四季の風景・風情

2020年03月18日

【ライブカメラ】桜ライブキャストのご紹介

先日の雪がまだ山の稜線には残る川上村ですが、確実に春が近づいてきています。
川上村には、春は桜、秋は紅葉でうつくしい「あきつの小野公園」があり、
その状況をライブカメラで伝えるWEBサイトが大学連携の中で整備されています。
これからのお出かけのご参考にご活用ください!

00038

※写真は過去の写真

川上村は大阪工業大学と2010年に包括連携協定を締結し、さまざまな取り組みを実施しています。
その一つ、「桜ライブキャスト」は、あきつの小野公園(奈良県川上村)の桜をライブ映像でお届けしています。

大阪工業大学と川上村は、学生教育と地域振興の取り組みを共同で行っており、
その一環として「あきつの小野公園」の桜ライブ中継が2015年から始まりました。
2017年は現地の気象情報やタイムラプス動画も見えるようにバージョンアップ。
2019年には川上村の他の施設にもカメラを増設し、コンテンツを更にパワーアップしました。

◎ライブカメラ及び気象情報
 ・あきつの小野(西河地区)
 ・匠の聚   (東川地区)
 ・井氷鹿の里 (井光地区)


そらみつ文庫
 吉野・川上村には、古くは『万葉集』や『日本書紀』の時代から近世に至るまで、
 文学作品に描かれた舞台が多数存在しています。
 「そらみつ文庫」はそれらの文学をご紹介しています。

川上村での取り組み(大阪工業大学HP)

大阪工業大学との連携(川上村HP)

top

RIMG0080RIMG0087

kawakamimura at 12:03|この記事のURLComments(0)

2019年11月14日

川上村の秋景色

PB141981




















大滝ダム越しの紅葉です.
随分と染まってきました.

PB141980













トチ餅など秋の味覚も見られるようになりました.

内も外もいろいろな秋景色があります.

きむら@森と水の源流館

kawakamimura at 12:34|この記事のURLComments(0)

2019年05月11日

青空のおおたき龍神湖

大滝ダム131




















今日のおおたき龍神湖(大滝ダム湖)です.

快晴!

きむら@森と水の源流館



kawakamimura at 13:20|この記事のURLComments(0)

2019年04月06日

4/21 春の水源地の森ツアー開催します

水源地の森 (2)




















春の水源地の森です。
春の芽吹きもこれからなので、まだまだ明るい森です。

コバノミツバツツジG5512 (2)ナガバモミジイチゴ










今年は花も早く咲き、ミツバツツジやナガバモミジイチゴも咲いています。

タマゴケ5489 (14)ノミハニワゴケ5476 (10)










コケの方では、胞子を撒くピークの季節を迎えています。
タマゴケやノミハニワゴケの胞子体がかわいい。

31水源地の森ツアー-page1
























今年もこの森をご案内する「水源地の森ツアー」を開催しますよ。
4月21日は春の森をご案内します。
その他、森と水の源流館ではいろいろなイベントをご用意してお待ちしています。

きむら@森と水の源流館

kawakamimura at 09:20|この記事のURLComments(0)

2019年03月10日

春の森

キノコ又谷5055 (2)




















昨日の吉野川源流‐水源地の森です。

吉野川・紀の川流域協議会主催の源流体験会など、春の行事の下見に行ってきました。

サワグルミ5081










サワグルミ、シオジなど森の主役たちの葉はまだ芽吹いていません。
森の中は春のあたたかな日差しが差し込みます。

タチツボスミレ5122 (3)










春の妖精、タチツボスミレが咲きはじめました。

テングチョウ5116 (13)アカハライモリ5111 (2)










テングチョウ、アカハライモリなど動物も活動をはじめていました。

ナガエノスナゴケ5083 (3)キダチヒラゴケ5058 (3)










コケでは、いよいよナガエノスナゴケ、キダチヒラゴケなどの胞子体の蓋が取れて胞子を撒きはじめていました。

春がはじまっていますね。

テグスゴミ













春らしい、良いお知らせばかり届けられたらいいのですが、悪い知らせもあります。

残念なことに、森の入口に釣り糸が捨てられていました。
歩いていると、足にからまったので気が付きました。

現在流通している釣り糸は大変丈夫で、自然界では分解に数百年かかるそうです。
自然界に捨てられた釣糸は、ほ乳類、野鳥など多くの生き物の命を奪うなど深刻な環境問題を引き起こしています。
多くの釣り人のみなさんは、マナーを守って、渓流環境を大切にして釣りを楽しんでいらっしゃいます。
しかし、一部のマナーを守らない釣り人によって、源流部の環境は深刻なダメージを受け続けます。

今回見つけた釣り糸はその他に見つけたゴミと一緒に回収しました。
釣り糸だけではありませんが、美しい源流にゴミを残す人がいなくなるような社会になることを切に望みます。

きむら@森と水の源流館

kawakamimura at 11:28|この記事のURLComments(0)

2019年03月02日

春味

フキノトウ




















フキノトウを見かけました。

春の味覚がどんどん出てきますね。

きむら@森と水の源流館

kawakamimura at 17:10|この記事のURLComments(0)

2019年02月16日

おいしそう

ハハコグサ




















落ち葉の下からおいしそうなハハコグサ(春の七草のゴギョウ)が顔を出してみました。

旧暦のカレンダーを見ると、なるほど。

5日前(新暦2月11日)に旧暦の1月7日の七草の日を迎えたところだったのですね。

草花は暦通りに出てくるものですね。

きむら@森と水の源流館

kawakamimura at 14:46|この記事のURLComments(0)

2019年01月12日

御船の滝(1月11日)

御船の滝4306 (1)



































昨日(1月11日)の御船の滝です。
26日の「源流のつどい〜御船の滝氷瀑ツアー」(現在キャンセル待ちになっております)に向けての下見に行ってきました。
ちょっとだけ凍っている状態です。
本格的な寒波の襲来を期待しましょう。

RIMG4259RIMG4258










井氷鹿の里に車を駐車して、下見に出発しました。
昨日は積雪がありませんでしたが、冬季は積雪・凍結のため、車両通行止めになっています。
ここから、徒歩にて約1時間の登りです。

RIMG4302RIMG4303










最後は、登山道になりますので、足もとは十分な装備でお出かけください。
積雪時はアイゼンなどのすべり止めも必要です。

昨日は、下見がてらほんのちょっとだけコケを観察。。。

ギンゴケ276 (2)ハリガネゴケ4321 (2)








ギンゴケ                  ハリガネゴケ
タマゴケ295 (1)スズゴケ4324 (4)






タマゴケ                  スズゴケ
オオギボウシゴケモドキ4314 (2)ギボウシゴケモドキ342 (1)






オオギボウシゴケモドキ           ギボウシゴケモドキ
ナガハシゴケ4298 (3)クシノハゴケ272 (2)








ナガハシゴケ                クシノハゴケ

当館の「源流のつどい〜御船の滝氷瀑ツアー」にお申し込みいただいている皆様は、当日いっしょに自然観察も楽しみましょう。

※御船の滝にお越しになる皆様へ
御船の滝までのアクセス道である国道169号「武木(たきぎ)バス停」付近から井氷鹿の里までの林道は、カーブの多い大変な山道の上、急な坂道のところもあります。積雪・圧雪・アイスバーンになることもあります。

近年、井氷鹿の里までたどり着けず、路上に放置あるいは駐車している自家用車も見られるようになっています。

この道は、井光地区住民の生活道となっているため、狭い道に自動車を駐車されると、通勤、通学、通院や買い物と行った日常生活のみならず緊急車両の通行に支障が出ます。
また、駐車している車に、下ってきた車がスリップしたり、止まりきれずに衝突する危険もあります。

この道は、特に積雪のひどいときには、ノーマルタイヤ、二輪駆動の自動車では井光地区まで登りきることができません。

万全の準備にて、お越しいただくようお願いします。

自信の無い方は、民間のエコツアー会社が実施しているエコツアーの利用や、公共交通を利用することもご検討ください。
武木バス停から御船の滝まで歩くと、登り約2時間、下り約1時間半です。
無理をしないようにお願いします。
村内を運行するバスについて

残念なことに、心無い人が滝周辺や林道上にゴミを放置していくのも見かけるようになりました。
美しい景色は、みんなが大切にしているからこそ美しい景色であり続けます。
「私がゴミを捨てたくらいで大丈夫」と思っている人が増えると、あっという間に台無しになってしまいます。
放置されたゴミは、源流部から下流に流れ、粉々になって、しまいに海を汚染し、あなたやあなたの大切な人の下に帰って来ます。
ご自身のため、大切な人のためにもゴミは必ずお持ち帰りいただき、適切に処分ください。

きむら@森と水の源流館

kawakamimura at 10:49|この記事のURLComments(0)

2018年12月16日

今朝の川上村(12/16)

RIMG4078




















氷が張りました。

きむら@森と水の源流館

kawakamimura at 13:21|この記事のURLComments(0)

2018年11月08日

川上村の紅葉情報

川上村の紅葉も東部を中心に見ごろを迎えています。
吉野川源流部から順に下流へと昨日の様子を紹介します。

三之公出合




















まずは、三之公出合。

入之波2




















入之波、獄門平(奥玉谷出合付近)より少し上流。

入之波3




















入之波

入之波




















入之波より大迫ダム湖を望む。

屏風岩




















柏木、不動窟より対岸の屏風岩。

下多古対岸




















下多古口より吉野川下流側。

井戸3




















井戸付近

井戸




















同じく井戸付近の有名なところ。


これらの森も日本遺産‘吉野’の構成要素「吉野の天然林と人工林」となっています。

所有の境界となる尾根筋、谷筋には雑木林(天然林)を残し、防火帯としたそうです。
また、尾根筋に天然林を残しておくと、山の水源涵養機能が高まり、水分を多く要求するスギの生育に良い影響を与えるということで残された天然林。
人工林と天然林は吉野林業において、相互関係にありました。

きむら@森と水の源流館

kawakamimura at 11:21|この記事のURLComments(0)