2019年12月04日

川上村のエコツーリズム全体構想が認定!

川上村のエコツーリズム全体構想が、エコツーリズム推進法に基づく正式な手続きのもとに承認され、管轄する省庁(環境省、国土交通省、農林水産省、文部科学省)を代表し、小泉進次郎環境大臣より栗山村長へ認定証が授与されました。
PB250447

川上村の全体構想とは、自然環境の保全や歴史や暮らし、伝統行事などを保存継承していくために、それらの資源を活用し、多くの人たちに体感してもらい、その価値を見つめ直そうというものです。その中には、もちろんダム湖面などのインフラ資源の活用も含まれます。
 近年では、森と水の源流館による水源地の森ツアーをはじめ、洞窟探検、氷瀑など季節を感じるハイキング、キャニオニング(川下り)、ダム湖面でのカヌーなど、自然とのふれあい方やマナーを伝えるツアー型の体験プログラムで村の魅力を発信する村内外の事業者も増えてきました。

村全体がそれぞれの持ち味をフルに発揮し、一丸となることが川上村の魅力をより深めることに繋がります。みんなが参加、みんなが主役となって、川上村のありとあらゆる資源を活用し、「川上宣言」の精神にのっとって、様々な体験プログラムを創り出し、提供し、村の元気を生み出し、川上村のファンを増やしていきたいと考えています。

源流ツーリズム推進室

kawakamimura at 12:54│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔