日々是妄想

マイカーに関するアレコレ

保護フィルムを剥がせない男

例えば携帯やスマホ・タブレットの類。
新品購入すると液晶画面には保護フィルムが貼ってある。
もちろん普通なら使いはじめる際にこれをベリッと剥がしてしまうものであるが、アタイは少々躊躇してしまってなかなか剥がせないことが多い。

とは言え、数日使っていれば煩わしさを感じてくるので剥がしてしまうことになるわけだが、今回、ある保護フィルムが例外的に貼りっぱなしの状態になっている。

それはここ↓
保護フィルム

乗り始めてもうすぐ2ヶ月が経とうとしている愛車シエンタの保護フィルムです。
いや、このフィルムこそすぐに剥がせよって場所なんだけど、降車時に足が当たりやすいところに貼られているから結構便利なのよ。

納車前にオーナー以外の人が乗り降りして傷がつかないようにしているだけあって(と勝手に解釈している)、いい仕事してますな。
これも集合知から弾き出されたユーザビリティーの解なのだろう。素晴らしい。

ということで、もうしばらくはこのまま貼りっぱで。

トヨタディーラーならではのおもちゃの携帯電話

今日は早くもマイシエンタの初回点検をしていただきましたよ。
まだ納車から一週間半しか経っていないし、本来なら一ヶ月点検というかたちなので今月後半になるんだけど、最近は100〜200km走行したあたりで行なうのが一般的とディーラー担当が勧めてくれたので連休中のこのタイミングでお願いしてたのね。

ちなみに、走行距離はちょうど500km。本当にちょうどいいタイミングだったかもね。

という事で一家でディーラーへお邪魔し、点検中にキッズスペースで我が子と遊んでたら、なにやらコーナーの一角にこんなおもちゃが。
おもちゃけいたい

携帯電話。子供大好きだよね。
我が子もウチらのiPhoneを「もちもち貸ちて!」とおねだりし、貸し与えると耳に当てて「もちもち〜みんなですか〜?」とか「もちもち〜みんなでーす」という誰に対して応対しているかわからないやりとりを良くしております。

つまり、このおもちゃ携帯に我が子が飛びつくのは言わずもがなであり、中にあるガラケー・スマホを全部出して我々夫婦に分け与え、「もちもち〜みんなでーす」と三人で言い合うという大変微笑ましい遊びをしておりました。

で、よく見るとこの携帯、普通のおもちゃじゃなくて、本物のau携帯・スマホのモックなのよ。
ああ、そうだ。そういえばトヨタはIDO時代の親会社だったっけ。トヨタディーラーがauショップやってたりするから、その関係でモックが使えるのか(もちろん画面はダミーだけど)。

子どももおもちゃじゃなくて限りなくホンモノに近いから満足感あるよね(操作はできなけど)。

個人的に、ガラケーが何個かあったのが新鮮だったな。
おもちゃけいたい

恐らくこれは現行機種か数世代前のものなんだろうけど、やっぱ電話用途と考えるとガラケーが一番しっくり来るな。
後、Xperiaのミニタブもあったので手に持ってみたら、これが結構しっくり来てよかったな。

Nexus10はでかすぎて正直あまり重宝していなかったり。
モバイル用途で考えるとこの辺りが一番使い勝手いいのかも。二束三文でnexus10売って変えようかな、、ってそんな懐にそんな余力はありませんが。

という感じで、僅かな時間だったけど結構楽しめました。また来よう。

iPhoneでGoogleマップのルート検索すれば完全にカーナビとして機能するね

新しい愛車のシエンタはまだカーオーディオとカーナビが付いていない。
先日のエントリーでも披露したけど、インパネはこんな状態です。

シエンタインパネ

地図もない、音もない、交わす言葉、、はある。というか会話で溢れている。実にハッピーなドライブ。

でも、やはりナビがないと不便なことは間違いない。
特に初めて訪問するエリアなんて、道路の案内標識だけじゃ全然わからない。

20年前はマップルとかの地図本を車内に常備して、迷っては止まって地図確認、迷っては止まって地図確認を繰り返して歩を進めていたけど、流石に今はそんな面倒くさいことができない。

てなわけで、コイツの登場です。
Nexus10でYahoo!カーナビ!

と思ったんだけど、タブレットを立てかける場所がない。
助手席に置いても音声以外に確認できない。

こりゃ使いづらい。確認するために横向いてたら事故るしな。危険危険。

ん?
ここにiPhoneを立てかけたら、、
iPhoneでカーナビ

おおっ!

iPhone立てかけでGoogleマップのルート検索。これかなり使い勝っていいじゃん!

コンソールのセンターに置かれたナビだとどうしても視線が道路から外れてしまうが、これだったら多少目線を下にやればルートが確認できるし、すぐに道路へ戻せる。
それにGoogleマップのルート案内がかなり秀逸で、車速パルスも拾っていないのにかなり正確に車の位置がトラッキングできている。

驚いたのが、帰りに御殿場インター入り口を目的地指定した状態で間違えてインター入口の側道へ入ってしまった時、ゴール地点から20mほどしか離れていない場所なんだけどちゃんとインターとは別の道と認識して案内を継続してくれてた。
こちらの↓マウスカーソルで指している側道ね。
御殿場インター

A4 Avantのカーナビだったら「目的地周辺です」で早々に終わっているレベル。Googleマップ、精度高いわ。

という事で、ナビに関してはこのスタイルで充分じゃないかとすら思えてきております。オススメ!

でも、オーディオはやっぱ必須だなあ。早めに調達しなければ、、

大安吉日ときどき雨な納車

ついにこの日がやってまいりました!
11月に契約してから5ヶ月。ようやく我が家にシエンタがやってまいりました!

本当は19日にディーラーに届いていたんだけど、今日の夕方に別件で大事な用事があったので納車日をあわせてもらったら、図らずも大安吉日。
よっしゃ!これで晴れてくれれば気持ちよくシエンタを迎えてあげられるぞ!


と思ったら、、はい、朝から雨です。
という事で、少し湿っぽい納車となってしまいました。
青シエンタ青シエンタ

おー、キレイな青だ。
代車のエスクァイアと比較したらかなりコンパクトだけど、その分取り回しがいいからすぐに乗り慣れそう。

営業担当から一通りの説明を受け、我が子用にチャイルドシートも取り付け、よし!いざ出発!
とシエンタを走りださせてみたら、、

なんと我が子が大泣き(焦
「おっち(お父さんの意)の車は?おっちの車は?」と問い詰められる。

つまり、、、我が子はエスクァイアが新しい車だと思い込んでいたらしく、すっかり気に入ってしまっていた様子。
結局泣きつかれて眠る直前まで糾弾されておりました。

この車がおっちの新しい車だよ〜いい車だよ〜と何度も言い聞かせたんだが、、納得してもらえただろうか。
明日の登園時もこりゃ一悶着ありそうだな。


さて、このシエンタ、まだカーステカーナビは装着されておりません。
シエンタインパネ

つまり、他に気を取られずに純粋に家族でドライブを楽しめるってこと!
てか、週末のお出かけ時に後部座席の細君と子が飽きなければいいんだが、、早くナビとリアモニタを着けなければ。

という事で、新しいカーライフのスタート。
ものより思い出(日産)、シエンタに乗って家族でたくさん思い出作るぞ!
HELLO

車が運転の癖を指摘してくれる時代

先日、代車のVitzで発進時に誤操作をしてしまったというネタを書きましたが

■ 日々是妄想 : 発車時の誤操作は高齢者だけの問題じゃなさそうだ
http://blog.livedoor.jp/katz_stlips/archives/52209219.html

代車が車両補償なしのエスクァイアに変わり、今まで以上に気を遣う状況に。
ガリッとこすっただけでコトだからね。修理費自腹。ひゃ〜気をつけねば、、

などと考えながら信号待ちをしていたら、センターモニターに「ブレーキをもう少し踏み込んでください」という表示が。
この奥のモニターね↓
エスクァイアインパネ

ええっ!?そんなことまでサポートしてくれてんの?!
これすごいなぁ。

てか、確かに言われてみるとアタイは信号待ち停車時のブレーキの踏み込みが甘いかも。
気を抜いて発信してしまったということはこれまでなかったけど、よそ見してたらズルズルと進んでしまうこともあり得るよな。

こうした運転手の癖を正してくれる機能って、地味だけどある種未来的な感じするわ。

未来的といえば、近い将来自動運転車が主流になる時代がやってきそうな潮流がありますが、こういった細かい動作解析の集合知として出来上がっていくんだなと勝手に思い込んで少々感慨にふけっております。

車社会の未来は明るい。きっと。

ウェルキャブの構造に難儀

今現在ディーラーから借していただいている代車はウェルキャブ(福祉車両)。
車いすの乗り降りがスムースになるよう、荷台にスロープが付いているのよ。

先日も掲載したけど、こんな感じ。
福祉車両

このレーンが伸びてスロープとなり、持ち上げることなく車いすを載せることができるのです。
なるほど、便利な構造だな。

助手席の後ろのシートは倒してあるらしく、そこに車いす固定用の金具が付けられている。

最大2台まで積載可能なんだな。ふむふむ。

でも、、こんな特殊な試乗車を一ヶ月近く借りてしまっていいの?
ウェルキャブを試乗しにきたお客様に迷惑がかかるんじゃ、、

と心配していると、ディーラー営業マン曰く「他に代車がなかったから仕方ない」とのこと。
もしかしたら途中でポルテが手配できるかもしれないとのことだったんで、都合がついたらまた交換してもらうことに。


そして、週末。
親子3人でお出かけするため、いざ倒してあると思しき席を起こそうとすると、、
助手席側のリアシートはなし

あれ??席がないぞ???
マットの下はそのままボディ。
シートのように見えたのは錯覚で、席そのものがありませんでした、、(汗

いや、よくよく考えれば倒したシートの上に車いすを固定したら土台が脆弱で万が一のことも起こりうるから当然といえば当然。
そうか、営業さんが言ってた「後ろの席が必要だったら出してもらえれば」というのは3列目シートのことだったのか。

仕方なく我が細君は助手席、我が子はアタイの後ろのチャイルドシートという配列になり、後ろに1人残した我が子を助手席の細君が首を曲げて注視するというスタイルに。

こんなんじゃ遠出できないよ、、
という事で、もうこの車を3人で乗るのはやめることにしました。

早くシエンタ納車されないかなぁ。

車両補償のない代車に乗る

ディーラーの営業担当から昨日連絡があり「レンタカーの期限は4/1だけど前倒しで代車交換したい」との申し出が有り、先ほど、車を変えてもらいました。

はい、こちら。
エスクワイヤ

エスクァイアの福祉車両タイプです。
で、、、でかい。
これ、我が家の駐車場に停められるのか?

Wikipedia情報によると、全長4,695mm/全幅1,695mmとのこと。A4 Avantが4,586mm/1,816mmだったから、長さはほぼ変わらず横幅が狭くなったって感じか。
だったら問題なく停められる、、か。

で、だ。
これまで乗っていたVitzはレンタカーということもあってか車両保険の保障がしっかりしており、対人対物車両すべてにサポートされていただんけど、この代車はディーラーの試乗車ということもあってか保険の内容が対人対物のみとなっていて、車両保障はなし。
なので、こすったりぶつけたりしたときの修理費は自腹となる。

いや、当たり前っちゃ当たり前な話なんだけど、正直怖いなあ。
大きいから視認性悪いし、バックから駐車の際にぶつけちゃったらどうしようか。

来月は遠出の予定もあるし、、

ホントいつも以上に運転に気をつけなければいかんな。

てか、まだシエンタの納車日確定しないのかよ、、完成予定日も見通し立ってないらしいし。
待ち遠しいなあ、、

出金するのにも一苦労するご時世

気付いたらもう3月末。
来月にはいよいよシエンタが納車される、、、の前にしておかなきゃいけないことがある。

それは支払い。

「納車時期が近くなったら払込用紙をお届けします」と言われて待てど暮らせど届かなかったので催促したら、担当がインフルで休まれていたそうで、、

で、つい先日、ようやく手元に届きました。
金額の証明

「4月1日頃までに」だって?
いやいや、さっさと払っちゃいますよ!

てなわけで昼休みに銀行巡りをしてまいりました。

まず、メインバンクから必要な金額を下ろし、その足で指定の静岡銀行へ直行。
Straight outta Shinkin-bankってな感じでサックリ銀行まで走ってくるよ。Bank run〜♪


と首尾よく行きたかったんだけど、年度末の慌ただしい時期にそう簡単にいかせてくれないのが世の常。
最初の銀行での出金でいろいろと問題が、、

まず、出金伝票を持って窓口へ行くと、大きな額を窓口で出金する場合は身分証明が必要とのこと。
運転免許を渡すと、今度は「このお金をなにに使うのか?」と用途を問われた。

あー、振り込め詐欺や不正出金防止のための確認というやつか。

「車を購入するんで」と口頭で伝えて、とりあえず待合いで一休み。

すると、行員がやってきて、車を買う証拠が欲しいとのこと。
見積書か購入明細がわかるものはないですか?と問われたが、そんなものいつも持ち歩いてるわけないじゃない。

二人で顔を見合わせて「どうしましょう?」状態に。

あ、ディーラーからいただいた払込用紙(前掲の写真)に手書きだけど金額が書いてあったな。
これじゃダメですか?と確認したらOKをいただき、無事出金することが出来ました。

いやはや、確かに防犯という意味では大事なんだけど、面倒くさい手続きだな。
でも、ここまでガチガチに防御しても振り込め詐欺がなくならないってのも妙だよね。それだけ詐欺手口が巧妙化してるってことなのかもしれないけど。

てか、遊ぶために大金下ろすときはどうなるんだろ?
計画書とか用意しなきゃいけないんだろうか。なんだか不思議。

今後は窓口出金するときは準備を万全にしていかなければ!だな。

A4 Avantとの真実のサヨナラ

なお、タイトルはアタイの大好きなkinkikidsの曲から引用。


さて、元愛車アウディA4 Avantを見送ってから早18日。

■ 日々是妄想 : 「わ」ナンバーで行こう! 〜 rent-a-car a go go! Second Season
http://blog.livedoor.jp/katz_stlips/archives/52209020.html

代車のVitzにも慣れ、小回り利くから結構使い勝手いいななんて思えてきたりして、殊の外代車ライフを楽しめております。

そういえば業者に引き渡したA4は、確かその足で中古車オークションUSSの会場に持ち込まれると言っていた。
そこで一通り検査を受けるとのことで、検査にて重篤な不具合(メーター戻し、事故車判明、水没有り、、など)が見つかったら、今回の取引はご破算になると聞いていて、薄っすらと気になっていたのよ。

いやいや、アタイが乗ってる間にはそんな事故は起きていないし、購入した時もオークション会場から直でショップに届いたばかりのものだったから、前回の検査もパスしているはず。
「何もなかったら特に連絡しません」とは聞いていたが、ホントに何も連絡がないとちゃんと進行しているのかどうか心配や、、

と気にしながら昨夜帰宅してみると、一通の封書が。
名義変更完了

おっ!名義変更完了!
検査パスできてよかった、、

そういえば、入金予定日っていつだっけ?
3/18入金予定

ああっ!明日じゃないか!

という事で、日が明けて今日、ウキウキ Wake me upしながら入金を確認。
入金確認

これで、名実ともに自分のものではなくなってしまった。すべてが終わったということか。

寂しくもあるが、新たなオーナーの元へ旅立っていくことにエールを送りつつ、4年半のドライブに感謝。
グローイングアップ アップップ。泣いたら負けだよ。


ちなみに、、本日ディーラーに確認したところ、シエンタの納車日は、、、まだわからないとのこと(涙

今契約すると7月以降の工場出荷とのことだし(本日時点)、相変わらず大人気ですな。

■ toyota.jp 納期目処のご案内(魚拓)
http://megalodon.jp/2016-0318-1937-14/toyota.jp/information/nouki/

はよこいはよこいシエンタ。待ち遠しいっ!

発車時の誤操作は高齢者だけの問題じゃなさそうだ

一昨日から乗っている代車のVitz。
車重が軽くて少しアクセル踏んだだけでブィーンと軽快に走ってくれていい感じ。

それは斜度のキツイ上り坂にてより効果を実感できる。
A4 Avantと比べると車重が1トン近く違うからね。それも当然なんだけど。


さて、昨日は終日出たり入ったりで基本外回りをしていたんだけど、ドライバー歴20年強で初めてやらかしたことがございます。
しかも1日に2回も。

いや、初めてというのは嘘かもですが、あったとしても記憶に無いくらいなので、自分にとってはかなりレアケースなのです。

で、なにをしでかしたかと申しますと、アレですよ、発車時のギア間違い。
バックしようとして前進してしまうというアレですよ。

場所は両方ともコンビニの駐車場。
前から突っ込むスタイルで駐車した状態で、いざ発車しようとギア入れて後ろを見ながらブレーキを軽めに離したら、、

おわっ!見てる方向と逆に進んだ!
慌てて再度ブレーキを踏み込んで事なきをえましたが、、

てか、アタイは発車の時にアクセルを踏まずにクリープ現象で車を出すので、発車でうわーんとダッシュして正面に突っ込むことはないと思うんだが、、

いやいや、もしかしたらブレーキから足を離した状態だった場合、慌てて踏み直したらアクセルだったということも確かにあり得る。今回はたまたま誤操作しなかっただけかもしれない。
そう考えるとかなり恐ろしい。

それにしても、なんで2回も間違えたんだろう?
もしかして、このシフトレバーの形状?
シフト

このカクカクするシフトレバーってほとんど使ったことなかったんだけど、正直、少し操作しづらさある。
前後間違い以外にも、シフトレバー見ずにドライブに入れたつもりがニュートラルで止まってたことも数回あった。

でも、流石に前後を間違えるのは関係ないか、、

とにかく、もう既に老齢の域に入っているわけなので、車の運転気をつけなければ。

「わ」ナンバーで行こう! 〜 rent-a-car a go go! Second Season

昔書いたエントリーのタイトルに合わせてみましたが

■ 日々是妄想 : 「わ」ナンバーで行こう! 〜 rent-a-car a go go!
http://blog.livedoor.jp/katz_stlips/archives/50884661.html

内容は全く関係ございません。


さて、我が愛車、いや、元愛車と呼ぶべきだろうか、アウディA4 Avantが本日10時半に旅立っていった。
さらばA4さらばA4

勝手な想像で「買取時はレッカー車で運搬するもの」と思っていたんだけど、実際は引取業者の担当者が1人でやってきて、引取車を運転してそのまま袋井市まで運ぶという。

袋井?買い取ってもらった業者さんは静岡市清水区に事務所があるはずだが?
と不思議に思いながら、車両引取書なる契約書の控えを確認すると、行き先は「USS静岡」とのこと。

なんだ、直接オークション会場へ行くのか。
なるほど、そこで車両のチェックを行い、不具合があった場合は突っ返されるというわけね。

合理的っちゃ合理的だけど、、大丈夫なんだろうか?
今更になって心配になってきた、、

ま、契約書があるから検査が通れば満額いただけるはずなので、あまり心配しすぎるのは良くないな。

大丈夫、大丈夫、、(汗


で、午後にトヨタの担当が代車を届けてくれました。
わ vitz

黒Vitz!なかなかスマートでかっこいいな。

見ての通り「わ」ナンバー。今日から4月1日までの1ヶ月間はこのレンタカーで過ごさせていただきます。
そこから納車まではディーラーが直で代車を出してくれるから足がなくなることはなくて安心なんだけどね。

で、、だ。
肝心のシエンタの納車だけど、当初4月上旬との話だったのが、年初の愛知製鋼(トヨタ関連会社) 知多工場の爆発事故を受けて2月上旬にトヨタ工場が1週間ほど生産停止状態に陥っていた影響をモロに喰らって、納期が延びているとのこと(涙
なんという、、なんということだっ!

仕方ないことだが、、いや、むしろ貴重な体験かもしれぬな。

レンタカー返却の頃には納期が判明するとのことなので、気長に待ちますか。




、、、てか、4月に入ってわかってなかったら問題だろって話だけどね(汗

adieu A4, adieu audi

気がつけば2月末。
週明け火曜日には、ついに愛車アウディA4 AVANTを業者へ引き渡さなければならない。

という事で、最後のドライブも兼ねて、月末恒例の墓参りは愛車で行くことに。

計算では前回の給油で間に合うはずだったが、昨夜の時点で給油サインが表示されていたため、行きがけに10リットルほど足して出発。
いつも走っている道も、この車では最後かと思うと少し感慨深い切なさがある。
天竜川の橋の上、そういえば袋井在住時はここが通勤路だったな。なんて思い出しながら。

墓に着き、駐車場で写真を撮ってみた。
A4アヴァントA4アヴァント

そういえば、10年前にもここでTTの写真を撮ってブログのプロフに掲載していたな。
TT

これがアウディ人生の始まりだった。だから、最期もここで〆たかったという想いもあったので、そういう意味でも感慨もひとしおである。

正直に言うと、A4に関してはあまり思い入れが強くなかった。
その前に乗っていた初代TTが内外のルックスと走りの性能が尋常でないほど素晴らしかったので、それと比較してしまうとどうしてもテンションが下がってしまう。

そもそもTTの後にツーリングワゴンを選択したのは、今後の結婚生活などを意識した故に居住性や快適さを求めての話だったのだが、本革シートとコンソールのテイストがラグジュアリーなところ以外は拍子抜けだった。

特にリアシートの狭さはかなり厄介で、子どもが出来てチャイルドシートを運転席後ろに装着するためには運転席をかなり前に出さないといけないという状態に。
仕方がないので、シートを前に出して脚を少し曲げた状態で運転しているため、快適さはかなり損なわれている。

それに加えて燃費の悪さ。
3.2リットルという排気量から考えればわかることなんだが、、でもまさかリッター5kmを切るなんて思わなかった、、鯨飲とはまさにこの事。
ガソリン代が安くなっているとはいえ、なかなか厳しい。

だから次に乗る車には「前後それぞれの席が余裕持って座れる」や「レギュラーで燃費が良い」という部分に執拗に拘って選んだ。
それくらい、A4には不満があったのだ。

とは言え、流石にプレミアムクラスな車種だけあって、各々のパーツの品質は高かった部分は良かった。
特に、10年落ちとなれば大抵は黄色く変色して曇ってしまうフロントライトが未だに綺麗な状態を保っているというのは素晴らしい。
フロントライト

TTですらも手放す頃には変色して曇りが出てたからなぁ。これはすごい。

と、最後は一応褒め言葉で締めておきましょう。

先代TT〜A4と11年乗り続けたアウディ車もこれでおしまい。
色々あったけど楽しかったよ。ありがとうアウディ!

最後の給油となるだろう

ガソリン価格車を走らせていたら給油サインが点灯した。
気がつけばもう2月も中旬に入ろうとしている。

この車は大体20日くらいの給油サイクル。
車の引き取りは3月1日。

つまり、いつも通りの乗り方をしていれば、これが最後の給油となるだろう。


さて、原油価格が暴落し、数年前では予想すらできなかったこのガソリン価格の落ち方。
この恩恵を受け、ハイオク価格は特価で116円。コストコではもっと安いらしい。

そういえば20年前は確かこの水準だったな。
路面のガススタでもハイオクが110円切ってた。
そこまでは到達していないけど、まさかまたその時代が巡ってくるとは。

そのハイオクの給油も今回で終わり。
今後はレギュラー給油なので自分のお財布にも優しくなるから嬉しいね。

、、、と、いろいろと感慨深い給油タイムでした。
そろそろ車内の整理を始めなきゃな。


車の買取契約が締結されたよ

シエンタ納車まであと3ヶ月!
そして、ディーラーから1ヶ月ほど代車を借りられるので、今乗っているアウディA4 Avantは2ヶ月後には手放さないといけない。

つまり、そろそろ買取手配をしなくては!というタイミングなのね。
で、ここんとこ各買取店と調整をしていたんだけど、10月時点では60万円という数字がついていた愛車も、3ヶ月経ってみたらかなり値段が落ちておりまして、正直ショックが隠せない状況、、

ま、当時は走行距離が73000km辺りだったけど、今は75000kmを超えてしまったからね。
ランクが一つ下がってしまったというのは結構痛かったのかも。

そんなわけで、いろいろ検討した結果、本日買取査定に来ていただいたTxTガレージさんにお任せすることにいたしました。
正直、金額に関しては他の店(●ーチス)と大差なかったんだけど、担当者の方の丁寧で真摯な対応とわざわざ清水からお越しいただいたというお手間も加味して、決めさせてもらいました。

事前にクチコミ情報をチェックしていたんだけど、全然悪いところなかったな。

例えば(今回は声をかけていないけど)業界最大手の巨人的な名前の店とか、買取契約した後に改めて審査をしてあそこが悪いここが悪いとケチつけて買取額下げるという話も聞くが、TxTガレージさんはもし買取後の審査で何か不備が見つかったら(修復歴の虚偽申告、走行距離不正変更、盗難車発覚等)契約取り消しという形で対応されるとのこと。
うん、明快だ。この方がこちらも安心できるよね。

さ、これで車関係の手続きもほとんど終わったし、後は残り少ないA4 Avantとの時間を有意義に過ごすとしよう。

コインパーキング 悲喜こもごも

先週末、客先での打合せが終わり、車を停めていたコインパーキングへ足早に向かった。
このところ急激に寒さが増したせいで、パーキングの精算パネルを操作する手がかじかんで震える。

幸いにも精算所のすぐ近くに車を停めていたため、駐車位置番号を目視で確認しながら入力し、精算確認ボタンを押してみると、、

料金は100円。

ん??100円とな?

ここは20分100円のはず。アタイは1時間ちょい前に停めたはず。
400〜500円の料金を想定していたのに、、なぜ100円?

よく見るとパネルに表示された入庫時刻は18:33。その時の時間は18:57。
100円駐車

ん?アタイが停めたのは17:25頃だったはず。

つまり、、これは18:33に誰かが間違えてアタイの駐車位置番号で精算してしまったってことか。
いや、ハッキリと断言できるわけじゃないけど、そう考えると腑に落ちる。

見知らぬ親切な人が300円おごってくれたってわけだ。いやはやありがたいねえ。
じゃなくて申し訳ないというか座り心地が悪いというか、、なんかモヤモヤ。

このままじゃ気持ちが悪いので管理会社へ電話して確認してみたけど、特に「間違って支払ったので返金を」というような連絡はきていないらしい。
とすると、このままいただいちゃう形になりますけど大丈夫なんでしょうか?と恐る恐る訊くと「間違えたであろう人と連絡も取れないし、いいんじゃないでしょうか」というご意見。

ふむ、、、ですよね。

てかね、アタイも同様にコインパーキングで間違えて他の車の駐車料金を支払ったことがあるんで、間違えた時の苛立ちと脱力感は痛いほど理解できる。
だからこそ、今回の誰かが支払ったであろう1時間分の無念を成仏させねばならぬ。有意義な形で。

なので、駐車場に向かって一礼し、このご恩を素直に受け入れることにいたしました。
本当にありがとうございました。

そして、これをご覧の皆さんがコインパーキングの精算時にトラブルに見舞わないよう、心よりお祈りいたします。
楽天サーチ
楽天で探す
楽天市場
当ブログのお約束
【記事の引用など】
当ブログの記事をご紹介いただく場合はこちら↓をご一読ください。
[ここに書いてある文章を引用される際のアレコレ]

【賞味期限について】
当ブログは2005年から書き綴っているため、過去の記事には現在の時流に合わないものも多々あります。
ご注意ください↓
[その情報、もう賞味期限切れてますよ!]
ブログ内検索
Loading
つぶやいてます
ツイートまとめ読みは↓こちら
http://twilog.org/katz_mo

マンスリー書庫
俺プロフ
プロフ写真

name:ka+z/mo

初老のWeb/IT系リーマン。

脳内妄想が激しく、常に悶々としています。妄想力ならチェリーな高校生にも負けません。

見事なまでの童貞こじらせ系です。

6%ロシアの血が混ざってますが、祖国の記憶は全くありません。ウォッカとボルシチは大好きです。

ディープハウスとクラブジャズがフェイバリッツ。アフロなリズムに泣きの美メロ、スパニッシュなギターとモントゥーノなピアノとRhodesの響き、そして黄金進行。それがあれば毎日幸せ。

Beatport MIXESでMIX音源を公開していますので、よろしければご視聴ください→http://dj.beatport.com/katz_mo

QLOOKアクセス解析