さて、すっかりご無沙汰で、1ヶ月ぶりの更新になってしまいましたが、本日は業界ネタです。

 1.
 政府は、2日の閣議で、山崎敏充・最高裁判事が8月30日で定年退官するのに伴い、後任に林道晴・東京高裁長官を任命することを決めたとのことです。(発令日は、9月2日付とのことです。)

2.
 山崎敏充・最高裁判事の後任の大本命は林道晴判事でしたので、今回の異動人事は、まっっっったく違和感のない、大順当な人事でしたね。
 ちなみに、どうでもいい豆情報ですが、実は、山崎敏充判事と林道晴判事って、誕生日が8月31日で同じです。(本当にどうでもいい豆情報だなあ(笑))

 後任の東京高裁長官がどなたになるのか、については、順当に行けば、今崎幸彦・最高裁事務総長なのでしょうけれども、さて、どうなるでしょうか…。

3.
 山崎最高裁判事の定年退官に伴う今回の異動情報を踏まえた、最高裁判事(のうち裁判官出身者)のメンバーは、以下のとおりです。

[最高裁判所判事のうち、裁判官出身者](敬称略)
大谷 直人 1952年06月28日生 修習29期 2015年02月就任 (前職)大阪高裁長官
(長官就任 2018年01月)
小池  裕 1951年07月03日生 修習29期 2015年04月就任 (前職)東京高裁長官
菅野 博之 1952年07月03日生 修習32期 2016年09月就任 (前職)大阪高裁長官
戸倉 三郎 1954年08月11日生 修習34期 2017年03月就任 (前職)東京高裁長官
深山 卓也 1954年09月02日生 修習34期 2018年01月就任 (前職)東京高裁長官
林  道晴 1957年08月31日生 修習34期 2019年09月就任 (前職)東京高裁長官

 それでは、本日はこんなところで・・・。