お昼休みや業務終了後の1時間ほどの時間で気軽に参加できる
介護セミナーを行っております!

セミナーで使用している資料(一部省略)

セミナーのダイジェスト動画

これまでのセミナー実績
  -2014年2月28日 かながわ県民センター(自主開催)
  -2014年3月25日 日立SC株式会社
  -2014年4月21日 コクヨ労働組合様(東京)
  -2014年7月24日 NHK厚生文化事業団様
  -2014年7月29日 コクヨ労働組合様(大阪)
 -2014年10月29日 コクヨ労働組合様(東京)
 -
2014年11月17日 豊島区高齢者福祉課地域ケア推進係
  -2015年1月26日 日本電気株式会社様
  -2015年1月30日 コクヨ労働組合様(大阪)
  -2015年6月18日 コクヨ労働組合様(名古屋)
  -2015年7月5日 家族情報共有のための認知症ミニセミナー目黒の認知症カフェ・ラミヨ

<介護セミナーを始めるに至った経緯>
最近、優秀なビジネスマン・ビジネスウーマンから介護の相談を受けることが多くなりました。

・母が卵ばかり買ってくるようになって、冷蔵庫が卵ばかりになっている。
・父が夜中起きて「田舎に帰る」と自宅を出て行ってしまう。それに付き合っていて眠れない日々が続いている。
・離れて暮らしている両親のうち、父親が脳梗塞で入院した。その後、母が認知症になって警察のお世話になるようになった。
・体が元気で認知症の父は、どこの施設でもやっかいもの扱いされて、介護サービスが使えない。もう自分が付いているしかないので、仕事を辞めようと思っている。

私はこのような相談に、少し熱っぽく、時に冗談を交えながら、
認知症の家族と笑顔で会話するコツや介護サービスをうまく使うウラ技などを解説していくと、
「ありがとうございます。これで仕事辞めなくてすみそうです!!」と言っていただきます。

しかも、相談を持ちかけてくださるのは、
会社の名前を出せば誰でも知っているような超有名な企業のマネジメント層の方や、
その世界では有名な起業家の方々ばかり。
みなさん、情報収集は得意なはずなのに
介護のこととなると、知らないことばかりでした。

そして、何度か相談に乗っている中で、
同じような「落とし穴」にはまってしまっていることに気づきました。
そこで一人でも多くの方に仕事と介護を両立する方法をお知らせするため、
企業などに出張して介護セミナーを始めることにしました。