2018年05月24日

川上ingツアー開催!

吉野川(紀の川)源流の川上村で、いなか暮らしを感じられるツアーを開催します。
「自然がいっぱいの中で子育てしたい!毎日、おいしいお水を飲みたい!」そんな思いの方がこれまでにも参加してくださり、川上村へ移住されています。
ツアーでは村内で求人募集をしている事業所、住宅(空き家)、村内施設などの紹介をしています。また、子育て中の方や先輩移住者の方との交流会もあり、リアルな話も聞けますよ!
まずはツアーに参加して川上村での暮らしを感じてみませんか。

日     時:平成30年8月3日(金)〜4日(土)

参加対象者:20歳代〜40歳代の方(単身者・家族の方)

参  加  費:無料(食事はご用意します)
 ただし宿泊費等として大人3,000円、小人1,000円を負担いただきます。
 乳幼児は無料です。

募 集 人 数:10名程度(1泊2日、各日どちらか参加でもOK)

募 集 締 切:平成30年7月17日(火)


※ツアーの詳細は「こちら(川上村HP)」をご覧ください。

※8月4日(土)は16時より恒例の「かみせ祭」が開催されます。大滝ダム湖に響き渡る迫力満点の花火大会もあります。ツアー終了後の自由観覧となりますがこちらもお楽しみください。


かわかみんぐツアー2018_夏 (002)_01

2018年05月21日

いよいよ夏が近づいてきました!

美しい水に親しみやすい季節になってきました!
昨年夏に作成したPR動画を改めてご紹介いたします。

この動画では、
夏祭りや渓流での沢登りなど、
歴史や文化、自然とともに暮らしを少しでも伝えられればと思っています。
取り組んでみると、伝えたいことが多く、なかなか難しいものですね。

移住体験ツアー「川上ingツアー」の準備も進めています。
開催日 8月3日(金)〜4日(土)
内容は、お仕事として村内事業所の紹介、保育園、空き家や村内施設の見学などを考えています。
近日、詳細は「こちら」にアップいたします。

また、今春に作成をはじめた動画ももう少しで完成します。
完成しましたら、改めてお知らせいたします!
移住してモノづくりに取り組む若手家具職人を取り上げています。
どうぞ、ご期待ください。



ちなみに、村HPの動画サイト(移住・定住編)は「こちら」です。

2018年05月18日

いっしょに写してにゃ

RIMG9940




















森と水の源流館の玄関に巨大なナガレヒキガエルのオブジェ(HARIBOTE)が登場!

「いっしょに写してにゃ」とかわかみ弁で申しております。

RIMG9942










源流の森を守る森守募金のコーナーには、シュレーゲルアオガエルのオブジェ(HARIBOTE)が登場!

ともに手作りですよ〜
ご来館の際には、一緒に写真を撮ってください。

きむら@森と水の源流館

「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ!!視察団」で紹介されます

川上村地域おこし協力隊として活躍するマタレーゼ エリック氏。
彼が奈良県川上村に移住して、今年で3年目。
翻訳や通訳サービスを行いながら、自身のエッセイ集を発行する活動なども行っています。
そんな川上村を愛する彼が、
「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ!!視察団」(テレビ朝日)
という番組で川上村を紹介します!

日本全国の魚料理を紹介されるそうですが、
どこが一番美味しいでしょう?
ぜひ、ご覧ください!

番組名:「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ!!視察団」(テレビ朝日)
放送日時:平成30年5月19日(土)18:56〜20:54


取材 松屋2

〈番組HPより放送予告を転載〉
全国47都道府県に住む外国人のイチオシ!
コレが最強!ご当地魚めしグランプリ
東北から九州まで日本各地14か所に住む外国人が
特に魚介を素材に使った「最高に美味しいから食べてほしい」という
イチオシの“ご当地魚めし”を紹介!そこにはプロの料理人も知らない
長年地元で愛されている魚・海鮮料理があった

全国47都道府県に住む外国人のイチオシ!
コレが最強!ご当地魚めしグランプリ

マグロやタイだけじゃない!地元でしか味わえない魚から
地元民が教える調理法まで続々!
果たしてNo.1に輝く絶品のご当地魚めしは?

綾小路きみまろの爆笑川柳も!

▼兵庫県民が愛する今旬ホタルイカの絶品ホクホクご飯
▼鳥取県民のソウルフード!「とうふちくわ」とは?
▼長崎県民にとっては常識!コリコリ食感の白い鉄火巻き!
▼マグロVSサバVSサワラ…意外な勝者は?
▼No.1ご当地魚めしは?なんと海なし県のお寿司!?


■「かわかもん」川上村地域おこし協力隊については「こちら」をご参照ください!
 現在、隊員募集中!



2018年05月11日

「かわかもん」(協力隊)の募集チラシできました!

川上村では、「かわかもん」の愛称で地域おこし協力隊が活動を展開しています。
この地域おこし協力隊は総務省の事業を活用したもので、
都市部などから若者の移住を受け入れ、
地域に新しい風を吹き込み、
地域の活性化をめざす取り組みです。

川上村では、平成25年から取り組みを始め、
川上村HPでも実績などを紹介しています。

そして、新たなメンバーを「隊員募集」をしています!
その募集にあわせ、地域や活動を知るための「見学ツアーの参加者募集」もしています!

そのチラシができましたのでご覧いただき、
ご検討いただければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
募集チラシ(表)_01
募集チラシ(裏)_01

2018年05月05日

吉野川紀の川しらべ隊 「森と水の源流館のまわりの野鳥と虫をしらべよう」開催しました

RIMG9119




















4月28日に吉野川紀の川しらべ隊「森と水の源流館のまわりの野鳥と虫をしらべよう」を開催しました。
当日は12人の参加者のみなさんといっしょに、森と水の源流館から丹生川上神社上社までの間の、野鳥や虫を中心にいろいろな生き物をじっくりと観察しました。

RIMG9111RIMG9123










大きな捕中網を持った伊藤ふくお先生とフィールドスコープを担いだ笹野義一先生について、じっくりと観察しました。

あまりにもじっくりと観察したので、いつもは20分くらいで到着する丹生川上神社上社まで、予定していた1時間半では着かなくなりそうになって、少しあわててしまうくらいじっくりと観察しました。

RIMG9114RIMG9126










初夏の陽気で、ヒメコウゾの花(左が雄花で右が雌花)やトランペットの形みたいなキリの花なども観察することができました。

野鳥の方では、オオルリやアカゲラが近くまで来ていて、鳴き声をじっくり聞くことができましたが、観察できるところまでやってきてくれなかったのが残念でしたが、川上村の中心部でもあるこの辺りにも、たくさんの生き物がくらしていることがよくわかりました。

講師の伊藤先生、笹野先生、ご参加のみなさま、ありがとうございました。

きむら@森と水の源流館

2018年04月27日

ギンリョウソウが咲きました

ギンリョウソウ




















菌従属栄養植物として知られるギンリョウソウが咲きました。
まだ4月ですが。。。

ずいぶんと早いです。

シャクナゲ










シャクナゲも。
この辺りでは、大体5月末〜6月初旬が例年の開花時期なのですが・・・

きむら@森と水の源流館

2018年04月24日

水源地の森ツアーを開催しました(4月22日)

RIMG9021



















4月22日快晴の中、今年度最初の水源地の森ツアーを開催しました。
16人(子ども4人)の参加者が集まり、ボランティアさんにも助けられて無事に終了しました。
トチノキの新緑が迫力満点でした。

RIMG9006RIMG9023










快晴の春の森の風を感じながら散策し、スタッフが自然解説を行いました。

RIMG9028










ナガレタゴガエルもあらわれました。
かわいい♪

全体写真










ご参加のみなさま、お手伝いいただいたボランティアのみなさま、ありがとうございました。

きむら@森と水の源流館