2012年01月

2012年01月30日

DIESEL香水

木彫りの、幸運のぶたさん、いつもDIESELの香水を身につけてます。使っていたテスターの香水がなくなってしまったので、新たに買いに行きました。

IMGP6981

灯台下暗し。DIESELの店舗、六本木ヒルズの中にありました!!

kawacosince2005 at 13:08|PermalinkComments(0) 六本木・青山あたり 

2012年01月29日

旧友と誕生日プレゼント

今日は予定が立て続けに入って、昼はえみちゃんと、夜はゆいとおしゃべり。

みんな言わないけど、いろいろと悩みを抱えてるんだなぁって思いました。みんな順調そうに見えても悩みはあるし、悲しい思いもしてるんだなぁって思ったら、私も早く元気になってがんばろうって思いました。

そんな中、2人が早めの誕生日プレゼントをくれました。サプライズ、うれしいぃ~~!!

えみちゃんは、ヒヤシンスの鉢植え。ヒヤシンスの花言葉って何だろう?って思ったけど、調べてみたら、花の色によって違うらしい。何色の花が咲くか、楽しみだな~。花は生けるのも好きだけど、育てるのも好き☆

IMGP6977

ゆいからは、ネイル・オイル。ゼラニウムやローズ、オレンジ、ジャスミンが配合されてる、甘いけど大人な感じ。ネイル・オイルというよりフレグランスっぽい感じ。癒される感じ。

IMGP6975

水戸のお土産もいただいたよ、もちろん、納豆づくし!

IMGP6976

ゆいとは、チカリシャスというデザート・バーに行きました。オーナーは日本人なんだけど、もともとはニューヨークにオープンしたお店。私は、できたばかりのころニューヨークのお店に連れて行ってもらったんだけど、東京店がオープンしたと聞いたので行ってみました。やはり表参道。ニューヨークとはちがって、なかなか高級なお店に仕上がってました。でも美味しくいただきました~。

IMGP6971

夕陽もさることながら(写真・上)、夜も(写真・下)なかなかの眺めです!!

IMGP6973


kawacosince2005 at 22:58|PermalinkComments(0) 六本木・青山あたり 

ウォーキングシューズ

やっと、やっとウォーキングシューズを買いました。

去年のデザインが気に入っていたんだけど、だいぶ人気だったようで、探しても探しても品切れ。

仕方なく、ニューバランスのお店に行って、直接試着して、購入しました。

IMGP6969

ネットで買うよりちょっと高かったけど、もう、ネットで「在庫ありませんでした」とあとからメールが来るのには疲れたので、まあいいかってことで。サイズも、納得のいく試着をした上での買い物だったので、良かったと思いまーす。

kawacosince2005 at 16:05|PermalinkComments(0) 日記 

2012年01月28日

複雑な気持ち

「お付き合いを終わりにしよう」という言葉をお互いに口にしてから約1週間が経とうとしています。

仕事していても、食事していても、涙があふれてどうしようもない日が続き、どうしたらいいのかわかりませんでした。日が経つにつれ、人に話したりするにつれ、少しづつ、気持ちの整理ができるようになってきたのかなぁとも思いますが、ふとした瞬間、今度これ作って彼と一緒に食べたい、とか思ったりすると、ふと我に返ったり。。。

彼のことは今も好きです。でも恋人関係のとき、仕事だったり、自分の本来の考えとのギャップだったり、理由はいろいろなんだけど、「彼女なんだから、恋人なんだから私はこうしなくちゃいけない」って考えてしまうことが多くなって、でもそのとおりにできないケースが増えていって、「できない」自分にストレスと感じていきました。そして、そんな私に、彼も不満を感じているんじゃないかと思うと、彼を好きなのに「できない」自分が許せなくなっていきました。そんな気持ちがピークに達してきた年末年始に、仕事上かなりおおきな取引についていろいろと考えなくてはいけないストレスまみれな事案が発生し、パンク状態になってしまったんです。

彼は私よりもずいぶんと若いんだけど、結婚願望があって、こんな状況の私はそれを今考える余裕がなくなっていたし、どちらかというと、温かい家庭を築くためにも、女性には家庭に入って欲しいという気持ちが強かったようで、お互いの将来像を考えたとき、早い時期に別れるのもひとつの選択肢だということになりました。

別れてからどういう距離感で接していくかは、お互いの気持ち次第、ゆっくり様子をみて、そのときの心のままに、ということになりました。

私は、「彼女なんだからこうしなくちゃいけない」という気負いがなくなったからか、以前よりも気持ちに余裕ができて、彼と電話で話すのがとても楽しみになりました。メールの返事が来ないと、仕事で何かあったのかな?と気にもなるし、優しい気持ちで彼の話を受け止める余裕ができました。

「彼女なんだからこうしなくちゃいけない」って思っていたころは、優しい言葉を掛けようにも、この言葉でいいかなとか、どう声を掛けられたら彼が喜ぶのかなとか、すごく考えてしまって、言葉がすぐに出ないし、ぐちゃぐちゃ考えた割りに、的外れなことを言ってしまって、気分を悪くさせてしまったり・・・ということが続き、うまく会話できないことがまた悩みの種になったり・・・悪循環続きでした。

・・・ただの友達だったら、しかも別れた男女なら、毎日電話したり、お互いの日々の生活を話し合ったり、励ましあったりするのはおかしいのかな?でも、私にとっても、彼にとっても、とても辛い時期にお互いを支えあった人なので、とても大事な人だし、何より、彼と話していて楽しい。それは付き合う前からずっと思っていたこと。いろんなしがらみとか、彼に心配掛けたくないとか、めんどくさい女だと思われたくないとかって考えてしまったりして、付き合いが親密になったが故に昔のように話せなくなっていってしまったのは、本当に残念なことだったと思っています。ごめんね。

彼は今どう思ってるだろう。。。私が年上だから、早く結婚して子供産んで欲しいって言ってたのに、結局はこんな結果に。前触れもなく突然こんな結果になってしまって。。。彼の心の痛みは計り知れません。

でも、お互いが選んだ道が良い選択だったと言えるよう、これからはよき友として、よき理解者として、お互いに成長していけたらいいなって思っています。心から。彼は私にいろんな気付きを与えてくれた優しい天使だから。。。

・・・ちょっと支離滅裂かな?でも、そんなフクザツな、気持ちなんです、今・・・。

kawacosince2005 at 20:55|PermalinkComments(0) 日記 

厄払い

毎年、節分前に厄払いに行きます。役の年回りは節分から節分までといわれるからです。

IMGP6967

宮司の方のことばをよく聞いていたら、私は今年は後厄らしい。そんなはずないんだけど?と思ってあとから尋ねてみたところ、そもそも男女には性別に関係なく、数え(以下、記載の年齢はすべて、数え年)で1歳から61歳までに厄年がいっぱいあるとか。ものの教えによっては61歳以降も、105際までに3度厄年があるとか。その中でも男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳33歳が大厄なので、よく神社などでは、この大厄といわれるものだけは、ポスターなどにして厄払いをご案内しているとのこと。

一覧をいただいてきたけど、よくみたら前厄、本厄、後厄を含めたら、、36~62歳まで、44歳以外、ず~っとなにかしらの厄にひっかかる。おいおい、人生そんなに忌み事にまみれているのか・・・。

まあ、そう考えたら、今背負っているくらいのことは乗り切れる、と思うか、この苦しみがまだまだ続くのか、と考えるか・・・その辺は臨機応変、気の持ちよう、ってことでしょうか。とりあえず、私は毎年厄払いしていただいてるので、大丈夫だろう。神様、よろしくお守りください。とお願いしてきました。

まあ、年明け早々、私も、自分でも予期していなかった悲しみにぶつかっていますが、きっとこの悲しみも、なにか、糧となるものに転じていけるからこその経験と思って今年一年慎重に、真摯に、着実に生きたいと思います。・・・あっ、そして、なによりも、私らしく。

新しい1年もよろしくお願いします。

kawacosince2005 at 12:58|PermalinkComments(0)

2012年01月27日

中国茶

はい、邪道なのはわかってますが、楽チンなので、会社ではいつもこんな感じでいただいています。

IMGP6966

せっかくの杉林茶なんですけどね・・・。

kawacosince2005 at 17:39|PermalinkComments(0) お菓子作り・料理 

2012年01月26日

しっぽりと・・・

今日は美樹さんとディナー。

美樹さんのご自宅と私の会社が徒歩圏内なので、近場で。

IMGP6965



なんだか敷居の高そうな雰囲気でしたが、お店の方はなんというか、いいおじさんで、食後、おしゃべりに夢中になっていたら、みかんを出してくれました。

私は鶏、あまり得意じゃないんだけど、このお店の鶏は、皮がホントにパリッと焼けていて美味しかった~!!

美樹さんとはいつも美味しいものを堪能できて、しあわせで~す。


kawacosince2005 at 21:37|PermalinkComments(0) 六本木・青山あたり 

2012年01月25日

ル・コルドン・ブルー

ル・コルドン・ブルーのビギナー向け講座に参加してきました。思い返してみれば、お菓子や料理・・・まともに習ったことはなく、家族に教わったか、自分で本を読んで体得したものなので、学校に通うのは初めて。レベルもわからなかったので、ひとまずビギナー向け講座、です。

受付したら、エプロンなどのスターターキットを渡されます。お持ち帰りようの保冷バッグもついてます!

1start set


教室は15人くらいかな?先生と助手の方2名でちょうど目が行き届くくらい、ぎりぎりの人数です。

1教室


今日は「ウィークエンド・シトロン」と「4種の赤い果実のコンフィチュール」の2品です。

「ウィークエンド・シトロン」とはパウンドケーキの一種。

なぜ「ウィークエンド」というかというと、週末は家族や恋人など大切な人とケーキを囲んで楽しい週末を過ごすという意味が込められているそうです。ケーキの表面をアプリコトナパージュ(ジャムみたいな感じ)とグラスアロー(レモン汁と粉糖を溶いたもの)でコーティングするのは、見た目の美しさと同時に、日曜の夜まで生地のしっとり感を保たせるため。週末の締めくくりまで美味しいケーキを楽しめるということです。

手馴れているパウンドケーキですが、細部については、かなり勉強になりました。生地の混ぜ方は無駄なく効率のいい方法を教えていただきました。

1生地まぜ


グラスアローも、実は初めてだったので、焼き上がりの見極めなど、実際に見ることができたので、勉強になりました。

1アロー


焼き上がりはこんな感じです。先生の作品は、やっぱり、美しい!!

1焼き上がり


生地を焼いている間に、これまた手馴れた。「4種の赤い果実のコンフィチュール」です。コンフィチュールってのは、ジャムです。

苺やラズベリー、ブルーベリーなどなど赤い実がたっぷり、今回は水を入れずに苺のピューレを使ったので、ホントに贅沢、濃厚な仕上がりです。

2ジャムはじめ


15分も煮ていると、こんな感じに煮詰まってきます。

2ジャム途中


焦げないようにさらに混ぜながら煮詰めていきます。

2ジャム仕上げ


煮詰め具合の見極めは、教えていただきましたが、なかなか難しくて、かなり練習が必要です。

2ジャム見極め


最後は先生が作ったものをみんなで試食して、各自が作ったものは、それぞれお持ち帰り、という段取りです。

3試食


とにかく時間に追われるように、ゆっくりメモを取る時間はほとんどありません!!先生が作っている工程をデモンストレーションしている間しかメモ取れないんですが、デモンストレーションの間は、しっかり見ていたいし・・・。作ってる間は時間との勝負だし。あっという間に終わって帰ってきました。

3帰り


教室では、材料と分量しか配られないので、作る手順などは各自で覚えるスタイル。メモと写真(カメラは持参できる)をよく見返して、復習して、腕を上げたいと思います!!! 次回のメニューも事前にわかっているので、予習しておいたほうがよいかな。

来月は「チョコレートムースのアントルメ」です。



kawacosince2005 at 21:49|PermalinkComments(0) 世田谷・目黒 

10秒ダイエイット

いつから購読(無料だけど)し始めたか覚えてないけど、10秒ダイエット (平日毎日発行)の配信を受けてます。

下記、昨晩の配信分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 気持ちよいこと [ひとやすみ]

疲れていても、なお頑張るのは止めたほうがいいです。そんな時には、疲れている今だからこそ気持ちがよいことをするチャンスです。ゆっくりとお風呂に浸かるのも気持ちがいいし、本を読みながらウトウトするのも気持ちがいいし、ただボーッとするのも有意義です。そして疲れがとれたら、今度は目標に向かって行動を起こすことが気持ちいいです。自分にとって何が気持ちよいのか?に意識をむけると、大きく外すことはないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は疲れてると寝ちゃう、少し前だったら、さらにもうちょっとがんばって台湾に逃げちゃってた。本を読みながらウトウトしたら、は~本、読めなかった~って後悔しちゃう。ボーッとしてると落ち着かない。私の場合、ある程度のエネルギーが残ってるときじゃなきゃ、ひとりではボーッともできない気がする・・・。尽きるまでがんばっちゃいけないんだなぁって、コレを読んで改めて思っちゃった。

自分のためにも、自分のまわりにいる人のためにも、無理しすぎないように、もうちょっと自分に優しくしてあげようって、思いました。 ・・・なんというタイミングの配信。。。

kawacosince2005 at 09:34|PermalinkComments(0) 日記 

2012年01月24日

気分転換のピッツァ

我が家の三女と呼ばれることも多いめいちゃん(単に、ウチのスタッフですが、私の父が彼女を可愛がってて、彼女もなついてる?!ので、よく三女と呼ばれます!)と一緒にピッツァを食べに行きました@SAVOY。

IMGP6921


めいちゃんにもずいぶんと心配かけました。ありがと。



kawacosince2005 at 11:56|PermalinkComments(0) 六本木・青山あたり