080fda51.jpg
この写真の方とは気仙沼市の避難所を探している中で、
道を聞こうと思って訪れた家で出会った。

としても気さくな方で、
よそ者の自分にも笑顔で話しかけてくれた。

部屋には杖、外には手押し車があって、
少し足が不自由らしい。
「ちょっとひざがね」と。

まだ水がきていないため、
お風呂に入ることが出来ないでいるとのこと。
一日も早く、ゆっくり入浴できるようになるように、と
祈るばかりである。

薬を取りに行ったり、買出しをしてくれる近所の人がいて、
本当に助かっているともおっしゃっていた。
高齢者の一人暮らしには近所の協力が必要不可欠である。

デイサービスを利用していたのだが、
まだ再開されていない。

皆さんから集めたメッセージで作成した寄せ書きを渡すと
「ありがたいねー」と。