先日パズドラ以外のネタにも手を出すと宣言したので早速少しパズドラとは関係ないネタ第一弾

前の時はモンスト記事を書くかのような雰囲気だったがそうではない。最近ハマってるドット絵を適当に晒すことにしました。

自分ドットのRPGが大好きでしてね。特にSFC以降のドットを見るといつも子供の時のような興奮を覚えるんですよ。
最近ロマサガ3をプレイしましてね。それのドット絵がすごいのなんの。あんなかっこええ敵グラは今後もう出ないだろうなって思ってしまうほどでした。特に四魔貴族の影のドットが大好き。アラケスほんとすき


それに感化された訳だ。調べってみるとフリーソフトで出来たから早速やり方を調べる
調べたら皆思うことだろうけど、作業が結構めんどくさそう。特にパレットの仕様が普通のイラストツールと全然違うんですよ。簡潔に言うと自分でRGB弄って色を作らないと黒色以外が使えないみたいな感じ

中学の美術の授業でRGB関連の話があった気がするが当然全く覚えておらず、自分で弄って理想の色が作れる気がしませんでした。多分殆どの人が無理でしょ(´・ω・`)
そこで思いついた解決策がですね。イラストツールを2つ使用する方法。
片方はドットを打つツール。オススメされてたEDGEなるものを使用。確かに使いやすかった
一方は色作成用のツール。こっちはクリスタを使用。色を作るための機能がたくさんあります。他にも色々と多機能ですが5000円します


これで色の問題は解決。ただそれよりも根本的な問題があってですね。まぁどうやってドットを打ち込んでいくのかって話ですよ。ワシは素人だぜ?

でもこれも解決方法があった。あらかじめ普通に下描きしておいて、それをドットサイズに縮小。その後縮小したものをEDGEに取り込んでそれを元にドットを打っていくという方法。

なるほどなるほど。小学生の時マリオカートDSのドット機能で遊んでた時にはそんな発想なかったぜ。


という訳で下絵の作成から始めました。もちろんスクルドで作成
新規キャンバス

上手い人の絵やスクルドのイラストを参考にしまくって頑張った。しかしドット絵にすることを考えたらもっと雑で良かった。どこに身体のどのパーツを配置するかだけ分かれば良かったかも。中途半端に描くのが一番ダメだった
でこれをドットサイズに縮小。今回は192×192サイズに。64×64にしようとしたけど今の自分には小さすぎて無理だった・・・
 新規キャンス
大分コンパクトに。そして線が潰れよく分からない状態に。まぁこれでええねん

それでこの状態から本家パズドラのスクルドをクリスタの方に表示しながら打ってできたのが
スクルド
これです。完成品です(´・ω・`)
過程などは一切ありません。顔から順にカチカチし続けるだけでした。きっと効率的じゃないんだろうな(´・ω・`)
スクルド本体は1日使って完成させられたのですが、周りのパーツに1週間ぐらいかかった。面倒であんま作業捗らなかったのが大きいけど。でも武装ないと寂しいし・・・

この画像は背景を透過させてあるのでなんか別に背景を付けて遊べます。例えば
dq_font

 こんな風に(´・ω・`)もっといい背景あっただろ・・・
アンチエイリアスがガバガバなことがよく分かりますね

それと装備パーツも充実させてあるので
スクルド赤

こんな感じで今にも攻撃してきそうな感じにも出来ます。ちょっとドット絵的に迫力ないけど

ロマサガ3だと攻撃の度に敵グラ変わったりするからすごいよね。そこにインスパイアされ申した。
最近か分からんけどDS版のDQ456とかヌルヌル動いててそれだけでゲームやる気になるんだよなぁ。それ故DQ11の3ds版には期待せざるを得ない。ff7リメイクの次に楽しみだね。なんというスクエニ信者
PS4なんかのグラがすげぇいいのは分かるし普段はPS4やりまくってるんだけど、グラでこのゲームやるか!ってなるのはドット凄いゲームなんだよなぁ自分は。ポケモンがXYでドットやめたときとかショックだった。おかげで卒業出来たんだけど。尚その後のアルファサファイアで無事復帰させられた


あ、当サイトのドット絵は全てフリー素材です。自由にどうぞ。
でもこれ俺が作ったんだぜってのだけはなしだぞ(´・ω・`)