さて、法務省のウェブサイトにある、法制審議会会社法制(企業統治関係)部会の情報が更新されておりまして(更新されたのがいつかははっきりしないのですが、おそらく今日かな・・・)、5月9日開催の第11回会議の議事概要と、部会資料等がアップされております。

 ちなみに、第11回会議は、中間試案の取りまとめ・パブコメの終了後、初めての会議です。

↓ 法務省のウェブサイトの、こちらのページにございます。
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900352.html

 アップされた資料のうち、部会資料18は、「 『会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する中間試案』に対して寄せられた意見の概要」でした。
 おお、パブコメ終了から1か月足らずで、もう意見の概要を取りまとめたんですね。すごい。

 興味のあるところだけ、ざっと確認してみました。

・株主提案権で、提案できる議案の数を制限すべきか、制限すべきとした場合についてはその数をどうするか、については、意見が完全に割れていました。そもそも制限すべきでない、という意見も相当数あったようです。

・株主提案権の持株要件である「300個以上の議決権」を見直すべきかどうかについては、賛成意見(見直しに賛成)もそれなりにあったものの、数としては反対意見(見直しには反対。現行のままで良い)の方がやはり多かったようです。(ただ、賛成意見と反対意見のメンバーを見ると、「企業側=賛成意見」、「投資家側、弁護士会、大学関係=反対意見」と、意見が立場によって割とくっきりと分かれていたのが印象的でした。まあ、それはそうかもしれませんが・・・。)

・「監査役設置会社の取締役会による重要な業務執行の委任」については、賛成意見・反対意見、かなり拮抗しておりましたが、やや反対意見の方が多かったでしょうか。

・「社外取締役を置くことの義務づけ」についても、賛成意見と反対意見が完全に拮抗しておりました。これは、どうするのかなあ・・・。

 なお、第11回会議の資料には、部会資料19というものがあり、次の読会の資料の1つ目になっているようです。総会資料の電子提供、株主提案権について、今回のパブコメ結果を踏まえた、法務省の提案がまとめられております。(しかし、部会資料19って、文字が全部ゴシック体なのですが・・・。)

* * * *

 それでは、本日はこんなところで・・・。


* * * *

(当事務所専用ウェブサイトのご紹介)
  
[東京・銀座の弁護士によるビジネスパーソンのための夜間法律相談]
↓ PCでの閲覧用のサイト

http://biz-yakan.jimdo.com/

↓ スマートフォン専用サイト
http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan-bizperson/

[ビジネスエグゼクティブ(会社役員(取締役・監査役・監査等委員)・執行役員)のための法律相談]
http://biz-executive.jimdo.com/