さて、最新号の週刊ダイヤモンド(2017年10月14日号)が、相談役・顧問を特集として取り上げていたので、買って読んでみました。

 ちなみに、今回の特集の正式タイトルは、「ニッポンの老害 初調査 相談役 顧問」です。「老害」ってしかし・・・。
 まあ週刊誌ですので、こういうキャッチー(?)なタイトルを付けることに売上的に意味があるのかもしれませんが・・・。

 ということで、内容がどんなものかに若干の不安を覚えつつ読んだのですが、思いのほかしっかりした内容で、読み応えがありました。確かに「老害」といった相談役・顧問についてのマイナス面を印象づけようとする記載や、やや表現にバイアスがかかった記載もなくはなかったですが、多くのページでは、相談役・顧問の制度の現在の状況と問題点をできる限り客観的に浮かび上がらせようとしている印象を受けましたね。

 上場企業への相談役・顧問についてのアンケート調査結果などは、データとしてもなかなか参考になるのでは、という印象を受けました。

 以上、今回の特集は、一般のビジネスパーソンのみならず、法務やガバナンス関係者も、読んでみて損にはならない内容になっているのでは、と思いました(絶対にお薦め、とまでは言えないかも、ですが)。

* * * *

 それでは、本日は簡単ですがこんなところで・・・。