kawailawjapan

弁護士川井信之(東京・銀座)の企業法務(ビジネス・ロー)ノート

東京都中央区銀座の弁護士が、企業法務に関するニュース・話題を中心に情報発信するブログです。

          
31 7月

[本ブログにお越し頂いた方へのご挨拶・ご連絡先]


IMG_3194-40

 本ブログにお越し頂きまして、誠にありがとうございます。弁護士の川井信之と申します。東京・銀座で弁護士をしております。
 本ブログでは、法律関係(主にビジネス法が多いですが、余り厳密には考えていません)の法改正、裁判例、ニュースのご紹介と、それらについての私なりのささやかな整理とコメントを皆様にご提供させて頂いております。

 [ご連絡先] (メールでのご連絡が一番確実かと存じます)
 〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目15番11号 銀座セブンビルディング9階
 川井総合法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士 川井 信之
 TEL:03-6226-4133(代表) 
 事務所ホームページ(ウェブサイト):
http://www.kawailaw-japan.com/
 事務所Facebookページ:https://www.facebook.com/kawailawjapan  
 メールでのご連絡先: info(a)kawailaw-japan.com (「(a)」を「@」に変換の上、ご送信下さい。)

 「得意分野・積極対応分野の業務ご案内」:
 
http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/archives/8206266.html

 「私の経歴書」(前編):
 http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/archives/8062717.html
 「私の経歴書」(中)(作成中):
 
http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/archives/8181003.html

※各種法律相談のご依頼(中小企業、ベンチャー企業、地方企業、個人の方からのご相談も大歓迎です)、および講演・執筆のご依頼は、上記の電話番号またはメールアドレスにご連絡下さい。上記メールアドレスに頂いたメールの内容は、私川井にて全て拝見させて頂いております。

(※本ブログの各記事に頂いたコメントは、承認制とさせて頂いております。何卒ご了承下さい。)

* * * *

(当事務所専用ウェブサイトのご紹介)

[東京・銀座の弁護士によるビジネスパーソンのための夜間法律相談(離婚・男女問題・労働問題ほか)サービス]
 
http://biz-yakan.jimdo.com/
 (↓ スマートフォン対応ページ)
 
http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan-bizperson/

[ビジネスエグゼクティブ(会社役員(取締役・監査役・監査役会)・執行役員)のための法律相談]
 
http://biz-executive.jimdo.com/

[中小・ベンチャー・外資系企業のための英語(英文契約・国際取引)サポートサービス]
 
http://bizlaw-english.jimdo.com/

東京・銀座の弁護士による、中小企業・ベンチャー企業のための法律相談・顧問弁護士サービス]
 
http://bizlaw-support.jimdo.com/

25 7月

金沢1泊2日


[本ブログトップページ]→ http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/

* * * *

 さて、私、先週の金曜日から土曜日にかけて、金沢に行ってきました。

 北陸地区(石川、富山、福井)の企業の法務・知財担当者の有志による情報交換等を目的とした「GLIP」(Grow GLOBAL LEGAL & IPの略とのことです)という団体の某勉強会に、講師としてお招き頂きましたので、泊まりがけで伺った次第です。

IMG_5565-30
↑ 遅ればせながら、初めて北陸新幹線に乗りました。快適でした。

IMG_5589-30
↑ 金沢は、本当に久しぶりでした。今世紀に入ってからは初めて来たかも・・・。

 某勉強会は金曜日の午後から夕方にかけて、「グループワーク」「講師のトーク」「ビブリオバトル」の3つの内容が行われ、私が講師としてお話しするパートも、(一応)無事終了。ビブリオバトルにもバトラーとして参加いたしましたが、こちらは準備不足が露呈し、私のトークはメタメタの出来に(苦笑。すみませんでした・・・)。

 夜は、金沢の街で、懇親会に二次会まで参加させて頂きました。
 懇親会では、いろいろと法務その他の深いお話もお聞きしましたし、金沢の美味しい郷土料理も沢山頂き、大変楽しく過ごさせて頂きました。

 今回の私の講師の件につき、ご指名及びアレンジして頂いた某さん、及び某社の皆様、本当にお世話になりました。誠にありがとうございました。m(_ _)m (私が「某さん」とどういう経緯で知り合い、今回どういう経緯でお招き頂くことになったかについては、一応本ブログではナイショということで(笑)。まあ、それほど秘密度の高い話でもないのですが)

 東京とは違って、法務・知財パーソンの方々の人数も必ずしも多くはなく、また、情報も決して集まりやすいとは言えない(東京ではこれでもかとばかりに沢山開催されている法律関係のセミナーが、北陸ではまず開催されない、というお話を伺ったのがとても印象的でした)地域での企業の法務等担当者のつながりというものは本当に貴重だと思います(外部の人間である私が偉そうに言いまして申し訳ありません)ので、末永くGLIPが発展および存続すれば良いなあ、と、心から思いました。

(また、今回、「ブログ見ていますよ」と何人かのご参加者の方々に言って頂いたことは、本当に嬉しかったですね。こういう時、ブログをやっていて良かったなあと思います。よし、今後は「小ネタ」ばかり書くのではなく、もっとしっかりした内容の記事も更新せねば(笑)。)

IMG_5575-30
↑ 金沢駅前のお寿司屋さんで食べたお寿司。

IMG_5578-30
↑ 懇親会の二次会で頂いた、金沢の郷土料理「治部煮」(じぶに)です。美味しかった・・・。

* * * *

 翌日は土曜日でしたので、超駆け足でしたが、金沢の街を観光しました。

↓ 金沢21世紀美術館。ご承知のとおり(?)美術好きである私、随分前から行ってみたかったのですが、今回、ようやく訪問が実現しました。
IMG_5627-30
IMG_5623-30

↓ 鈴木大拙館。静かで、何もないところですが、それ故に落ち着きます。
IMG_5737-30
IMG_5722-30
IMG_5729-30

↓ ご存じ、兼六園。暑かった(笑)。
IMG_5747-30
IMG_5762-30

↓ ひがし茶屋街。
IMG_5792-30
IMG_5800-30

 前日に梅雨明けしたこともあり、真夏の暑さでしたが、金沢を久々に満喫しました。
 今度は別の季節に是非再訪したいなあ。

(ちなみに、金沢で(も)、和菓子を何種類か買い込みました。追って、そのうちのいくつかを本ブログでご紹介させて頂く予定です(笑)。)

 金沢の美しさ、美味しさ、北陸の方々の暖かさに触れた2日間でした。
 人と人とのご縁に、心から感謝いたします。

IMG_5815-30

 それでは、本日はこんなところで・・・。

21 7月

実務系法律雑誌の最新号(2016年9月号)(ほか)


[本ブログトップページ]→ http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/

* * * *

 さて、本日は、いつもの実務系法律雑誌の最新号のご紹介です。両誌とも、本日(21日)が発売日でした。
  

IMG_5564-30

(1)
 画面右の「Business Law Journal」ですが、今月号の特集は「紛争リスクの高い労務トラブルへの対応」です。
 内容は、
・「近時の労働紛争の傾向と法務に求められる役割の変化」(倉重公太朗弁護士)
・「メンタルへルス」(丸尾紫乃/丸尾択養弁護士)
・「ハラスメント」(今津幸子弁護士)
・「未払残業代/定額残業代」(小鍛冶広道/湊祐樹弁護士)
の4つの記名論稿と、
・「法務部門としてどのように関わるか」(法務担当者5名による記事)
および、
・「労働者側代理人から見たハラスメント問題がこじれる理由」(棗(なつめ)一郎弁護士)
となっております。
 近時の重要テーマが並んでいる印象を受けますね。興味深いです。私も業務上、一定の割合の労働相談を受けておりますので(一応)、これは是非早めに読まねば。

 あと、稲益みつこ=山内貴博=森亮二弁護士による「『電子商取引及び情報財取引等に関する準則』平成28年改訂のポイント」も、必ず読ませて頂こうと思っております。
 
(2)
 次に、画面左の「ビジネス法務」ですが、今月号の特集は2つでして、特集1は、「社外役員が鍵を握る 新しい取締役会の舵取り」です。5つの論稿から掲載されていますが、中村直人先生をはじめ執筆陣が豪華ですので、これは是非読まねば。

 特集2は、「米国弁護士資格をとろう!」です。5つの論稿から構成されており、NY州のみならず、CA州の試験についての情報も掲載されています。
 まあ、幸いにして私は米国弁護士資格は既に持っているのですが(いちいち言わんでも良かったか・・・(笑))、現況がどうなっているかに興味があるので、時間があるときに読んでみたいなと思っております。

 それから、座談会「株主総会プロセスの電子化をめぐる諸論点(上)」(尾崎=日置=永池=今給黎=武井の各氏)も、必ず読もうと思っております。(この論点、だんだん盛り上がってきましたね)
 
* * * *

 話は全く変わりますが、法務省が本日、以下のリリースを、ウェブサイトで公表していますね(「リリースを公表」って変な表現ですが・・・)。

↓ 「『株主リスト』が登記の添付書面となります」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00095.html

 パッと見た感じでは、とてもわかりやすくまとまっているようでして、また、株主リストのフォームもエクセルファイルとPDFファイルでアップされていますので、担当者の方々にとっては必読のページと言えそうですね。私も、後で内容をキッチリ確認したいな、と思っております。 

 それでは、本日はこんなところで・・・。

* * * *

(当事務所専用ウェブサイトのご紹介)
  ↓
東京・銀座の弁護士による、中小企業・ベンチャー企業のための法律相談・顧問弁護士サービス]
 
http://bizlaw-support.jimdo.com/

20 7月

アパマンショップ事件最高裁判決に誤記?(小ネタです)


[本ブログトップページ]→ http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/

* * * *

 さて、本日もブログ作成に充てる時間の確保がほとんどできませんでしたので(最近、インプットが全然できておりません・・・)、以前気が付いた小ネタの「棚卸し」を・・・。

1.
 有名なアパマンショップ事件最高裁判決(最判平成22年7月15日)の判決文の「理由」欄の2(4)に、以下のような記載があります。(以下、引用判決中、下線と太字は川井による)

 「(前略)。参加人から、上記提案につき助言を求められた弁護士は、基本的に経営判断の問題であり法的な問題はないこと、任意の買取りにおける価格設定は必要性バランスの問題であり、合計金額もそれほど高額ではないから、B社の株主である重要な加盟店等との関係を良好に保つ必要性があるのであれば許容範囲である旨の意見を述べた。(後略)」

 上記のうち、「任意の買取りにおける価格設定は必要性バランスの問題であり、」という部分は、実は、「任意の買取りにおける価格設定は必要性とのバランスの問題であり、」が正しいのでは、すなわち、最高裁の判決文は、「の」という1文字が抜けてしまっているのでは、と思っているのですが・・・。

2.
 何故こう思ったのかといいますと、本件事件の第1審判決における同じ事実認定に関する箇所を読んで、気がついたからなのですね。

 第1審判決には、以下のように記載されています(第1審判決=東京地判平成19年12月4日の「第3 裁判所の判断」1(5))。

「その席で、☓☓弁護士は、基本的に経営判断の問題であり、特に法的に問題となるような性質のものではない、(中略)、との見解を述べた。また、買取価格として5万円が妥当かどうかについては、任意の売買における価格設定は、結局のところ必要性のとのバランスの問題であるため、最終的に補助参加人で判断すべきであるが、5万円ということであれば、トータルの金額としてもそれほどのものでもないことから、上記のような事情があれば許容範囲ではないか、という意見を述べた。」

(なお、控訴審判決では、上記の第1審判決の認定箇所は訂正等はなされず、そのまま控訴審の判断として引用されております。)

 上記で引用した第1審判決中に、「任意の売買における価格設定は、結局のところ必要性のとのバランスの問題であるため、」(原文ママ)とあります。

 ええと、おそらく第1審判決もここで誤記を犯しているようですので(・・・)、余り断定的な事は言えないのかもしれませんが、この部分の前後の文脈を合わせ読むと、この箇所は「任意の売買における価格設定は、結局のところ必要性とのバランスの問題であるため、」と書きたかったのではないか、と推測しております。

 以上からしますと、最高裁判決の上記で引用した部分も「必要性バランスの問題であり」ではなく、「必要性とのバランスの問題であり」というのが正しい事実認定の引用なのではないか・・・と思う訳ですが、如何でしょうか。(まあ、「必要性とバランスの問題であり」という文言でも、一応意味は通じるのかもしれませんが・・・。)

* * * *

 以上、超小ネタで、判決の実質的内容に全く影響がない内容(「重箱の隅」的ネタで恐縮です・・・(苦笑))でしたが、本日はこんなところで・・・。

19 7月

本日購入した書籍、ほか(7月19日)


[本ブログトップページ]→ http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/

* * * *

 さて、本日はバタバタしていましたので、小ネタを・・・(最近は小ネタ続きで恐縮です)。

1.
 先週の金曜日に発売されたとのことでしたので、本日、スタッフさんに買ってきてもらいました。

IMG_5527-30

 弁護士の中澤佑一先生ご執筆の「インターネットにおける誹謗中傷法的対策マニュアル(第2版)」(中央経済社)です。
 初版は、法曹関係者、法務担当者の方々に非常に評判が良かった書籍ですよね。私も、時間ができたら(この「時間ができたら」がクセ者なのですが・・・(苦笑))第2版も改めて読んで見たいと思っております。

2.
 個人情報保護委員会が、同会の第12回会合の配付資料である、「個人情報の保護に関する法律施行令改正案の骨子(案)」「個人情報の保護に関する法律施行規則案の骨子(案)」を、本日公表しました。

 個人情報保護委員会のウェブサイトのこちらのページにございます。
 http://www.ppc.go.jp/enforcement/minutes/2016/201600715/

 ついに政省令案の骨子が出ましたか。これは要注目ですね。
 こちらも、後でチェックしたいと思います。

* * * *

 それでは、本日は簡単ですが、こんなところで・・・。

記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ