824693e9.jpg星降る夕べに医療を語ろう!
地域医療ワークショップ
日本一大きな村 十津川村でへき地医療を語る
「星降る夕べに 医療を語る」

に、参加してきました。

僻地医療をささえておられる医師が、高齢化でやめて行かれます。
ますます、医師不足に拍車がかかり、へき地の医療がいま危機的な状況です。

昨日の8月29日(金)に十津川村で、実際に現場で働く医療関係者、
へき地医療に関心の高い医師、医学生、そして、県およびへき地の自治体の保健
・医療・福祉の担当者が集い、熱く語られ、問題を共有することができました。