2005年10月

2005年10月31日

久々のジム

今日は月末なので、忙しいはずなのだが、諸事情により1日締め切りが延びることを夕方知り、緊張も緩み、かなりのんびり気分でジムへ。

いつもいつも本「積ん読(つんどく)」?本本を買ってきて積み上げるだけで読まない人の「読書方法?!のことをそう言うらしい?ばかりでは情けないので、先日購入した本を一気に読もうかとも思ったんだけど、明日ジムは定休日なので、本は明日読むことにして、のんびりとジムへ。

コンバットというキックボクシング、それも1時間クラスに出席。久々だったので、20分もしたら、力を入れすぎたらしく、右腕の筋が痛くなってきて、ジャブを打てなくなった・・・そこまでしてやるなって感じだけど、どうしても年内に体重10%マイナス競争してるから、ついつい力が入ってしまった笑顔 甲斐あって、ジムから出るときにはちゃんと体重が落ちていたから、嬉しかったドキドキ小 やればできるってこういうことかなぁ?なんてちょっと自惚れモード。

汗を流して帰ろうと、入浴施設の方に行こうとしたら、途中の階段で、風呂上がりでのぼせた人が階段でこけたらしく、素っ裸で階段に倒れていた。施設の人がすぐに手当てしていたけど、見ていても恥ずかしい光景だった。痩せたいと思っても、サウナや風呂に長居することはやめよう・・・って思った。まあ、サウナに長居する根性もないけど・・・。

と言うわけで、明日は本を数冊持参で会社へ行く予定。ヒルズの49階のライブラリーで夜景でも見ながら読書読書・・・。って、本読んでたら同時に夜景は見られないよね?!

at 23:59|PermalinkComments(0) 日記 

2005年10月29日

ぎゃー先生宅のホットプレート

遅ればせながら、夏に花火大会の場所取りをしてくれたぎゃー先生(単なるニックネーム)の新築マンション購入と引越のお祝いに友人数名でホットプレートを購入したので、それを試用しにぎゃー先生宅へ。実際、試用という名の使用というか乱用だったりして笑い

買い出しして下ごしらえして、食べ始めたのは15時くらいから。それにしてもなかなか楽しかった。

まずホットプレートで鮭とキノコのホイル蒸し、おあげのおかか詰め(ちょっとしたおつまみ)を焼いて、トマトとお餅とチーズのとろとろ蒸し焼きと食べた。

そのあと、たこ焼きプレートに変えて、バターソースを作って、それをたこ焼きの型に入れて魚介や野菜をフォンデュの要領で食べていくというのを食べた。これは象印がホームページで紹介していたホットプレートメニューの中の1つだったんだけど、なかなか楽しく美味しかった。たこ焼きプレートをお持ちの方は、是非いちどお試しいただきたい。楽しく、美味しい。

今日は8人参加だったんだけど、半分くらいの人がワインを持参で参加。よって持参されたワインを一通り飲まなきゃ失礼・・・と勝手に決め込み、グラスグラスかなりの急ピッチでワインを飲んだ。そして、21時くらいにちょっとダウンZZZZZZ まあ昼から準備して、14時半から飲んでれば21時に寝ても仕方ないってとこじゃないかと・・・。結局、計3名がダウンした。1人は、みんなにさんざん頬をたたかれても起きなかったZZZ

でも、寝てしまったがために、デジカメをぎゃー先生宅に忘れてきたことに気付く私・・・。それも中目黒で・・・。はぁ?。大事なoptioちゃん・・・。

at 23:59|PermalinkComments(0) 日記 

2005年10月28日

10年前?10年後

会社の帰りに渋谷に寄った。以前もこのブログに書いたことがあるが、エルメスのバッグはいけすかないので、COACHで他のバックを捜した。が、しかし、私が必要としている容量のバッグは日本の店では扱っていないとのこと。が?ん。バッグ1つのために飛行機ニューヨークに行けってのかぁ?!!

COACHを後にして、本屋に行った。よく利用する本屋なのだが、実は1階に喫茶店があった。そう、「あった」のだ。今日行ったらその店はなくなっていた。新しい店になるでもなく、いかにも最近閉店しましたといった様子だった。
10数年前、渋谷デートの時、その店に頻繁に行ったが、もうその店もなくなってしまった。もちろんその時のお相手とはもう一生会うことはないだろう。

気が付けば、手にしている(していた)本も全く変わっていた(そう、ここは本屋!)。当時はHanakoのような雑誌をよく買っていた。でも今日、その時私が手にしていたのはDカーネギーの著書と、事業計画作成に関する本だった。

街も変わるけど、私も、私をとりまく環境も変わったんだなぁ?としみじみ思った。

10年後の私は何をしているんだろう。
10年後も、悔いのない道を歩いてきたと胸を張って言える私でいるだろうか。

前に進むしかないんだクラッカー

at 23:59|PermalinkComments(2) 日記 

電車事故のその後

9月7日の電車事故以来、その時の電車に乗るのを避けている。その電鉄会社を利用するのが一番便利なんだけど、やっぱりちょっと恐い。

朝はどんな時間帯でもいつも満員でぎゅうぎゅう詰めだし、いつまた同じような事故が起きてもおかしくない状況。だから、ちょっと早く出て20分先の駅まで歩くか、バスを使うようになった。

私のようなちょっとした事故でも(とはいえ頭だから心配だけどね)、こんな状態なんだもん、電車の大事故や、地震とかもっと大きな事故に巻き込まれてしまった人の心理的なダメージ(PTSD)って計り知れないものなんだろう・・・なんて、最近よく思うのだった。

at 23:58|PermalinkComments(0) 日記 

2005年10月27日

仕事

最近、自分が一生かけてやりたいことって何だろうってよく考える。今の仕事、前の仕事、または全く違う別の仕事か・・・。

今の仕事はたぶん一生かけてやらなければならない仕事なんだと思っている。嫌いではない。でも正直、好きで選んで始めた仕事でないということは否めない。だから、きっと、私には何か他にあるんじゃないかって思ってしまうんだと思う。今の私の仕事やポジションに憧れる人は少なくないと思うし、贅沢な悩みなんだと思う。

でも、きっと世の中こういうことは良くあることなんだとも思う。隣の芝生は青く見えるというだけの話なのかも知れない。

今、私はある新しいことを始める準備をしようとしているところ。それとは別に、会社の規模拡大の話を持ちかけてくれる人もいるけど、どうも気乗りしないので保留。で状況はかなり複雑で、断るのも一苦労だ。そんな状態だっていうのに、今の某テレビ局の仕事とはまったく関係のない、別の放送局での、新しい仕事の話が舞い込んできた。今までの実績が認められての仕事なので、嬉しい話なんだけどね。なんだかフクザツな気持ちのスタートになりそう・・・。

明日、仕事内容の詳細説明を受けに行く・・・。

at 23:59|PermalinkComments(0) おしごと・おべんきょ 

2005年10月26日

ロケ弁当続き・・・

今日は、昨日に引き続き、竹中○○さんの仕事があり、夜は別の番組が入っていた。

夜は、竹中○○さんの仕事場での様子というか姿勢を見習ってほしいなぁと思わせるような、いわゆるイマドキの若手芸人がたくさん困った

こういう日は外出しにくいので、どうしても番組が用意してくれるお弁当に頼りがち・・・。はぁ?。痩せられるだろうか・・・悲しい なんとも意志が弱い私・・・。

at 20:14|PermalinkComments(4) おしごと・おべんきょ 

2005年10月25日

おやつ

このところ、Biz Launcherさんと体重10%マイナス競争をしているので、間食はしないようにしている。これをやめたら絶対に痩せると思うけど、ついつい一口だけ・・・って気持ちが抜けきらない悲しい

今日は昼間こちらを試食。全部食べてはいけない・・・と、少し食べて、残りは後輩にあげてしまった悲しい

096be6c9.jpg


なかなか美味しかった。いままでのカールとは全く違う食感。

週末、友人とぎゃー先生(夏に花火の場所取りをしてくださった方)の家に遊びに行くんだけど、その時の食事のメニューを考えてたら、我が家にチーズがたくさんあることに気付き、ついつい・・・またクリームチーズケーキなんぞ作ってしまった。なかなか美味しい出来、と母笑顔

e347c11c.jpg


でもね、一応、私はがまんして、明日の朝、食べることに。簡単に作れてしまうクリームチーズケーキが悪いんだっ!!食べ物をガマンせずに生きられる世界ってないのかぁ??!!

at 23:59|PermalinkComments(2) 日記 

ホンモノの魅力

朝出勤して・・・部屋に竹中○○さんと片桐○○○さんが私の部屋に居た、というか、いらしてた。もちろん私を待ってたわけではなく、仕事。
10年以上前に放送した番組の復刻DVDを発売のため、追加撮影をしていた。かなり面白い仕上がりになっていると思う。今から楽しみだ。

今日日バラエティと言えば、若手お笑い芸人と称される人たちがたくさん出演しているわけだが、本来のバラエティ、笑い、芸という名乗りを許されるものとはこういう方々が作り出す作品なんだろうなと思った。実にシンプルでありながら、よく練られていて味わいがある。ばっかだなぁ?なんてつい口にしてしまいそうな感じの笑いのエッセンスはばっちり効いている。まじめな顔して、こんなばかげたこと一生懸命考えてる姿はとてもかっこよかった。今日1日で竹中○○さんのファンになったドキドキ小

準備している時も、余裕が感じられて、焦りや頼りなさや横柄な態度のかけらもない。高度なモノを要求されるけど、私たちのような、作品を作るための裏方の仕事やその技術に対して、深い尊敬の念と理解を示してくださるという姿勢には、無理な要求にも応え甲斐があるというもの。プロってこういう人のことをいうんだろうなぁって思った。演じる人もプロ、裏方もプロ。だからこそ出来上がる作品も一級品。なんていい作品に携わることができたんだろうって思う。緊張感で張りつめているように見えても、それでも楽しい空気がそこにはあったし、とっても充実して見えた。

たくさんの人にこのDVDを買って見て欲しいと思ったし、たくさんのイマドキの若手お笑い芸人と称されている人たちには、この舞台裏の風景(こちらは撮影してないんだけどね)を見て欲しかったなぁって思った。


at 23:58|PermalinkComments(2) おしごと・おべんきょ 

Chriystal Kayって何?

Chriystal Kayと聞いて、何をイメージするだろう。音楽、といってもJ-POP、を聴く人なら「女性歌手」と容易に答えるだろう。
最初、Chriystal Kayという歌手がいると知ったとき、この人はバハマ出身なのか?なんで日本人?と思ったほどだ。私の、バハマのChriystal Kayのイメージが崩れるんじゃないかと勝手な創造をして彼女の歌にはまったく興味を示さなかったのだが、先日購入したCD、「Two As One」Chriystal Kay x CHEMISTRYを聞いて、損をしてきた気にさせられたのだった。

私にとってChriystal Kayでイメージされるモノはバハマだ。中米のリゾート地、バハマ。
さて、バハマのChriystal Kayとはどんなものか。
観光地とは思えないほど細い桟橋を歩くと横浜のぷかり桟橋のようなガラスでできた六角形だか八角形の小屋?がある。床もガラス張りでそこから海を覗くと魚が泳ぐのが見えるというもの。日本語では海中公園と書いてあるけど、その言葉とは程遠いほどちっぽけだが、変に開発されてしまっているよりは素朴でよいかも。でも、ハリケーンの影響で桟橋が壊れて倒産したとか・・・。まあ、そういうところで、その桟橋が見える砂浜の景色はとても美しく、青い海にとても映えていた。私にとってのChriystal Kayとはそういう、青く、美しく、澄んだものだった。

でも、「Two As One」Chriystal Kay x CHEMISTRYも、その景色に負けないくらい澄んだ高い歌声で、軽快なリズムに、思わずバハマを思い出してしまうほどだった。

今朝、「Two As One」Chriystal Kay x CHEMISTRYを聴いていて、こんなことを思った。

どこかにバハマのChriystal Kayの写真があったと思うので探してみようかな。

at 11:05|PermalinkComments(0) 日記 

2005年10月24日

リラックス・・・

昨晩はあまり寝ていないんだけど、いつもよりちょっぴり早く家を出た。天気が良かったので、パチリ。いいスタート。

8f3c3803.jpg


夕方は六本木ヒルズのイルミネーションを見る。・・・と言っても、2本しか点灯していなかったから、たぶん、試験点灯。でも、これをこれから何ヶ月、毎晩目にするのかと思うと・・・ちょっと憂鬱・・・というか飽きる困った ケド、今日はちょっと得した気分笑い

6253626c.jpg


夜は、六本木から青山まで歩いていつものネイルサロンへ。花展のために10日ほど爪を短くしていたんだけど、もともと爪が薄くて痛みやすいので、付け爪していないと指先が痛いのだ・・・悲しい 生き返るぅ?!

43b389e4.jpg


ベースはベージュで指先はゴールドのエアブラシで仕上げ。帰宅してから自分で親指と薬指にラインストーンを並べる。Biz Launcherさんには、「爪は機能的であるべき!」なんて言われたけど、爪の弱い私にはこれが一番ラクちんなのだ。まあ、ラインストーン付ける必要はないけどさっ笑顔

at 23:59|PermalinkComments(2)