[本ブログトップページ]→ 
http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/

* * * *

(2014年11月21日 追記)
(セミナーのお申込を締め切りました。多くの皆様にお申込頂き、ありがとうございました。)

* * * *

 いつも本ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。
 さて、私、この度、以下の要領で、第7回法律セミナーを開催させて頂くことにいたしました。

* * * *

川井総合法律事務所
第7回法律セミナー
「債権法改正の最新動向~契約に関する改正事項と実務への影響」

1.日時
    2014年11月26日(水) 午後6時40分~8時40分 (受付開始 午後6時20分)

2.場所    東京駅近辺の会場
         (具体的な場所は、御参加を申込みされた方に個別にお知らせいたします。)

3.講師
    弁護士 川井 信之

4.参加費   5000円(税込)(事前のお振込が必要となります。)

5.定員     40名

6.参加資格  社会人の方であれば、下記※に記載の方を除き、どなたでも。
          
(※誠に恐れ入りますが、企業内弁護士を除く弁護士、及び司法修習生の方は、参加のお申込をご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。)

7.懇親会(任意参加)
          セミナー終了後、会場近くのお店で、懇親会を予定しております。
          (懇親会へのご参加は任意です。)
          懇親会の費用は、当日、懇親会会場にて実費をお支払い頂きます。
        
8.申込方法

(1)
 まず、メールでのお申込が必要となります。

① ご氏名(フリガナ)[必須]
② 所属先(会社名など)[必須]
③ 弊所から返信メールを送信する際の宛先となるメールアドレス[必須]
④ 懇親会参加を希望される方は、その旨[参加を希望される方のみご記載下さい]

を御記載の上、下記のメールアドレスにメールをご送信下さい。

 seminar@kawailaw-japan.com

 弊所からの返信メールが「仮予約」の受付完了を証明する書面となります。
 弊所からの返信メールは、届くまでに、ご送信後1~2日ほど頂く場合がございますので、何卒御了承下さい。
 「仮予約」をお受けした段階で、セミナーの定員枠はリザーブされております。

(2)
 次に、セミナーの参加費を、弊所からの返信メールに記載された日までに、同返信メールに記載の金融機関口座にお振込み下さい。(お振込手数料は恐縮ですがご負担下さい)
(なお、所定の期日までに参加費をお振込頂けなかった場合には、お申し込みをキャンセルさせて頂くことがございますので、何卒ご注意下さい)

(3)
 弊所にてお振込を確認次第、弊所より、正式予約完了のご連絡(兼受講証)のメールを送信いたしますので、セミナー当日はこのメールのコピーをご持参下さい。

9.申込後・支払後のキャンセル・返金について

 キャンセルの連絡は必ずメールにてご連絡下さい。
 既にお振込済みで、かつ、キャンセルのご連絡の際に併せて返金先の金融機関口座をご連絡頂いた場合には、下記のキャンセル料及び弊所の振込手数料を控除した金額を返金させて頂きます。(振込以外の方法での返金には応じかねますので、何卒ご了承下さい)

 キャンセルの場合のキャンセル料につきましては、ご連絡頂いた時期により、以下のとおりとさせて頂きます。

① セミナー開催日の7日前までのキャンセル・・・キャンセル料なし
② セミナー開催日の6日前より4日前までのキャンセル・・・参加費の50%
③ 上記②の日以降のキャンセル・・・参加費の100%

 当日セミナーを欠席された場合には、当日のキャンセルと同様に取り扱いさせて頂きます。
 返金の際は、弊所の振込手数料を差し引いた額をお振り込みいたします。

10.セミナーに関するお問い合わせ先

 川井総合法律事務所 03-6226-4133(代表)または、上記8(1)に記載のメールアドレス。

* * * *

 弊所セミナーは、今年7月以来、4ヶ月ぶりの開催になります。

 今回のテーマは、(何だかんだ言っても・・・)やはり今一番ホットなテーマと言える、債権法改正とさせて頂きました。

 ただ、要綱仮案が8月末に出て以降、既にそれなりの数の(もっとも、思ったより少ない気がしますが)法律雑誌記事やセミナーが掲載・開催されておりますので、私のセミナーでは、差別化を図るべく、要綱仮案のうち、契約関係に特化して解説をさせて頂く内容とすることにしました。

 ご承知の方も少なくないと思いますが、今回の債権法改正では、契約総論・各論部分でもかなり多くの改正事項が予定されているのですよね。しかしそれらは通常、債権法改正のセミナーでは時間がなくて割愛される部分が多く、したがって、内容を把握する機会が後回しになっていらっしゃる方も結構いるのではないかと推測しています(そんなこともないかな・・・(笑))。でも、民法の条文が変わる以上、どこかの段階では把握・理解しなければいけない訳でして、今回のセミナーは、そうした把握や理解の助け・端緒になる内容を目指そう、と考えている次第です。

 セミナーで具体的に取り上げる予定にしている論点は、以下のとおりです。

・債務不履行による損害賠償
・解除
・危険負担
・契約上の地位の移転
・契約に関する基本原則
・売買
・消費貸借
・賃貸借
・請負
・委任
(・定型約款)(←もし法制審の部会で話が進んだら)
ほか。

 ということで、法定利息、消滅時効、保証債務、債権譲渡、債権者代位権、詐害行為取消権、相殺は、テーマの趣旨に鑑み、取り上げない予定にしております。
 それらだって契約実務に影響を及ぼすのでは、というツッコミは、恐縮ですが無しでお願いいたします・・・(笑)。まあ、ざっくりした区分けですので・・・。

 上記で列挙した各論点については、現行法の規定から始まり、改正内容及びその実務上の影響について、丁寧に説明させて頂く予定にしておりますので、改正内容についての前提知識がない方でも、ご安心してご参加できるかと思います。

 それから、今回は懇親会を開催させて頂くことにいたしました。昨年も、11月に開催したセミナーでは懇親会を開催させて頂きましたので、懇親会開催は1年ぶりになります。時期が時期ですので、忘年会みたいな趣旨で行いたいと思っておりますので、よろしければ是非ご参加下さい(去年は確か、20人弱の方々が懇親会に参加されたと記憶しております。)

 ということで、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

* * * *

(当事務所専用ウェブサイトのご紹介)
  ↓
[東京・銀座の弁護士によるビジネスパーソンのための夜間法律相談(離婚・男女問題・刑事事件・労働問題ほか)サービス]
 http://biz-yakan.jimdo.com/