井岡まさのり「奈良県議会議員」

元気いっぱいの57才、自由民主党所属「奈良県議会議員」のブログです。

2010年05月

「NARA異業種交流会」に参加

昨日、北葛城郡広陵町 グリーンパレスで行われた「NARA異業種交流会」に参加させていただきました。
2時間程度の間の中で、ご挨拶とお話を少しさせていただきました。

やはり、若い方に今の不況が来ているようで切実なお話もかせていただきましたが、皆さん前向きな気持ちを持っておられることに希望の光が見えたように思います。

また、いろんな職種の方が会話されている姿をみて、なにか昔に戻ったように感じました。
将来の競輪選手 山本慎一 くんとも出会えましたよ。

「ネット選挙革命」選挙プランナーの三浦博史さんの本

 私のおすすめの本です。「ネット選挙革命」選挙プランナーの三浦博史さんの本の一部を紹介します。

 ネット解禁になっても、一夜にして従来の選挙のやり方が変わるわけではないが、わが国の選挙はこれまで、候補者から有権者に対してあまりにも一方通行だった。

 わが国の場合、そうした選挙になると元気になる一部の選挙好きの人たちを除けば、多くの人は、選挙がお祭りどころか、選車があちこち回ってうるさいだけだと思っている。
 だから、一般の有権者は選挙に関心を持たず、同様に政治家に対しても当選してしまうと関心がなくなる。
 言い換えれば、わが国では一部の選挙プロ的な人たちが、選挙プロの感覚で選挙をしているので、一般の有権者は、やりたい人だけで勝手に選挙運動をすればいいだろうという感覚に陥っていたのだ。

 しかも、選挙運動についても、政党や政治家サイドの選挙チームによる十年一日のごときやり方が続いてきた。それで当選しようが落選しようが、選挙運動を見直そうとはしなかったのである。たとえ普通のサラリーマンや主婦が選挙運動を手伝ったとしても、チームリーダー(=選対責任者)が同じだから、運動のやり方はほとんど変わらなかった。
 
 選対責任者に素人やこれまでのしがらみを持だない人が就かない限り、旧態依然的スタイルはそう簡単には変わらない。しかし、それが今度のネット解禁で大きく変革される。従来の選挙プロの人たちには、ネット対応ができない人が多いからだ。ネット解禁は、選挙が大きく変わるチャンスでもあるのだ。

 結局、これまでの選挙運動というのは候補者や政党の自己満足度100%の活動に過ぎなかったといえる。

 しかし、これまでの選挙でも工夫次第ではさまざまな選挙運動ができたのも事実である。

私がまずここでいいたいのは、従来の選挙は、多くの人が関わってきたのに、工夫が足りなかったのではないか、そのために選挙に有権者の参画やお祭りの要素を導入できなかったのではないか、さらに、ネット選挙が始まったとしてもそれだけでは参画やお祭りの要素を満たせないから、やはりもっと工夫が必要なのではないか、ということだ。

 ただし、ネット選挙なら、インターネットが持っている双方向性のお陰で、工夫の余地が格段に広がる可能性があるのは確かだ。



http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。

地道な参議院選挙準備活動

普天間移設問題に関しては、あきれて何も言えません。

間近に迫った参議院選挙が盛り上がりません。

民主党政権の迷走にマスコミも振り回されているのでは。

今は今後の日本の行方を、有権者が決める参議院選挙が重要である。

今日は、14時より自民党の時局講演会に続き自民党田原本町支部総会、18時から自民党田原本町支部参議院選挙若手活動家の集まりを行います。

地道な活動も大切です。がんばって参ります。



http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。

大和弁

 落語を聞いていて関西の言葉の文化を再認識しています。

たとえば、「ねき」かたわらと言う意味・「すっくり」残らず全部の事・「せぇだい」懸命に努力する事・「どんならん」どうしようもない、など、私たちが普段使っている言葉はみんな知っているとおもっていましたが、落語の中の言葉の解説を見て文化を感じました。

 私たちが使っている大和弁は、敬語の時は大阪弁と京都弁を混ぜた話し方で、喧嘩腰に喋ったり同級生など親しい者と喋るときは、河内弁になります。

 神戸の言葉や泉州・和歌山はまた違います。特に和歌山には敬語がないのですよ。奈良の子どもたちは未だに友達どうしでも敬語を使う事が多いのです。


http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。

私は歌が大好きです。

 ブログは堅い話ばっかりですねと言われましたので違う話題にします。

 私は歌が大好きです。

 一昨年ボイストレーニングの指導の機会があり 
 その先生が「うまいやろ・うまいやろと自信たっぷりに歌っていると、よけいに相手に不快感を与えるから、できるだけ素直に歌っては」と、言われたことが印象に残っています。

 これは、普段の挨拶や会話にでも同じことではないでしょうか。私は歌は少し自信はありますけど、挨拶はなかなかもうまくなりません。

 ちなみに私の歌のレパートリーは

●涙そうそう「夏川りみ・BIGIN」
●ハナミズキ「一青 窈・徳永英明」
●愛燦燦「小椋佳・美空ひばり」
●浪漫飛行 君がいるだけで「米米クラブ」
●TUNAMI 「サザンオールスターズ」
●中西保志の「最後の雨」
●Just the Way You Are「Billy Joel」
●She「 Elvis Costell」です。

最近は、エグザイルや東方神起もよく歌いますよ。

http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。

奈良県の運輸事業振興助成交付金は1億2千万円

事業仕分けで問題になった、都道府県は各トラック協会に「運輸事業振興助成交付金」を交付しているが、奈良県では1億2千万円になるという。

76年に軽油引取税(都道府県税)の暫定税率が引き上げられた際、軽油を大量に使う運送業者への配慮から自治事務次官通知(当時)で国が都道府県に要望して導入された制度である。

この交付金の支出は知事の判断で行われる。実際、大阪府の橋下徹知事が「官僚の紙切れ1枚で補助金が形作られている」と批判し、10年度から交付金を削減。鳥取県も04年度から削減している。.


http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。

政府は一刻も早い景気対策を!

昨日は、田原本商工会の総会。

今日朝から、奈良県宅地建物取引業協会の総会。

昼から、奈良県花き植木農業協同組合の総会。

全て景気が悪い業界である。消費の減少・売り上げダウン・構造的不況業種、

確かに仕分けで無駄が多いのはわかるが、今は政府に一刻も早く景気対策を望む。


http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。


辺野古は現行案ではない?

鳩山首相は、名護市辺野古周辺とする方針を正式表明したことについて、「辺野古ということだが、現行案ではない。」と言っている。

また、「最低でも県外と言った批判は甘んじて受ける。ただ、朝鮮半島、アジアの情勢を考えた時に日米関係をしっかりとした信頼関係の上に乗せることが何よりも大事だと判断した」と述べた。

現行案とほとんど変わらないのにこんな言い訳をし、朝鮮半島やアジアの情勢を理由に使うとは、あきれてものが言えない。

たとえ参議院で民主党が議席を減らしても、小沢幹事長はどんな手を使ってでも政権は続ずかせるのだろう。

あと3年間はこの政権で運営されるのである。国民はどうしようもない。


http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。

事業仕分け第2弾

「事業仕分け第2弾」が始まった。

 日本宝くじ協会・塩事業センター・自動車免許更新時講習のために都道府県に納める教本・省エネ大賞・空港環境整備協会の駐車場事業など、国民の身近にあるわかりやすいことの仕分けが多い。

 もっと大きな問題があるのではないだろうか、このようなことは大々的に行わなくても、省庁への指導でいいのでは。民主党のパフォーマンスでしか思われない。

 来週からは、全日本トラック協会(国土交通省)の「都道府県トラック協会からの出捐(しゅつえん)金を取り扱うらしいが、これは大きなことである。

 中でも、運輸事業振興助成交付金は、一九七六年に軽油引取税の暫定税率が導入された際、営業用バス・トラック事業者への「激変緩和措置」として実施され、毎年二百億円程度が都道府県から各地のトラック協会などに交付されていることである。

 暫定税率と関係ある交付金に切り込めるか、枝野大臣の手腕が問われる.


http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。

田原本町ジュニアテニス教室の開校式

今日は暑いですね。

朝から、田原本町ジュニアテニス教室の開校式に行ってまいりました。

昨年から始めている事業で、小学校4年生から6年生までが対象で春期8階、秋期8階行います。

今回は10名と少し少ない参加者ですが、ゲームや塾ばっかりの中で、朝の1時間だけでもスポーツにふれあってくれたらいいと思っています。

昨年の参加者の中には、引き続き中学校に行ってテニスをしている子どもたちもいるとのことです。

テニスは、高齢者になっても出来る、生涯スポーツで、定年後から始められる方も多くおられます。

皆さんもいかがですか

http://politics.blogmura.com/statesman/ ←政治ブログランキング クリックしてランキングアップに協力お願いします。
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ