

昼から呑んでいい気持ちになる日

今日は盟友へいちゃんと仕事をサボって(休んで)昼からふたり呑み会。
世の社会人の皆さんが働いている時に一杯飲る。最高じゃないですか!これ!

と言いたいところだが、実はアタイは昼から飲む行為って積極的でない。
というのも、ここ最近のアタイは少し飲むとすぐに眠くなってしまう。つまり、呑んだらそのまま寝てしまい、あっという間にその日一日が終わってしまうのがもったいないのだ。

だから若干禁じ手な感じなのだけど、今回「平日」「昼間」「酔っぱらい」という3ワードをへいちゃんに提示された時に「たまにゃいいかな」と誘いに乗ってみたのね。

ということで、火曜日昼の浜松市街ナカへ繰り出してみたものの、、全然店が開いていない。
少し前にNHKの「鶴瓶の家族に乾杯SP」にて高畑充希が閑散とした有楽街(浜松市のメインストリート)で地元民に話しかけようにも人が全然いないという地獄絵図がありましたが、今日もまた平常運転といいますが、相変わらず閑散としておりました。

で、30分程度ブラついた結果、モール街にある「AB-Z」がよさ気だったので入店。

■ お肉&シーフードの美味しいお店AB-Z(エービーズ)
http://www.localplace.jp/t100053804/

昼はランチメニューということで、ローストビーフ(丼・定食・サンド・単品)が中心。
夜のディナーメニューはローストビーフに加えて1ポンドの大きなロブスターも売りとなるらしい。

ロブスターを試してみたかったがランチということで諦め、ローストビーフ丼をオーダー。
霧雨がぱらつく中、テラス席を陣取ってコロナで乾杯。
AB-Zでローストビーフ丼AB-Zで乾杯

うーん、少し寒い!けどコロナ美味しい!


ガッツリ食して、グビッと呑んで、だいぶ幸せなランチタイムとなりました。
ただ、、案の定、この一本だけで少しオネムになってしまい、ただ座っているだけだと寝落ちしてしまいそうに、、

やっぱ睡眠時無呼吸で眠りが浅いのか原因なのかな。

ま、ともかく昼から飲む酒は適度に心地いいというのが実感できたので、また機会を設けてやってみるとしますかね。

あの素晴らしいタルトをもう一度

毎年この日はキルフェボンのタルトを買っているんだが、やはり週末ともなると平日とは比にならない程混んでいて、お父さんびっくりデスよ。
と言いながらも、5分程度待っていたら店内に入れたし、その後もスムースに購入ができたので良かった良かった。

ま、15時過ぎだと既に完売しているタルトもあるから、それについては残念なんだけど、そこは出足が遅かった自分のせいなので仕方ない。

さて、この時期のキルフェボン オススメタルトってのがアタイの中にありまして、今日もそれお目当てで来店したんだけど、、

あれれれれ???
あのタルトが無いですよ??

売り切れとかではなく、そもそもメニューにないじゃないの!!
あの美味しかった「トマトのタルト」が!!!

■ (魚拓)浜松|メニュー|こだわりのタルト、ケーキのお店。 キルフェボン
http://megalodon.jp/2016-0611-1626-24/www.quil-fait-bon.com/menu/?tsp=6

むむむ、、なんてえことだ。
去年一昨年とこのトマトタルトシリーズに魅せられまくっていたから、今年の作品もすごく期待していたのに、まさかのスタメン除外とは、、

■ 2014年|日々是妄想 : Qu'il fait bonのトマトちゃんタルトが絶妙な旨さ
http://blog.livedoor.jp/katz_stlips/archives/52131443.html

■ 2015年|日々是妄想 : 6月のタルトは特別な味
http://blog.livedoor.jp/katz_stlips/archives/52179354.html

ま、残念だけど仕方ない。
であれば、他のタルトを選ぶまで(当然だが)。

今年は我が子も2歳半となってケーキ類が食べられるので、ひとつ追加で以下の5種類のタルトを購入。
キルフェボンタルトズ

グレープフルーツとヨーグルトムースのタルト
南国フルーツのタルト
レモンのティラミス
ブルーベリーのタルト
チョコレートとミントのタルト

どれもこれも美味しそう。
特に南国フルーツのタルトとブルーベリーのタルトは我が子が好きな果物どっさりだから、喜んで食べてくれるかな。楽しみだね。


さて、、話を戻すと、なぜ今年はトマトのタルトが販売されなかったのだろうか。
当時のネットでのカスタマーの反応を見ても上々だったと思うんだが、、特に昨年のフルーツトマトとチーズのタルトは絶品だったと思うのだが、、

キルフェボンさん、来年の6月はトマトのタルトの復活を渇望いたします!是非是非よろしくお願いいたします!!

カルディで是非買いたいオススメ商品1選(俺オールタイムベスト)

みんな大好きカルディコーヒーファーム!
もちろんアタイもご多分に漏れず大好きでして、ショッピングモールなどでテンポを見つけると思わず立ち寄ってしまいます。

多少偏りが有りますが、輸入食材や酒類がサクッと調達できる便利さがたまらんですな。

で、はてブのホッテントリなどを見ていると良くカルディ商品のオススメ記事を見かけますが、

■ 女性に人気!カルディ(KALDI)行ったら買うべきオススメ商品 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2140622227725465801

■ カルディで是非買いたい!オススメ商品「10」選♪ - macaroni
http://macaro-ni.jp/13216

■ 2016年最新版!KALDIのおすすめ商品21選 | nanapi [ナナピ]
https://gourmet.nanapi.com/ja/125245


アタイが「これは絶対に買っとけ!」というイチオシ商品が全く取り上げられていないのでヤキモキしております。

さて、それはなんでしょう?
ロータスのカラメルビスケット?
生ハム切り落とし?
ざく切りオリーブのブルスケッタ?
ブルサンのガーリック&ハーブ?
冷凍シナモンロール?
ランブルスコの赤?

いえいえ、その辺りはみんな取り上げてるじゃないですか。

これらも大好きな商品ですが、アタイが絶対買う一品はこれですよ!これ!
コルッシ ノンソルトクラッカー

■ コルッシ プレーンクラッカー 250g | カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ
http://kaldi-online.com/item/8002590017521.html

コルッシのノンソルトプレーンクラッカー!!

シンプルな味わいとたまらない香ばしさ。
なにも付けずにこれだけでバリバリいただけてしまう美味さ。

もちろん前掲の生ハム、ブルスケッタ、ブルサンを乗っけて食べると更に美味さ倍増。
ボロボロとかけらがこぼれてしまうのは少々難あるが、ま、そこはご愛嬌。

某プレミアムなハード目のクラッカーなどとは一線を画した香りを是非味わっていただきたい。
という事でオススメです!

以下、前掲のアタイ推し商品のオンラインショップ商品ページも記載しておきます。
ご参考までに。

■ コロナロータス オリジナルカラメルビスケット
http://kaldi-online.com/item/5410126306286.html

■ 生ハム切り落とし
http://kaldi-online.com/item/4997540956644.html

■ ざく切りオリーブのブルスケッタ
http://kaldi-online.com/item/4515996090394.html

■ ブルサン ガーリック&ハーブ
http://kaldi-online.com/item/4571440450015.html

■ カルディオリジナル シナモンロール
http://kaldi-online.com/item/SET05_902697.html

■ ランブルスコ赤
http://kaldi-online.com/item/8004810247480.html
楽天サーチ
楽天で探す
楽天市場
当ブログのお約束
【記事の引用など】
当ブログの記事をご紹介いただく場合はこちら↓をご一読ください。
[ここに書いてある文章を引用される際のアレコレ]

【賞味期限について】
当ブログは2005年から書き綴っているため、過去の記事には現在の時流に合わないものも多々あります。
ご注意ください↓
[その情報、もう賞味期限切れてますよ!]
ブログ内検索
Loading
つぶやいてます
ツイートまとめ読みは↓こちら
http://twilog.org/katz_mo

マンスリー書庫
俺プロフ
プロフ写真

name:ka+z/mo

初老のWeb/IT系リーマン。

脳内妄想が激しく、常に悶々としています。妄想力ならチェリーな高校生にも負けません。

見事なまでの童貞こじらせ系です。

6%ロシアの血が混ざってますが、祖国の記憶は全くありません。ウォッカとボルシチは大好きです。

ディープハウスとクラブジャズがフェイバリッツ。アフロなリズムに泣きの美メロ、スパニッシュなギターとモントゥーノなピアノとRhodesの響き、そして黄金進行。それがあれば毎日幸せ。

Beatport MIXESでMIX音源を公開していますので、よろしければご視聴ください→http://dj.beatport.com/katz_mo

QLOOKアクセス解析