僕からたくさんの君への愛言葉

2012年8月1日から自分のパートナーになってくれた子への愛言葉垂れ流し日記です。

2012年10月

そらに浮かんでた

寂しがりやで、誰かに必要とされたい。
こんな自分でも求められたい。
1人はイヤだ。

結局、自分は変わっていないんじゃないかと思う。
希望を持つと、すごく生きがいが生まれる。
でも、堕ちるときのギャップがひどい。
高いとこにいくほど、落ちた時は痛いもんね。
でも、また、逆戻りはいやだ。

もう2度と会えない気がする

何もしてあげられない

大分伸びてきたし、切ろうかな

↑このページのトップヘ