日々是妄想

フォトで投稿

キャラクターショーは体力勝負

アンパンマンショー今日は年始休暇の最終日。
と言っても我が細君は今日から出勤なので、我が子と二人で遊びに出かけることに。

向かった先はイオンモール浜松志都呂店。
目的は1Fセントラルコートにて行われるアンパンマンショー。

11時の部を見るために30分前に会場入りしたんだが、、、ステージ前のアリーナ席はぎっしりと満員。
アリーナを囲むかたちで用意されている立見席も人が群がって4層くらい折り重なっている。

仕方ないのでスキマを見つけて我が子を抱えたままススッと入り込んだ。
もちろんここから少しでも動いたら場所は取られてしまうからイベント終了までピクリとも動くことは出来ない。

もしこの状況下でお腹が痛くなったらどうしよう。
そんな不安も胸に抱きつつ、ひたすら待つ。

5分くらい経過しただろうか。
10kgちょいの我が子を抱いた右腕がしびれてきた。

「ちょっと降りてみない?」
「いーやーよー」

笑いながら我が子が答えるので「まーそう言わずに、、」と下ろそうとすると「いやー!いやー!」とマジ顔で激しく抵抗され、やむ無く左腕にポジションチェンジ。

「ちょっと降りてみない?」
「いーやーよー」

そんなやり取りを5〜6回繰り返し、背筋がこわばってきたところでMCのお姉さんのアナウンス。
写真動画の撮影は良いがネットにアップするのは厳禁という基本的な注意をしつつ、併せて立見席の最前列でしゃがみこんでいる人たちに「立見席は座らないでくださいね〜」と明るい声でたしなめた。

が、彼らは特に立つこともなくそのまま時は流れた。

その後、アタイの後ろにいたちょっとガラの悪そうなしゃべり方の女性が「これじゃ見えないじゃん。前の方で座ってる人がいるんだから全員座れよな」と、恐らくアタイに向かって言ってる感じでボヤいていた。

確かに身長178cmのアタイが子どもを抱えたら後ろの人たちは見えづらいだろう。
しかも、アタイだけでなく周囲にいたお父さん連中が皆同じくらい高身長だったので、完全に壁になっていたかもしれない。

とは言えスキマからステージが見えてたはずなので、特に避けることもせずに立っていた。

そんなこんなで時間は経ち、ようやくショー開始。
MCのお姉さんが登場し、直接立見席座り組に立つよう指示をすると、、、

あっ!みんな立ったらアタイの位置からもステージが見えづらい状態に、、
しかも先頭のお母さんがやたらでかい帽子を被ってるせいでステージ中央が全然見えない。

これも因果応報というやつか。微妙に違うが致し方なし。

ショーは30分。
もちろんショーを行っている最中に我が子を下ろすことは(我が子が)許さないので、背中に汗をつたわせながら必死で直立する。

なんとかショーが終わると、引き続き握手会が行われるという。
これは、、もちろん握手するしか無いでしょ!

で、さすがに腕力も限界に達していたので、子を説き伏せて地上に下ろし、数分の筋肉休息を与えてもらってから待ち行列に抱っこで参戦。

カメラ撮影禁止の高速握手会なので、こちらは比較的早くこなすことができました。
ちなみに、あかちゃんまんのぬいぐるみを落としてMCお姉さんにたしなめられたのはアタイです(恥

いやはや、ホントこういうイベントは体力いりますな。これからもっと体重増えるし、テーマパークとかで一日中抱っことかもあり得るから、もっと筋力鍛えないとイカンな。
高齢パパ、頑張らねば。

再来年の大河ドラマに備えて予習しておこう

という意図があるわけではないのですが(そもそも大河ドラマ見てないし)、今日は朝から龍潭寺へ行ってまいりました。
ここは「安政の大獄」で知られる井伊直弼(井伊家)の菩提寺でして、タイトルにも書いたように再来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台となる場所なのです。

以前、歴史秘話ヒストリアでも取り上げられているので、概略は以下のページをご参照ください。

■ それでも、私は前を向く〜おんな城主・井伊直虎 愛と悲劇のヒロイン〜|歴史秘話ヒストリア
http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/203.html

と知ったようなことを書いていますが、アタイは名前しか知らず参拝したことがないため「引佐の田舎(失礼)にあるお寺」程度にしか思っていなかったのよね。
で、訪れてみたら、とても立派なお寺でビックリ!

見事な庭園あり、遠州一大きな大仏あり、井伊家のお墓あり(これは当たり前だが)と見どころたくさんで大満足でしたよ。

まだ行ったことない人は是非!
と言っても、公共機関の移動だとなかなか難しい場所にあるので、出かけられる場合は是非車で。

以下、寺内の風景です。
龍潭寺龍潭寺龍潭寺
龍潭寺龍潭寺龍潭寺
龍潭寺龍潭寺龍潭寺
龍潭寺

コーヒーショップランチの物足りなさ

タリーズランチ今日は一日出っ放し。
午前の訪問先から直接名古屋入りなんだけど、移動時間がタイトなため手早くランチすることに。
って事で、浜松駅内のタリーズにてサンドイッチをつまんでおります。

それにしても、タリーズにしてもスタバにしても、値段はさておき、量が微妙だよね。
ひとつだけだと物足りないがふたつだとちと多い。それに高いしね。

と、全然さておけてない。

なので、今日はサンドイッチのみにしてみたんだけど、、やっぱ足りないな。
午後の打合せ、体力持つかなあ、、

小國神社の蓋付きの橋と桟敷カフェ

今日はお彼岸の墓参りのついでに小國神社をぶらり散策。
久々にきてみたら、付近には蕎麦屋とかこんにゃく屋とかがオープンしていて少々驚いたんだけど、店構え的にはオープンから結構時間が経っているような、、

あ、そうか。いつもは正面じゃなく裏道から来てるから気付かなかっただけだわ。

という小ボケをかましつつ、参道を歩いていると、なにやらこんな橋が。
森山焼の橋

ガウディを彷彿させる佇まい。なんでも森山焼という陶器の欠片をあしらった橋とか。
これも初めて見たな。いつ出来たんだろう?

としげしげ見ていると、なんと急須の蓋のようなものも付けられていたり。
こりゃユニークだわ。
橋の蓋

で、参拝を終えて横を流れる「宮川」沿いを歩いてみると、獣道の先に「宮川桟敷」なる茶店が。
宮川桟敷

引いてみると、こんな感じ。
林の中から突然これが現れたからビックリ!こんなお店があるなんて全然知らなかったよ。
宮川桟敷

こちらの記事によるとどうも期間限定のお店らしい。冬場はクローズっぽいね。

■ 宮川桟敷が本日オープン!!|お知らせ|遠江國一宮 小國神社
http://www.okunijinja.or.jp/information/?vol=154

という事で、色々と見どころが増えている小國神社。
特に桟敷はこれからの紅葉の季節にベストなロケーションなので、11月後半は是非チェックを!(予約が取れればの話だけど)

冷えた身体をスープで温めて、、

スープストックTOKIO今日の浜松は昨夜からの豪雨がおさまらず、市内のあちらこちらで冠水しまくり。
まるで水の街のようだね。
などと呑気なこと言ってる場合でなく、市内は完全に交通麻痺。アタイも10分ほど遅刻してしまいました、、

で、試練はここから。
今日は午後から静岡の某社にてセキュリティに関する講習を受ける予定があったので、早めに出て車でチンタラ行こうかと思ったら、「車よりも新幹線の方が経費がかからないから」という経理からのゴリ押しにより、雨が土砂降るなかいろいろ乗り継いでなんとか午前中に静岡駅着。

少ししっとりした身体を温めるべく、スープストックトーキョーにてスープランチ。
固めに炊かれたご飯とボルシチ&ビスクの相性が良くて大盛りペロリ。

よしよし、身体が温まってきたぁ!!

で、その後に乗ったバスの車内が冷房効いてなくて蒸し暑く、首筋から背中が冠水状態。
やれやれ、全くこの時期の雨ってのは厄介だ。

傷ついた者は献血できない

献血今日は有休使って夏休み延長。
つっても、そもそもウチの夏休みは有休を強制的に連続取得させるので、一日長めに有休を取らせてもらっただけなんだけどね。

という事で、朝からカインズホームで切断してしまった芝生バリカンの延長コードを購入し、そのまま駅方面へ車を走らせ、献血センターみゅうずへ。
前回は肝臓の数値でハネられてしまったので、今日こそはきっちりと血ィ抜いてもらうで!


と意気込んで入っていったら、事前問診の際に問題発生。
「傷などありませんか?」と訊かれたので「一昨日やけどしてしまったんですが」と答えると職員さんの顔が険しくなった。

そう、一昨日のバーベキューの時に炭に火がついたままの七輪を持ち上げたら、突風が吹いて火の付いた炭のかけらがアタイの二の腕に張り付いたのね。

アッー!!
七輪を置いて腕を振ったが、赤く光る炭のかけらは皮膚に張り付いてしまっていて取れてくれない。
とっさに患部をデコピンし弾き飛ばしたんだが、結果こんな感じになってしまった
↓(クリックするとモザイク外れます)
火傷モザイク

話を戻して、職員さん曰く「体に傷があると雑菌が傷口から血液中に入り込む可能性があるので、傷の種類によっては治癒するまで献血できないんですよ」とのこと。
とりあえず医師が入る部屋へ通され、確認してもらったところ、やはりダメだと。

「これは日赤のスクリーニング基準で決まってしまっているので申し訳ございません」なんだって。
献血ガイドラインの資料を見せていただくと、火傷はレベルC(完全に治癒するまでNG)と書かれている。

むむむ、これは仕方ないな。
という事で、コーヒー一杯いただいてそのまま帰宅しましたとさ。

献血受ける方、火傷を含めた傷にご注意ですぞ。

昨夜の月はブルー?それともゴールド?シルバー?

昨夜はブルームーン。月が最も蒼く見える夜。
という事でその美しき姿を写真に収めようと、カメラと三脚を引っ張りだして自宅の駐車場からブルームーンを撮影してみましたよ。
ゴールド月
シルバー月

ゴールドに見える方が露出+1.0、シルバーは露出-1.0。
裸眼で見た感じ結構黄色っぽく見えてたから、そういう意味では露出+1.0の方がイメージ的には近いかも。

てか、設定ひとつでこれだけ画が変わってくるんだから、一眼レフカメラは面白い。

あれ?ブルームーンだから蒼く見えるんじゃかなったっけ?

いや、今回のブルームーンはひと月に2回満月がやってくることを指しているのです。

でも、大気の状態で月が蒼く見えることもあり、それもブルームーンと呼ばれるらしい。
自分の記憶でも月がやけに青っぽく見えた夜があったような、、それは気のせいかな?

とにかく、昨夜の月は美しかった!
次回のブルームーン(月に2回の方)は2018年1月とのこと。晴れてたらまたチェックしてみよう。
つっても、ブルームーンの場合は見た目は普通の満月だから、毎月のと何が違うの?って話なんだけどね(汗

お寺の七不思議 その1

今日は朝から墓参り。6時台に家を出て、暑くならないうちにさっと済ませてきましたよ。
で、終わった後はお寺へ。
ここ数ヶ月、訪れてもお留守で入れなかったため、久々のお寺参りです。
和尚さんが朝から自宅の掃除をされていたのでご挨拶をしたところ、わかめをいただいて参りました。
わかめ岩手産わかめ

地元で採れたわかめなのかなと思いきや岩手産。
製造元は御前崎の食品会社。

ま、特に大した意味はなさそうだ。

個人的には、以前いただいていた混ぜ込みひじきの素の方が好みなんだけどな。
とワガママを言いつつも、ありがたくいただいておきます。

岩地海岸へ還ってきたよ

毎年この時期に訪れていた岩地海岸。
昨年は我が子が生まれたばかりだったので来られなかったけど、1歳と8ヶ月にもなるとそろそろ海体験させてもいいころじゃないかと。
岩地なら波が穏やかできれいだから海デビューにちょうどいい場所だしね。

と数ヶ月前から計画していたんだけど、ここに来て台風11号の影響であわや海水浴中止!になりそうだったのよね。
てか、昨日の時点でほとんど海は諦めていたんだけど、今朝になってみたら天気予報が晴れに変わっててビックリ!
朝食後、急いでビーチへ行き、13時頃までガッツリと遊んできましたよ。
今日の岩地海岸

我が子は半袖ラッシュガードに「みいつけた!」のキャラが描かれたアームリング(腕につける浮き輪)を装着。
その状態で我が細君もしくはアタイが軽く抱っこをしながら、Eテレ0655の歌「プカプカたこ」を歌いつつ波間を漂っておりました。

波を怖がるかと多少心配していたけど、意外や意外、全然怖がらずにキャーキャー言いながら波と追いかけっこ。
帰りには「もっと遊ぶ〜〜〜!」と駄々っ子モードになるほど海遊びが気に入ったみたい。良かった良かった。

さて、アタイ的に海水浴で無くてはならない必須アイテムがこのビーサン。

元々アタイはビーサンが嫌いなので滅多に履かなかったんだけど、コイツに出会ってからはこればっか。とても重宝しています。
keenのビーサン

何がいいかって言うと、これ履いたまま泳いでも全然脱げないのよ。

親指付近を包むようにガードしている形状の効果なのか、それとも緒の張り方に秘訣があるのか、もしくは単にアタイの足の形と相性がいいのか、、その辺はよくわからないが、とにかく脱げないのです。

Keenのサイトを見てみると、これと同じものは現行品にはないらしく、もっと進化した形状のこれがどうやら後継らしい。
[キーン] KEEN Waimea H2 Waimea H2 1012207 (MIDNIGHT NAVY/NEUTRAL GRAY/27)
[キーン] KEEN Waimea H2 Waimea H2 1012207 (MIDNIGHT NAVY/NEUTRAL GRAY/27)

by G-Tools


岩地も浅瀬は小石や砂利が多めなので素足だと結構痛いから、行く人は海の中でも脱げない履物は必携ですよ〜。

くらげのいる風景

静岡県民であれば誰もが存在を知っているであろう伊豆三津シーパラダイス。
Wikipediaによると、日本で二番目に古い水族館らしい(2015年現在)。

そんなに歴史が深くて有名なこの施設なんだけど、アタイは一度も訪れたことなく、それが沼津にあることも知らなかったという体たらく。
じゃ行ってみようって事でやってまいりました。

で、度肝を抜かれたのがこれ。
くらげの世界

引いてみるとこんな感じ。
くらげの世界

くらげ大好きなアタイにとってご褒美すぎるコーナーじゃありませんか!

その近くには赤くらげも優雅に泳いでましたよ。
あかくらげあかくらげ

他にも駿河湾の底深くに生息する魚たちなども実に興味深かったね。
もちろん海獣たちのショーもあって楽しかったんだけど、その辺の話題はめんどくさい系の人たちが絡んできそうなので深くは言及しません。

あ、後、出口エリアにキッズコーナーがあったんだけど、子を持つとこういうのが嬉しく感じるね。

と、いろいろ見所はあるけど、とにかくくらげコーナーだけでも見る価値あり。オススメです!

桃に似た甘く危険な香り

我が細君が職場の同僚から青梅をたくさんいただいてきた。
なんでもご実家で採れたものとのことで、その方も自宅で梅干しや梅酒などを作られているとのこと。

オススメは梅の味噌漬け。味噌と砂糖と青梅を重ねるように仕込むらしい。

壺や広口瓶が無ければジップロックで真空状態にして漬け込んでもOKなんだって。
てか、そっちの方がより染み込みやすい気がするな。ジップロックの万能さがすごいです。

よっしゃ!時間ある時に作ってみましょう!
てなわけで、今現在はザルに入れて放置しております。
青酸の香り


で、だ。
アタイが食後の食器洗いをシコシコとやっておりますと、なにやら甘くいい香りが鼻腔をくすぐってくるじゃありませんか。

ややっ!
これは食器洗いのご褒美としてデザートに桃を用意してくれているのでは!

と振り返ってみると、そのようなものはどこにも見当たらない。

いや、あった。

青梅だ。

鼻を近づけてクンカクンカと嗅いでみると、実にフルーティーで強い桃の香りを放っている。
これはたまらん!生でもいいから一口カリカリっと食べてみるぞ!!

と一粒掴んでかじろうとした時に、漫画 マスターキートンのあるシーンを思い出した。

「青酸ガスは桃の香り!」

!?

そういえば、青梅には毒物である青酸配糖体が含まれているじゃないか。
そうか!あの話は本当だったのか!これは毒なんだ!

いやいや、それは恐らくこじつけ。
これは青酸特有の匂いではなく、バラ科スモモ属であるために同属であるスモモや属が近い桃と似た香りがするだけだと思うよ。

ちなみに、青梅をそのまま食べるとすんごく苦いんだが、一粒食べた程度では致死量には至らないらしい。
けど実ではなく種とその周辺に多く青酸が発生しているらしいから、種をバリバリ噛み砕いたらちょっと危ないかも。

てか、生で食べなきゃいい話だしね。実際マズイから食べる理由もないし。

後、以下のページにも書いてあるけど、青酸配糖体は漬けたり干したりすると分解されるらしいので、梅干しや梅酒は理にかなった調理法ってわけです。

■ 生の青梅は食べられないの?|JAグループ福岡
http://www.ja-gp-fukuoka.jp/education/akiba-hakase/001/029.html

よっしゃ!やっぱ味噌漬け作るしか無いね!
これぞ夏の楽しみですな。いい季節です。

ここに来たらまず玉子焼き

玉子焼きまいどおおきに食堂。
サラリーマンランチの定番ですな。

最初はさわやかのげんこつハンバーグかスパイチガーデンでパスタでもと考えていたのだが、午後から客先にてシステム操作説明会の講師を務めるため、ニオイが強いものは控えたほうがいいかなと思いとどまったところ、目の前にこのお店が現れたので飛び込んでしまった。

前回、会社の近所のまいど食堂で玉子焼きを食べ損ねたので、今日はしっかりとオーダー。
しらすとチーズも入れて、ささやかな贅沢です。

で、カウンター席の対面にふと目をやると、お向かいさんはサトウのご飯を持ち込んで、備え付けのレンジで温めて食べてるじゃありませんか。

持ち込み!そういうのもあるのか。

さ、お腹も満たされたことだし、車に戻ってマッサン見ながらトークの練習するか。

ひな人形を求めて

人形の河田気が付けば暦も2月の半ばにさしかかろうとしているじゃありませんか!
ひな人形を買わなきゃ!!

って事で、地元の老舗、赤ちゃんショップ河田の人形売り場にやってまいりました。

本来であれば去年買わなければいけないんだけど、ちょうど一年前は我が子が入院していて、ひな祭りまでに退院できるかどうかが微妙だったため、病室でも飾れるうさぎのひな人形をあつらえたのね。
ま、結果的に3月1日に退院だったので間に合ってたんだけどさ。

なので、今年はちゃんとしたひな人形を購入するつもりだったんだけど、ここんとこの週末、我が子やアタイが体調を崩していて、なかなか買い物に行けないという状況だったため、今日までズルズル引っ張ってしまいました。

で、店内をぐるりと見てみたけど、やっぱ収納がコンパクトなものがいいなと。
ちょっと大きめな三段飾りだと収納が3箱になるらしいので、段の中にしまえるタイプを選ぶ予定。

とりあえず大体のあたりが付いたので、近いうちに再来店するでござるよ。

撮影隊は今日も行く!

撮影隊が行くちょっとしたご縁があり、今日は午後からTV局の撮影隊の人たちと行動を共にしていました。
2時間の屋内撮影(インタビュー)のあと、2ヶ所でロケを行って、また屋内に戻って4時間撮影。
で、終わったのが22時近く。いや〜疲れた!
てか、TV局のクルーはホントタフだね。あのバイタリティー、見習わなければ。

さ、今日はもう風呂入って寝る!

出口調査、今回はなし

衆議院選挙昨日はご近所さんと忘年会と称して昼から飲みまくり。
そして散会後に自宅へ戻り、すっかりトイレと仲良しに、、大失態。

しかし、その場での我が細君の適切な処置により、特に酒が残らずスッキリした朝を迎えられましたよ。
で、洗濯などのプチ家事を片付け、行ってきました投票に。

どこに入れたとか誰に入れたという話は特にしませんが、開票速報を見る限りではアタイの一票はあまり大した役に立っていないようです。

そうそう、そう言えば去年の参院選投票の時、生まれた初めて出口調査ってのに遭遇したんだよね。
今回のあるのかな、、と思ったけど、アタイの投票所にはそれらしき人はいませんでした、いませんでした、いませんでした。

少し楽しみにしていただけに、ちと残念。
楽天サーチ
楽天で探す
楽天市場
当ブログのお約束
【記事の引用など】
当ブログの記事をご紹介いただく場合はこちら↓をご一読ください。
[ここに書いてある文章を引用される際のアレコレ]

【賞味期限について】
当ブログは2005年から書き綴っているため、過去の記事には現在の時流に合わないものも多々あります。
ご注意ください↓
[その情報、もう賞味期限切れてますよ!]
ブログ内検索
Loading
つぶやいてます
ツイートまとめ読みは↓こちら
http://twilog.org/katz_mo

マンスリー書庫
俺プロフ
プロフ写真

name:ka+z/mo

初老のWeb/IT系リーマン。

脳内妄想が激しく、常に悶々としています。妄想力ならチェリーな高校生にも負けません。

見事なまでの童貞こじらせ系です。

6%ロシアの血が混ざってますが、祖国の記憶は全くありません。ウォッカとボルシチは大好きです。

ディープハウスとクラブジャズがフェイバリッツ。アフロなリズムに泣きの美メロ、スパニッシュなギターとモントゥーノなピアノとRhodesの響き、そして黄金進行。それがあれば毎日幸せ。

Beatport MIXESでMIX音源を公開していますので、よろしければご視聴ください→http://dj.beatport.com/katz_mo

QLOOKアクセス解析