2005年07月08日

広島往復自走してきました

簡単なツーレポをまとめてみました。
最初に断っておきますが、文字が多くて写真が少なめです。写真は旧ブログのほうにいっぱい出してますので勘弁してくださいね。
ちなみに、このツーレポには旧ブログ未公開の写真も入っています。お楽しみに。

※カテゴリーで「広島自走レポ」を選択すれば全部表示されるはずです
※「ブログの使い方間違ってる」って言われますが、ブログの日時を気にせず、上から順に読めるようになっています。

ひとまず完成しました(2005/7/21)  

Posted by kawacub at 23:00Comments(3)TrackBack(0)

【出発準備】

準備といってもたいしたことはしてません。

「革レッグはずすなんてがっかりだyo!」という罵声(応援メッセージ?)にもめげず、レッグシールドをノーマルにしたのと、シングルシート&箱仕様にしたくらいです。

あ、タイヤとオイルは交換したっけ。

あとは、ツーリングマップルを眺めて予定ルートを確認し、要所要所には付箋で書き込みをいれておきました。
関東、中部北陸、関西、中国四国の4冊を持っていますが、掲載地域がかなり重なっているので、今回のツーリングでは中部北陸と中国四国の2冊で十分でした。

※今回利用した付箋はフィルム付箋といって、半透明なので地図に貼っても下の道路も見える上、糊面が大きく、はがれにくくなったものです。紹介してくれた、たくりお2002さんに感謝  
Posted by kawacub at 22:30

【往路初日:7/8 自宅〜名古屋近辺】

朝4時出発のため、3時半に起きる予定でしたが、ちょっと寝坊して3時50分に起床しました。

嫁さんには「寝てていいよ」って言ったのですが「今生の別れになるかもしれないから」と縁起でもないことを言いながらお茶を煎れてくれました。

ちょうど家を出る頃、新聞屋さんのカブの音がブィィ〜ン・・
革カブもブロロロロと出発しました。(ODO:5687.0km)
※ODOは取り付けたばかりのサイクルメーターのオドメーター表示です。

広01 後ろ重い!
まだ半分以上ガソリンは残っていますが、さっそく給油しました。
雨具やら着替えやら工具やら充電器やらで箱もサイドバッグも満杯、かなりのテールヘビーなカブになってます。


まずはR246をひたすら西に向かいます。
道の駅「ふじおやま」まではツーリングなどで通りなれた道です。
早朝なのでさぞかし道もがらがら・・と思いましたが思いのほかトラックが多く、伊勢原あたりからの1車線道路は結構イライラしながら進みました。
家を出てほぼ2時間、道の駅「ふじおやま」に着き、最初の休憩をとります。

道の駅「ふじおやま」を過ぎ、R1に入るあたりからはいよいよ未体験ゾーンです。オックンのレポでの予習が生きるはず。

R1も交通量は多いものの、車線が多いこともあって順調に進みます。

朝8時、そろそろ腹が減ってきたので安倍川ちかくのマックに入って朝マック休憩をとります。
だいたい1時間あたり40キロくらい走っている計算です。
このペースなら、今日の目的地大阪には12時間くらいで着くかな〜なんて考えながら再出発しました。

静岡県走行の際の注意点は「自動車専用のバイパスに迷い込まない」これに尽きます。
・静清バイパス
・藤枝バイパス
・浜名バイパス
・潮見バイパス
これらを回避しつつ、順調に走ります。(オックンに感謝)

途中浜松で給油のついでに軽く休憩をとりました。

梅雨時にもかかわらず好天に恵まれ、日が昇ると長袖では暑くてしょうがありません。安全性を考えると長袖がベストですが、Tシャツ1枚になってしまいました。

往路では名古屋市街には立ち寄らないつもりですので、そんなときにはR23がお勧めらしいです。ツーリングマップルにも書いてあります。
そこで豊橋市からR23に入りました。

→R23がお勧めなのは知立あたりからのバイパス路線です。そこまでは狭くてクネクネしててしょっちゅう見失いそうになります。ご注意を。
一度は田んぼの真ん中で途方にくれました(汗)


そんなこんなで休憩のタイミングを失ったまま、R23の車線が一気に増え、バイパス化してしまいました。こうなると行くしかありません。流れに乗って、ガンガン走ります。

12時半すぎ、気がつくと名古屋市のはずれまで来ていました。
給油と昼食(コンビニおむすび)で一休みします。

オックンと連絡を取ってみると、京都まで迎えに(捕獲しに?)きてくれるそうです。
あとは鈴鹿を超えて琵琶湖の近くを通って一山越えれば京都。もうすぐです。





  
Posted by kawacub at 22:00

【往路初日:7/8 名古屋近辺〜大阪】

昼食後、再びR23をひた走り、長良川を越えて三重県に入ります。

四日市市のコンビナート群を抜け、R25を経由してR1に復帰、しばらく走ると鈴鹿市です。

鈴鹿サーキットってこの辺なんだよな〜なんて考えながら走っていると、道の駅「関宿」が現れました。

広02 関宿オックンのツーレポでもおなじみです。休憩スペースがあって、昼寝しているおっさんも居ました。駐輪場で隣には奇遇にもカブカスタムが停まっていました。


ツーリングマップルを見るとここの「志ら玉」というのがおいしいらしいです。ちょうど時間も15時近く。さっそく買い込みました。
広03 志ら玉ブログ用に写真を撮っていると、店の人が熱いお茶を煎れてくださいました。上品なお味のおまんじゅうでした。


道の駅「関宿」を出ると、いよいよ鈴鹿の峠です。気持ちいいワインディングをすいすいと走っていきます。やっぱり105ccはこんなときに楽ちんですね。

峠を越えたらひとまず大津を目指します。

順調に走ってきましたが、この辺が結構きつかったです。狭い道幅いっぱいを走る大型トラック&断続的な渋滞。その上、傾いてきたとはいえまだ強力な日光が容赦なく照りつけます。

大津に入ったところでオックンと連絡をとりあい、待ち合わせ場所を決めました。京都の烏丸五条ツタヤ前。わかりやすいなぁ〜

待ち合わせのことを考えたらまた元気になってきたので、すいすいと大津の町を抜け、京都に入ります。
夕方のラッシュがはじまるところでしたが、ひとまず17時ちょっと前、待ち合わせ場所の烏丸五条に着きました。

広04 オックン合流オックンとは何度も会ってますが、関西で会うのは初めてです。何か変な感じ(笑)


しばらくして恵理さんも来てくれました。
広05 ふたばの豆餅甘党、しかもあんこ好きの僕にぴったりの「ふたば」の豆餅。んまい!!
2つもいただいちゃいました。


さっそく3人で、京都・カブといえばこの店、「小栗商店」に向かいます。
広05 小栗商店店主の小栗さん、タイカブのいまいさんはじめ数人の方とごあいさつさせていただきました。(写真提供:オックン)


革カブも見ていただきましたが、やっぱり革レッグシールドがないのが痛い。「本当はここが革で〜」みたいな話をその後も何度も繰り返すことになりました。次回の自走のときは革フル装備で行こう、と決心したのはこのときでした。


小栗商店の後、これまた京都・カブといえばこの公園、梅小路公園に向かいました。

広06 泡兄弟京都で開催されたカフェカブ会場となったこの公園に、オックンと並んで立ちます。もちろんシャツは泡兄弟(笑)


続いて京都・カブと言えばこのお寺、以前酔いどれさんが秘技「ライラック」を完成させた東寺でも写真を撮りました。(ちょっと無理あるか?)

そろそろいい時間になってきたので、「革まつり」と題して関西のカブ乗りさん達が集まる枚方のサイゼに向かいます。
途中オックン・恵理さんのテールランプ切れというトラブルに遭遇しつつもズンズンとR1を南下して、枚方のサイゼに到着しました。

すると、来るわ来るわ、あっという間に8台ものカブが並びます。
広07 革まつりその後も人は増え、僕を入れて総勢12名が食事時で混み合うサイゼの一角を占拠したのでした。集まっていただいた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。


22時をまわり、そろそろチェックインの時間も気になってきたので、お開きにしていただきました。
駐車場で解散、のはずでしたが多くの方がホテルまで一緒に走ってくださいました。思わぬナイトラン、思い出になりました。

翌日のR2へのアクセスも考えてR171近くのビジネスホテルに宿泊です。
楽勝のつもりでしたが、疲れていたらしく、シャワーを浴びたらバタンキューでした。
(ODO:6212.6km)

当日走行距離525.6km
通算走行距離525.6km

  
Posted by kawacub at 21:30

【往路2日目:7/9 大阪〜相生】

天気予報から雨中の出発を覚悟していましたが、目覚めると大阪の朝はまだ曇りでした。
宿泊したビジネスホテルには、サービスで朝食もついていましたが、朝食は7時から。残念ながらキャンセルさせていただき、6時に出発しました。

もちろん途中で雨にあうことはわかりきっていますので、レインスーツ+ゴム長+雨天用グローブで完全装備です。

出発直後に、前日プラグが黒かったのを思い出し、朝食のおにぎりを買ったローソンの駐車場で急遽キャブレータの調整(ニードルクリップを3段目→2段目)をしました。

宿から少し北上してR171に入り、R2との合流点西宮を目指して早朝の道をひた走ります。
ラッシュ時には混雑すると聞いていたR171ですが、さすがに6時過ぎにはガラガラですいすいと西宮に到着し、R2に入りました。
広島の実家からR2にはカブなら2〜3分で出られるので、ここから広島まではR2をひたすら走るだけ(とそのときは思っていました)です。

しかし考えが甘かった・・・

☆甘かったポイント1
R2といっても、有料バイパスと旧道があり、1本ではない

☆甘かったポイント2
カブが通れる旧道はときどき「進入禁止」「一方通行出口」などの標識によって迂回を余儀なくされたりして見失いがち

☆甘かったポイント3
メジャーな国道のくせに、特に兵庫県内は道幅が狭く、その上交通量はそれなりに多いので渋滞も多い


そんなこんなで迷走しつつ、ついに加古川付近で旧道を見失ってしまいました。意を決して加古川バイパス(自動車専用)に行ってみたところ、入り口付近に「125cc未満は側道を走ってください」との掲示がありました。

広08 側道2号線右に見えているのが加古川パイパスです。側道なので横から出てくる道も多く、一時停止ラインがしょっちゅうあります。
しかしガードレール上にはちゃんと「R2 ○○km」の表示があり、一応これもR2の一種のようでした。


その後、加古川パイパス終点付近でようやく見失っていたR2旧道と再会しました。しかし時間帯もあってか渋滞が続き、姫路城近辺に到着したのが9時過ぎ。100キロ弱走るのに3時間もかかってしまいました。

姫路の少し先ではまたR2は自動車専用バイパスに姿を消し、やむなくR179を通ったりしながらがんばって進みます。

姫路あたりからポツポツ降り出した雨が本降りになりはじめ、革カブを容赦なく濡らしていきます。
さらに追い打ちをかけるように相生近辺では道路工事のため片側交互通行が2カ所もあり、しかも狭くて路肩を抜けることもできないままに前後を巨大なダンプカーに挟まれてにっちもさっちもいかない状況が続いたりしました。

雨のために携帯を取り出すこともままならず、ずぶ濡れなのでマックやファミレスに入るのも気が引ける、という状態で、ブログの更新も十分な休憩をとることもできません。

この辺が今回の自走でもっともテンションが下がったポイントでした。
  
Posted by kawacub at 21:00

【往路2日目:7/9 相生〜広島】

そんなR2が急変したのは岡山県に少し入ったあたりからでした。
急に道幅がひろがり、カブも走れるバイパスになったのです。交通量は相変わらず多く、一部工事区間では渋滞もしていましたが、そこはカブの機動性を生かしてするすると抜け、あっという間に岡山市を通過して倉敷あたりまで進むことができました。

ちょうど12時過ぎだったので給油したガソリンスタンドで休憩させてもらい、雨具を脱いで、朝あらかじめ買っておいたコンビニ弁当で昼食にします。

道路標識によれば広島まで160キロほど。よほどのことがなければ夕方には何とか着けそうです。さっきまでざあざあ降りだった雨も気のせいか小やみになり、落ちていたテンションもあがってきました。

再スタート後、しばらくはバイパス状態が続きましたが、広島県に入る手前の笠岡市あたりからまた狭いR2に逆戻りしてしまいました。

そんなこんなで広島県に入ったのが13時すぎ。福山市はバイパスでさっと通過したものの、尾道・三原は渋滞。なかなか初日のように快走できません。

しかし三原を過ぎて市街地から山道になったあたりから流れがよくなってきました。広島空港近辺では道幅も広くなったりしながら、山の中をスムースにかけ抜けていきます。

雨はまた本降りになってきましたが東広島市の西条バイパスあたりまでは快走で、休憩時間も惜しんで走り続けます。
西条バイパスを抜け、狭い山道の渋滞の中、いよいよ広島市に入ったのが
16時ちょっと前。最後の給油&休憩をとります。

広島市内はちょうど夕方のラッシュが始まりそうなタイミングでしたが、何とか切り抜け、17時前、無事自宅に到着しました。(ODO:6569.2km)

広09 広島到着平和記念公園前でパチリ


当日走行距離 356.6km
通算走行距離 882.2km  
Posted by kawacub at 20:30

【広島滞在】

広島滞在中は、一応今回の旅の目的でもある、実家での親孝行にはげみました。
(というのは半分ウソで、連日雨なのをいいことにぐうたらしてました)

しかしそんな僕も革パーツのメンテナンスは怠りません。
実家到着後、最初にやったのは革パーツのとりはずしでした。

新聞紙を広げた上にとりはずしたずぶ濡れの革パーツを並べ、型くずれに注意しながら、まずは自然乾燥させます。

サイドカバーなど、濡れ方が中途半端なものは、しぼった濡れぞうきんで全体を均一に濡らしてから乾燥させます。(そうしないと後でシミになります)

広10 革パーツメンテ雨のなかがんばった革パーツ達


自然乾燥させた後は、持ち帰っていた保革油(ラナパー)を塗り、失った油分を補給します。

広10 革カブ−革ちなみに革パーツをはずされた革カブはこのように青空駐輪です。サイドカバーもはずしてしまっているので、さすがにバッテリー部分を保護するためにそこだけビニールシートで覆ってあります。


広島滞在中、雨の合間を縫ってお好み焼きを食べに行きました。
10年前、広島営業所勤務時代によく行っていた店は値上がりしていて、入る気がしませんでした。繁華街の有名店も何軒かのぞきましたが軒並み価格設定が高く、いつものようにオプションをつけると軽く1000円を超える店ばかりでした。
そこで、うちの母もよく行く、住宅街のお好み焼き屋さんに行ってきました。

広11 広島のお好み焼き屋さん広島にはこんな感じのお好み焼き屋さんがそこらじゅうにあります。値段も安めです。いつか広島に行くことがあったら、ぜひ繁華街の有名店ではなく、こんな店に入ってみてください。



ちなみにこの店で、肉・玉子・そば・いか天で700円(食後にコーヒーサービス)です。この店のそばは太くて多めなので、関東で「くじら」に行くときの感覚でそばダブルを注文すると大変なことになります。

このほか、墓参りに行ったり、庭の木を剪定したり、実家のFAXのインクリボンを買ってきて交換したり、スターウォーズエピソード3を観に行ったりしながら、そろそろ帰りの計画をたてはじめます。

ひとまず大阪の1泊は決まっているので、往路で利用したビジネスホテルに電話して予約しておきます。それ以外の宿は途中で何とかすることにします。

復路は古戦場巡りをしながらのんびり走る予定なので、ツーリングマップルを見たり、オックン・A山さんにメールで相談しながらルートを検討しました。

そんなこんなで広島滞在の日々は過ぎ、いよいよ復路のスタートです。

  
Posted by kawacub at 20:00

【復路初日:7/13 広島〜姫路】

復路は14日の早朝(4時頃)にスタートして、一気に大阪まで走るつもりでした。そのつもりで14日夜の大阪のホテルも予約してありました。

が、その前日の13日、広島は朝から雨がザーザー。予報も1日雨で、どう考えても早朝まだ暗い中、しかも雨の中のスタートというのは気が進みません。

翌日以降は天候も回復しそうだったので、通常であればスタートを1日遅らせればすむのですが、オックン・A山さんとの約束があるのと、嫁に「16日の夕方には帰るから」と約束してきているために、それができません。

※16日はそもそも嫁が近所の奥様方と飲み会があるため、子供の夕食や塾の送迎は僕の役割。それに間に合うことが今回の旅を許可してくれた条件(大げさ)でもあったのです。まあ、「無理して間に合わなくてもいいよ」とは言ってくれていたのですが、今後のことも考えるとここは間に合っておきたかったのです。

ということで、13日の昼食後、広島を出発して明るいうちに姫路あたりまで行っておくことにしました。往路1泊2日のコースを復路は3泊4日。ちょっと贅沢ですが、安全第一でいくことにしました。

さっそくオックンに連絡をとり、予定の変更を伝えます。今度は14日朝に神戸あたりまでピノンくんと一緒に迎えに来てくれ、その後1日大阪を案内してくれるそうです。感謝・感謝!

急に出発を決意したのであわただしく準備をし、つけなくても走れる革パーツ(ハンドルまわり)以外は腹をくくって装着していきます。
往路ではサイドバッグの中身がずぶ濡れになってしまったので、サイドバッグの中身は大きなビニール袋で保護しておきます。

いよいよ13時前、実家を出て復路をスタートします。

実家からR2はすぐなので、またひたすらR2を走ることになります。
広12 広島出発走り出してしばらくすると大阪まで333kmの表示がありました。この近所にカブ乗り仲間のジュンさんの実家があるらしいです。
この角度から見ると、全然革カブじゃないですが、ハンドルカバー・グリップカバー以外は全部装着しています。


日中のR2はそれなりに混んでいましたが、市街地を抜けて山道に入っていくと交通量も減り、流れもよくなってきました。
基本的には来た道と同じなのですが、復路は2点異なります。

その1)
往路では回避した三原バイパスはカブでも通れるみたいなので通る
その2)
往路ではまった岡山以東は、R2ではなくR250を使う


雨は降ったり止んだりで、往路と比較するとたいしたことはありません。
むしろレインスーツと長靴が蒸し暑く感じるくらい。しかし脱いだり着たりは面倒なのでそのままガンガン走ります。

実家を出て1時間半、14時半頃に三原市に入ったところで給油をかねて最初の休憩をとりました。
ガソリンスタンドの兄ちゃんが「カブにハイオク入れるのって初めてっすよ!やっぱりスーパーだからっすか?」とわけのわからない質問をしてきたので「いやぁ、ボアアップしているので」と答えたところ、ピンとこなかったみたいでした。何て説明したらよかったんだろ?

予定通り三原市は三原バイパスを使ったおかげでだいぶ順調に通過しましたが、バイパスを下りてから尾道までは例によって1車線道路の渋滞で思うように進みません。
次の福山はまた道幅が広がってすっと通過しましたが、岡山県に入って笠岡はまた渋滞。やっぱりR2は好きになれません。

しかし我慢の甲斐あって17時頃、ついに倉敷に到達、マックでまた一休みしました。

その後はバイパスが続いて岡山を抜けるまで快走、その後備前市に入ったところでR250に入ったのが18時過ぎでした。

※途中「岡山ブルーライン」という表示が目に入りましたが、下調べしていなかったので通りませんでした。あとで地図を見たらそっちに行った方が更にスムースにR250に入れたかもしれません

R250に入った直後「あれ、ここも1車線道路じゃん?渋滞したらR2と同じなんじゃないの?」と思いましたが、なんと言っても交通量が桁違い。
前後に数台の地元車が入れ替わりながら走っているだけで、すいすいと流れます。
たまに前後の車がいなくなってしまうと、どんなペースで走っていいのかわからなくなるくらい空いてました。(制限速度は基本40キロ、ところどころ30キロ)

道はほぼ海岸に沿ってクネクネと曲がっているので距離的にはR2よりも長そうですが、なんと言っても流れがいい!
関東の方にしか通じない例えかもしれませんが、平日の道志みちみたいな感じです。天気のいい昼間なら、瀬戸内海を眺めつつもっと気持ちよく走れるんだろうなぁ〜 なんて考えながら走っていたら19時半頃、宿泊予定の姫路近辺にさしかかりました。

※途中、相生市で「あいおい白龍城(ペーロン城)」という面白そうな道の駅がありましたが、夕暮れ時だったせいかなんかさびれた感じだったので、パスしちゃいました。

体力的には十分余裕があったので、この調子で走ればその日のうちには大阪に着きそうな勢いでしたが、せっかく翌朝オックン・ピノンくんと明石大橋で待ち合わせをしているのと、夜走っても景色が見えなくてつまらないので宿を探すことにしました。
R250は姫路市街よりかなり南寄りを走っているので、いったん県道62号を北上し、姫路駅周辺でビジネスホテルを探します。

最初に入った姫路プラザが屋内駐輪・朝食付き・大浴場・サウナ付き・インターネット利用コーナーありで6100円だったので、即決し、20時ちょうど、チェックインしました。(ODO:6882.6km)

他のお客さんは少なかったのか大浴場は独占状態で、大きな湯船にゆったりつかってのんびりしました。

21時からはスターウォーズエピソード6「ジェダイの復讐」をTVでやっていたのでそれを見ているうちにいつの間にか眠ってしまったようです。

※原題は「Return of Jedi」です。邦題は「ジェダイの復讐」として劇場公開され、ビデオも発売されましたが、ルーカス側からの「ジェダイの騎士は復讐などしない」というクレームでDVDのタイトルは「ジェダイの帰還」となっています。今回テレビのタイトルがまた「復讐」となっていたのでちょっと不思議な気がしました。


当日走行距離  259.6km
通算走行距離 1141.8km
  
Posted by kawacub at 19:30

【復路2日目:7/14 姫路〜明石】

早く寝たせいか、やたらと早く5時前に目が覚めてしまいました。

ひとまずまた大浴場&サウナでのんびりしました。またまた独占状態です。

寝る前に室内で干しておいた雨具をしまったり、雨天走行中にははずしておいたハンドル回りの革パーツを取り付けたり、荷造りをすませます。

6時40分スタートの朝食までまだ余裕があったので、インターネットブースを借りて、久々にカブサイトを巡回したり、名古屋の宿泊予約をしたりしました。

そうこうするうちに朝食の時間となりました。
バイキング形式でパン・ご飯・みそ汁・焼き魚・ウィンナー・卵焼き・サラダ・フルーツなどから選ぶようになっています。

食い倒れの町大阪での観光を控えているので朝食を軽く済ませ、7時にホテルを出発しました。

前日とは別のルートを南下してR250に出た後は、また快調に走っていきます。
さすがに7時台とあって朝のラッシュがはじまりかけているせいか、交通量もやや増えてきましたがそれでもスムースに進みます。

広13 R250快走途中から道幅も広がり、バイパスのような流れのよい道にかわりました


西明石でR2に復帰した後も順調に進み、ホテルを出て2時間弱、9時前にはオックン・ピノンくんとの待ち合わせ場所、明石海峡大橋たもとの舞子公園付近まで来てしまいました。

待ち合わせの10時まで時間があるのと、オックン達との合流後の行動は彼らにお任せにしたかったので、個人的に寄りたいと思っていた須磨浦公園(一ノ谷合戦跡地)まで足を伸ばすことにしました。

広14 一ノ谷ちょうど7/10のNHK大河ドラマ「義経」が一ノ谷の合戦だったので、とてもタイムリーでした


R2を少し戻って待ち合わせ場所の舞子公園に着いたのが9時半頃、まだ時間があったので、往路の途中から気になっていたキャブレータのメインジェットを交換(100→98)することにしました。
広15 解体持ってきた工具が役に立ちます。しかし、革レッグシールドであればここまで解体しなくてもジェット交換できるのに、ノーマルレッグシールドのため、手間がかかってしまいました。

もたもたしているうちに10時になり、オックン・ピノンくんが到着しました。
本当は到着前に組み立てまで終了して、涼しい顔で待っていようと思っていたのに、解体作業中のところを見られてちょっと恥ずかしかったです。

それにしても晴天に恵まれ、本当によかったねと話しながらさっそく記念撮影です。
広16 明石海峡大橋う〜ん、やっぱり革レッグシールドにしとけばよかったかな・・・
前から見たら普通のカブじゃん(汗)


  
Posted by kawacub at 19:00

【復路2日目:7/14 大阪観光】

3人揃ったところで、R2をひたすら大阪に向かいます。
(このために休みをとってくれたオックン・ピノンくん、どうもありがとう)

多少渋滞ぎみだったり、途中白バイに追尾されたり(オックン談)しましたが、大阪駅近くまでR2を進み、その後御堂筋を南下して道頓堀に向かいます。

往路は北摂経由でしたので、大阪市内をカブで通るのは初めてです。
大阪は交通マナーが悪い、という噂もありますが、僕はあまりそんな感じは受けませんでした。むしろ都内よりも走りやすいかも。

しばらく走って無事道頓堀に着きました。
広17 道頓堀大阪には陽気な人たちがいるんですねぇ〜


今回の大阪観光のテーマは「食い倒れ」ということで、各種名店が一堂に会した、「道頓堀極楽商店街」に入ることにしました。
関東でいうと、ラーメン博物館に近いイメージで、レトロな町並みを再現したフードテーマパークという感じです。
広18 道頓堀極楽商店街入り口で有無を言わせず撮られた写真を気に入ったら出口付近で購入、という仕組みです。ディズニーランドのスプラッシュマウンテン等と同じ仕組みですが、記念に購入しました。レトロな感じに、年号も昭和になっています。


僕が中で食べたのは、冷麺・たこ焼き・明石焼きでした。さすが名店揃い、うまかったです。

店を出てぶらぶらと歩き、食い倒れ人形を見たりNGK(なんばグランド花月)前で島田洋七の生サイン会をみかけたり、法善寺横町に行ったりしました。
広19 法善寺このあとピノンくんお勧めのチーズケーキを食べるので、夫婦善哉は前を通っただけでした。


そのチーズケーキとはなんば駅近くの「リクローおじさんのチーズケーキ」でした。ピノンくんが焼きたてを買ってくれ、近所の公園で食べました。フワトロでめちゃめちゃうまい!これは絶対お勧めです。

※十分満足したので、過去大阪出張のときには必ず食べていた551蓬莱の豚まん、阪神百貨店地下商店街のデラックスイカ焼きは今回は見送りました

公園で相談の結果、喫茶店で一休みすることになりました。
場所は茨木のcafe小町。少し離れていますが新御堂というバイパスっぽい道をひたすら走れば割とすぐ着く、ということでした。

話のとおり、新御堂をしばらく走るとすぐに茨木に着きました。バイパスというか高速みたいでした。東京にもカブが通れるこんな道が欲しいです。
広21 茨城童子茨木といえば茨木童子(?)ということで記念写真を撮っておきます。そのうちこの隣に、茨木の名を全国に広めたオックンの銅像が建つかも知れません(笑)


広22 カフェ小町茨木駅すぐ近くの喫茶、cafe小町です。店内は女性客でいっぱいでしたが、運良くすぐに座ることができました。ぼくは韓国系のオリジナルスイーツ「パッピンス」と「トマトニック」をいただきました。どちらもとてもおいしかったです。


ここで休憩しつつ、翌日のルート(茨木〜彦根)についていろいろ教えてもらいました。
その後、いったんホテルにチェックインして箱を軽くしてからオックンの秘密基地(ガレージ)に向かいます。

広23 秘密基地秘密基地内部の撮影は今回許可されませんでした(ウソ)
夏に向けて室温対策が必要そうでしたが、こんな基地を持ってるなんてうらやましい!


秘密基地をあとにして、名神高速沿いを走っていよいよ大阪・カブといえばこの店、三木サイクルに向かいます。

広24 三木サイクルカブだけでなく、スクーターもたくさん置いてありました。他のお客さんもいらっしゃったのであまりお話はできませんでしたが、歓待していただけました。そしてDanchoXXさんもいらっしゃったのでスターウォーズ話で軽く盛り上がったりしました


また茨木に戻って20時過ぎ、食い倒れのしめくくりとして天下一品のラーメンをいただきました。15年ほど前に広島2号店ができたときに嫁さんと行って以来はまっているラーメン屋さんです。野菜のエキスがたっぷり詰まったこってりスープがくせになります。

朝7時を過ぎると翌日通る予定のR171のラッシュが始まるらしいということなので21時頃ホテルに戻り、また早めに寝ました。(ODO:7040.3km)

当日走行距離 157.6km
通算走行距離1299.4km
  
Posted by kawacub at 18:00