2018年06月12日

朴の葉餅「でんがら」をご存知ですか?

本日、川上小学校の給食に、
伝統菓子「でんがら」が提供されるそうです!


image2
↑この餅にはとうきび粉を混ぜた試作品なので、提供は白い餅になっています。

「でんがら」は、餡を包んだ団子を朴の葉でくるんだ伝統菓子です。
川上村以外の地域でも作られていますが、
鈴なりのように作るのは川上村だけのようです。

この「でんがら」と「ちまき」は子孫繁栄を願い、
昔から端午の節句に作られてきたそうです。

日本遺産 吉野「森に育まれ、森を育んだ人々の暮らしとこころ」
が認定されていますが、その構成要素の一つとなっています。

伝統とはいえ、
少しずつ工夫され、作り方も少し変わってきたそうです。
昔は餡を餅粉と米粉などで包んで保存食とし、
湯がいて食べてそうですが、
今は餡を餅粉と米粉などの団子で包んであり、
そのまま食べることができるようになっています。

機会がございましたら、味わっていただく共に
このような地域の歴史や文化にも触れてもらいたいと思っています。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔