ナポ君画像
 
 9月10日(火曜日)に、キャッシュカードをすり替えられる詐欺被害が、奈良市内で2件発生しました。
 手口は、被害者の自宅固定電話に、警察官や財務局職員を名乗り「詐欺事件の犯人を逮捕したところ、犯人の持っていた名簿にあなたの名前が載っていた」「しばらくの間口座は利用できない」「救済手続きのため、カードを封筒に入れて保管してください」等と言われ、その後、被害者宅に警察官や財務局職員を名乗る男が来訪し、差し出された封筒にキャッシュカードを入れると、「封印するので印鑑を取ってきてください」と言われ、被害者が玄関先を離れたすきにカードが入った封筒を別のものとすり替えられました。

○『渡すな!キャッシュカード、教えるな!暗証番号』
 金融機関等がカードを預かったり暗証番号を聞いたりすることは絶対にありません。
 電話で「お金」の話が出れば、必ず詐欺を疑って、家族や警察等に相談してください。
          【電話口 お金の話 それは詐欺】



         奈良県警察本部/生活安全企画課/犯罪抑止対策室