井岡まさのり「奈良県議会議員」

元気いっぱいの57才、自由民主党所属「奈良県議会議員」のブログです。

2014年02月

平成の大合併のマイナス効果が明らかになってきた。

平成16年〜18年の平成の大合併。合併のマイナス効果が明らかになってきた。

行政組織の統廃合により合理化、効率化によりコスト削減といっても、結局人口の少ないところの住民サービスは低下している。

10年間に限っての財政優遇措置により合併特例債発行し、償還財源のな目途も立たないまま、インフラ整備などで借金をした市町村は、今窮地に陥っている。

合併後の地方交付税が本来の算定よりも多くなる措置が行われたことで、合併した市町村は交付税が余分に入ってきていたが、この優遇措置は平成26年〜28年にかけて終了するのだ。

平成の大合併は失敗だったのか。これから明らかになってくる。

私は当初から、市町村合併には疑問を持ってきたのですが。

確定申告の作成など

今日は、事務作業の日です。

に、一日かかりきりになりました。

その他、月末の支払い業務、途中で告別式に行くなど、忙しい日でありました。
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ