2017年01月17日

今年もよろしくお願いいたします。

みなさん、こんにちは。
今年もどうぞよろしくお願いいたします m(__)m
さて、寒い毎日が続きますが、痛みで困っていませんか???
日本では、一番寒い時季は、1月5日の小寒から、2月4日の立春までの約30日間で、これを「寒の内」と呼んでいる。そして寒の内の中でも一番寒い頃を1月20日の大寒の前後であるとしている。
実際の体感としては、毎年のセンター試験の時期が一番寒いのではないだろうか・・・。
今年も雪が降って試験開始が遅れたりしている・・・。このセンター試験を年末に行うとか工夫すれば、受験生もその親も助かるのに・・・、と思っているのは私だけだろうか?

さて、寒くなると、末梢の血管が収縮して血液の流れが悪くなる。そして筋肉も硬くなるので、ちょっと負担がかかっただけで筋肉の炎症が起こる。少しくらいの炎症なら血液が栄養を運んできてくれるのですぐに治るんだけど、血液の流れが悪くなっていると治るどころか、ドンドン悪くなって、痛みで苦しむことになる。
カイロで温めたりする人もいるんだけど、痛みが起こってから温めると、炎症を助長することになるから注意が必要です。
カイロは普段から漫然と使用するのではなく、本当に寒いところに行くときなどに使用したい。
お年寄りが、夏の間でもカイロを痛い部位に貼って汗だくになっているのは困りものです。気持ちが良いのと治るのとは違うんですよ。
痛みが起こった時は、やはり冷シップ、それも消炎鎮痛効果のある湿布が良いし、消炎鎮痛薬も飲んで欲しい。それよりなにより、整形外科やペインクリニックを受診して早く楽になることを進めたい。
 

2016年12月19日

少し寒さが緩み

今週に入って少し寒さも緩んでいるようですが、また今週末には寒さが戻ってくるようですね。
少し暖かくなって気が緩んでいる時に、また寒さが戻って来た時が、風邪やインフルエンザに罹患する確率が増えるように思います。また、寒さだけではなく、乾燥していると、ウイルスが咳やくしゃみのよってより遠くまで到達するので感染が広まると考えられています。この時期には加湿が大切です。
さて、もうすぐ冬至ですね。体調を万全にして寒い季節を乗り切っていきましょう。 
kawabataclinic at 11:00|この記事のURLお知らせ | いろいろな病気

2016年12月12日

風邪やインフルエンザの予防は

12月も中旬に入り寒さが日本列島を包んでいますが、毎日、健康で暮らせていますか?
風邪で咳などが出ると痛みが出るので注意が必要です。

風邪やインフルエンザの予防に必要なのは、もちろん手洗いうがいですよね。僕が進めているのはマスクとマフラーです。マスクは他人から移されないように付けている人を見かけますが、うまく装着出来ていない人が殆どです。N95やDS2規格のものを選び、きっちりフィットさせないと効果はありません。ただ、私が勧めているのは、外の寒い外気を直接吸うより、マスクをすることで暖められた空気を吸うことで喉や気管支に優しいため風邪やインフルエンザウイルスが入って来ても抵抗力が増えるのでなかなか罹患しないということが出来ると思います。マスクは顔が冷たくなるのを防いでくれる効果もあります。

マフラーは首の周りにある血管を温めてくれるので、非常に効果は高いと思います。

マスクとマフラーをうまく利用して風邪やインフルエンザから身体を守ってあげてくださいね。

kawabataclinic at 12:12|この記事のURLお知らせ | いろいろな病気